メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター

医学部 精神神経科学

研究者リスト >> 齋藤 竹生
 

最終更新日時:

編集

齋藤 竹生

 
アバター
研究者氏名齋藤 竹生
 
 
所属藤田医科大学
部署医学部 医学科 精神神経科学
職名講師
学位医学博士(藤田医科大学)
J-Global ID201501001954870181

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 精神神経科学 / 精神科遺伝学

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
藤田医科大学 精神神経科学 講師 
 
2015年4月
   
 
藤田医科大学 精神神経科学 助教 
 
2011年4月
   
 
藤田医科大学 精神神経科学 助手 
 

学歴

 
2011年4月
 - 
2015年3月
藤田医科大学大学院 医学研究科 
 
2001年4月
 - 
2007年3月
藤田医科大学 医学部 
 

受賞

 
2016年
日本生物学的精神医学会, 2016年日本生物学的精神医学会学術賞
 
 
2016年
日本精神神経学会, 2016年度精神医学奨励賞
 
 
2016年
日本臨床精神神経薬理学会, 2016年ポール・ヤンセン賞
 
 
2016年
日本生物学的精神医学会, 2016年第五回日本生物学的精神医学会 若手研究者育成プログラム奨励賞
 
 
2013年
日本生物学的精神医学会, 2013年度国際学会発表奨励賞
 
 

論文

 
 
Masashi Ikeda   Atsushi Takahashi   Yoichiro Kamatani   Yukihide Momozawa   Takeo Saito   Kenji Kondo   Ayu Shimasaki   Kohei Kawase   Takaya Sakusabe   Yoshimi Iwayama   Tomoko Toyota   Tomoyasu Wakuda   Mitsuru Kikuchi   Nobuhisa Kanahara   Hidenaga Yamamori   Yuka Yasuda   Yuichiro Watanabe   Satoshi Hoya   Branko Aleksic   Itaru Kushima   Heii Arai   Manabu Takaki   Kotaro Hattori   Hiroshi Kunugi   Yuko Okahisa   Tohru Ohnuma   Norio Ozaki   Toshiyuki Someya   Ryota Hashimoto   Takeo Yoshikawa   Michiaki Kubo   Nakao Iwata   
Schizophrenia bulletin   45(4) 824-834   2019年6月   [査読有り]
Genome-wide association studies (GWASs) have identified >100 susceptibility loci for schizophrenia (SCZ) and demonstrated that SCZ is a polygenic disorder determined by numerous genetic variants but with small effect size. We conducted a GWAS in t...
 
Masashi Ikeda   Satoshi Tanaka   Takeo Saito   Norio Ozaki   Yoichiro Kamatani   Nakao Iwata   
Psychological Medicine   48(10) 1745-1748   2018年7月   [査読有り]
 
Ikeda, M   Tanaka, S   Saito, T   Ozaki, N   Kamatani, Y   Iwata, N   
Psychological Medicine   1-4   2018年4月   [査読有り]
 
Hiroko Sugawara   Yui Murata   Tempei Ikegame   Rie Sawamura   Shota Shimanaga   Yusuke Takeoka   Takeo Saito   Masashi Ikeda   Akane Yoshikawa   Fumichika Nishimura   Yoshiya Kawamura   Chihiro Kakiuchi   Tsukasa Sasaki   Nakao Iwata   Mamoru Hashimoto   Kiyoto Kasai   Tadafumi Kato   Miki Bundo   Kazuya Iwamoto   
Psychiatry and clinical neurosciences   72(4) 245-254   2018年4月   [査読有り]
AIM: Schizophrenia (SZ) and bipolar disorder (BD) have been known to share genetic and environmental risk factors, and complex gene-environmental interactions may contribute to their pathophysiology. In contrast to high genetic overlap between SZ ...
 
