メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター
> 保健衛生学部> リハビリテーション学科 

保健衛生学部 リハビリテーション学科

研究者リスト >> 谷川 広樹
 

最終確認日時:2020/09/03 13:14

編集

谷川 広樹

 
アバター
研究者氏名谷川 広樹
 
タニカワ ヒロキ
URL
所属藤田医科大学
部署保健衛生学部 リハビリテーション学科 理学療法評価学
職名講師
学位博士(医学)(藤田保健衛生大学)
J-Global ID201501010307909466

研究分野

 
  • ライフサイエンス / リハビリテーション科学 / 

受賞

 
2018年9月
日本ロボット学会 実用化技術賞,片麻痺患者向け歩行練習支援ロボット「ウェルウォークWW-1000」
山内実 今井田昌幸 藤掛祥則 嶋田宏史 中島一誠 才藤栄一 平野哲 田辺茂雄 谷川広樹 山田純也 
 

論文

 
 
谷川広樹   大塚圭   鈴木由佳理   才藤栄一   
理学療法   35(2) 129-1342018年3月   [招待有り]
 
Fumihiro Matsuda   Masahiko Mukaino   Kei Ohtsuka   Hiroki Tanikawa   Kazuhiro Tsuchiyama   Toshio Teranishi   Yoshikiyo Kanada   Hitoshi Kagaya   Eiichi Saitoh   
TOPICS IN STROKE REHABILITATION   24(3) 177-1822017年   [査読有り]
Background: The toe clearance of a paretic limb in the swing phase of gait is related to tripping, which is considered a major cause of falls. The biomechanical factors for obtaining toe clearance are more complicated in hemiparetic gait than that...
 
Satoshi Hirano   Eiichi Saitoh   Shigeo Tanabe   Hiroki Tanikawa   Shinya Sasaki   Daisuke Kato   Hitoshi Kagaya   Norihide Itoh   Hitoshi Konosu   
NEUROREHABILITATION   41(1) 77-842017年   [査読有り]
BACKGROUND: In a patient with severe hemiplegia, the risk of the knee giving way is high during the early stage of gait exercise with an ankle-foot orthosis. However, use of a knee-ankle-foot orthosis has many problems such as large amount of assi...
 
平野哲   才藤栄一   角田哲也   田辺茂雄   加藤正樹   山田純也   谷川広樹   佐々木慎弥   加藤大典   
Jpn J Rehabil Med   54 9-132017年   [招待有り]
 
谷川 広樹   向野 雅彦   松田 文浩   稲垣 圭亮   大塚 圭   加賀谷 斉   才藤 栄一   金田 嘉清   
Japanese Journal of Comprehensive Rehabilitation Science   6(2015) 137-1422016年1月   
【目的】Hand-held dynamometerによる股関節外転筋力測定において,非測定下肢機能が測定値に与える影響を明らかにすること.【方法】健常者30名と片麻痺患者59名を対象とし,背臥位で両側股関節外転筋力を,非測定下肢を固定する方法(固定法)としない方法(非固定法)で測定した.同一法における左右および麻痺側・非麻痺側,固定法と非固定法での測定値を比較し,片麻痺患者では麻痺側筋力を従属変数,非麻痺側筋力と麻痺の程度を独立変数として重回帰分析を行った.【結果】非固定法の計測値が固定法...

MISC

 
 
貝沼 啓昭   大塚 圭   谷川 広樹   矢箆原 隆造   菊池 航   佐々 遼馬   青柳 陽一郎   
臨床歩行分析研究会定例会抄録集   41回 48-492019年9月   
 
伊藤 翔太   谷川 広樹   向野 雅彦   近藤 輝   藤村 健太   寺西 利生   大塚 圭   加藤 正樹   加賀谷 斉   才藤 栄一   
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   56(特別号) 2-P1K2019年5月   
 
山内実   今井田昌幸   藤掛祥則   嶋田宏史   中島一誠   才藤栄一   平野哲   田辺茂雄   谷川広樹   山田純也   
日本ロボット学会誌   37(1) 65-662019年   
 
山田 純也   向野 雅彦   大塚 圭   松田 文浩   谷川 広樹   土山 和大   日高 雅大   伊東 慶   安藤 大智   王 裕香   才藤 栄一   
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   55(特別号) 4-KP2018年5月   
 
向野雅彦   山田純也   小桑隆   大塚圭   谷川広樹   近藤環   才藤栄一   加賀谷斉   森田充浩   山田治基   
日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集   45th 6202018年   

書籍等出版物

 
 
監修, 才藤栄一, 編集, 金田嘉清, 冨田昌夫, 大塚圭, 鈴木由佳理, 横田元実, 山田将之(担当:共著, 範囲:筋力増強運動)
金原出版      2017年      
 
監修, 才藤栄一, 編集, 金田嘉清, 冨田昌夫, 澤俊二, 大塚圭, 山田将之, 杉山智久(担当:共著, 範囲:立位バランスの評価)
金原出版株式会社      2015年      
 
才藤栄一, 大塚圭, 向野雅彦, 寺西利生, 松田文浩, 伊藤慎英, 谷川広樹, 山田純也, 田辺茂雄, 尾崎健一, 渡辺章由, 伊藤直樹, 富田豊(担当:共著, 範囲:異常歩行の定量的分析、臨床例)
学会誌刊行センター      2015年      

講演・口頭発表等

 
 
理学療法における痙縮の評価
谷川広樹   
痙縮治療 Up To Date in 愛知   2020年12月26日   
 
Development of a New Device to Quantitatively Measure Velocity-Dependent Spasticity
2020年7月17日   
 
脳卒中片麻痺者に対してウェルウォークWW-1000を用いた歩行練習の練習量について -従来装具練習との比較-
佐々木慎弥   平野哲   谷川広樹   山田純也   山森裕之   嶋保志   大迫春輝   澤田雄矢   山下千尋   宇座秀美   平野真未   加藤正樹   井伊卓真   田辺茂雄   角田哲也   才藤栄一   今井田昌幸   
第44回日本脳卒中学会学術集会   2019年3月   
 
痙縮評価のための速度依存的な関節抵抗トルク測定装置の開発と再現性の検討
伊藤翔太   谷川広樹   向野雅彦   寺西利生   大塚圭   加藤正樹   藤村健太   近藤輝   加賀谷斉   才藤栄一   
回復期リハビリテーション病棟協会 第33回研究大会   2019年3月   
 
痙縮における速度依存的な関節抵抗トルクの変化と測定装置の開発
谷川広樹   才藤栄一   
第55回日本リハビリテーション医学会学術集会ランチョンセミナー   2018年6月   

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
脊髄神経磁気刺激による脳卒中片麻痺患者の歩行再建
文部科学省: 科学研究費補助金 若手
谷川広樹 
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月
 
平成29年度研究助成金
公益財団法人 磁気健康科学研究振興財団: 平成29年度研究助成金
藤村健太 加賀谷斉 谷川広樹 
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月
 
平成29年度リハビリ遠隔医療・ロボット実証推進事業
愛知県: リハビリ遠隔医療・ロボット実証推進事業
才藤栄一 加賀谷斉 平野哲 向野雅彦 田辺茂雄 加藤正樹 都築晃 谷川広樹 小山総市朗 
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月
 
平成28年グループ別競争研究助成費
藤田保健衛生大学: グループ別競争研究助成費
谷川広樹 大塚圭 田辺茂雄 
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月
 
平成28年度リハビリ遠隔医療・ロボット実証推進事業
愛知県: 平成28年度リハビリ遠隔医療・ロボット実証推進事業
才藤栄一 加賀谷斉 平野哲 大塚圭 田辺茂雄 加藤正樹 都築晃 谷川広樹 小山総市朗 
研究期間: 2016年9月 - 2017年2月