Masashi Ikeda   Takeo Saito   Kenji Kondo   Nakao Iwata   
Psychiatry and Clinical Neurosciences   72(2) 52-63   2018年2月   [査読有り]
Recent advances in molecular genetics have enabled assessments of the associations among genetic variants (e.g., single-nucleotide polymorphisms) and susceptibility for complex diseases, including psychiatric disorders. Specifically, genome-wide a...

MISC

 
 
池田 匡志   高橋 篤   鎌谷 洋一郎   桃沢 幸秀   齋藤 竹生   近藤 健治   島崎 愛夕   川瀬 康平   作佐部 太也   岩山 佳美   豊田 倫子   和久田 智靖   菊池 充   金原 信久   山森 英長   安田 由華   渡部 雄一郎   保谷 智史   アレクシッチ ブランコ   久島 周   新井 平伊   高木 学   服部 功太郎   功刀 浩   岡久 祐子   大沼 徹   尾崎 紀夫   染矢 俊幸   橋本 亮太   吉川 武男   久保 充明   岩田 仲生   
日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集   29回・49回 124-124   2019年10月   
 
島崎 愛夕   齋藤 竹生   大河内 智   谷口 賢   二宮 光平   橋本 亮太   池田 匡志   岩田 仲生   CPC-J日本クロザピン薬理ゲノム学コンソーシアム   
精神神経学雑誌   (2019特別号) S467-S467   2019年6月   
 
菅原 裕子   村田 唯   池亀 天平   嶋永 翔太   竹岡 優将   齋藤 竹生   池田 匡志   吉川 茜   西村 文親   河村 代志也   垣内 千尋   佐々木 司   岩田 仲生   橋本 衛   笠井 清登   加藤 忠史   文東 美紀   岩本 和也   
精神神経学雑誌   121(4) 251-258   2019年4月   
統合失調症(SZ)と双極性障害(BD)は遺伝要因と環境要因を共有することが知られており,複雑な遺伝環境相互作用が発症に関与すると考えられている.ゲノムワイド関連解析の結果,主要な精神疾患のなかでもSZとBDは遺伝要因の重なりが特に大きいことが知られているが,エピゲノム要因の重なりについては十分な検討がなされていない.本研究では,SZで行われた大規模なゲノムワイドメチル化関連解析(MWAS)で同定された上位5ヶ所の候補領域について,BD試料を用いた検討を行った.5ヶ所の候補領域のうち2ヶ所[...
 
齋藤 竹生   
精神神経学雑誌   120(11) 1032-1036   2018年11月   
医学研究により,医学が発展しそれが医療に活かされ,今よりも医療の質が向上することは誰しもが望むことであろう.しかし,その医学研究を進める若手精神科医の数は多いとはいえない状況である.第113回日本精神神経学会学術総会で行われた,精神医学研究推進のための人材育成シンポジウムにおいて,若手精神科医が研究に携わるようになるためには,どうしたらよいかについて,医学研究に従事する若手精神科臨床医の立場として発表をした.本稿は,精神科臨床医である著者が研究に取り組むなかで実感した「臨床医の視点が研究に...
 
齋藤 竹生   池田 匡志   岩田 仲生   
臨床精神薬理   21(11) 1459-1464   2018年11月   
Clozapineは治療抵抗性統合失調症に有用であるが、世界的にも、また本邦でも十分に普及しているとは言いがたい。その理由は、clozapine誘発性無顆粒球症という重篤な副作用が約1%程度認められる事実に起因するであろう。すなわち、無顆粒球症の発症を予測する方法はないため、患者のみならず精神科医も無顆粒球症の発症を恐れ、clozapineの投与が躊躇されていると予想される。これらを背景に、無顆粒球症の発症予測や病態解明に繋がる遺伝的リスク因子の同定を目的とした薬理遺伝学研究が行われてきた...

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
クロザピン誘発性無顆粒球症の発症機序解明と発症予測バイオマーカーの探索
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究
齋藤竹生 
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月
 
個別化医療実現に向けたラモトリギン誘発性皮膚障害と治療反応性の薬理ゲノム学研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究(B)
齋藤竹生 
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月