メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター
> 総合医科学研究所> 難病治療学 

総合医科学研究所 難病治療学

研究者リスト >> 上田 洋司
 

最終確認日時:

編集

上田 洋司

 
アバター
研究者氏名上田 洋司
 
 
URLhttp://kaken.nii.ac.jp/ja/r/40416649
所属藤田医科大学
部署総合医科学研究所 難病治療学
職名講師
学位理学博士(九州大学)
科研費研究者番号40416649
J-Global ID201101022480531310

プロフィール

2001年 九州大学大学院医学系研究科修了、理学博士。2001~2005年 三菱化学生命科学研究所・記憶形成精神疾患研究グループ・特別研究員。 2005~2009年 三菱化学生命科学研究所・分子加齢医学研究グループ・副主任研究員。2009年4~現在 藤田保健衛生大学・助教。2019年10月 藤田医科大学・講師。

研究キーワード

 
翻訳後修飾 ,UBL3 ,Exosome ,Extracellular Vesicles ,memory ,E3 Ubiquitin ligase ,Ubiquitin ,Follistatin ,Activin

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 腫瘍生物学 / 
  • ライフサイエンス / 神経科学一般 / 
  • ライフサイエンス / 神経科学一般 / 

経歴

 
2019年10月
 - 
現在
藤田医科大学総合医科学研究所・難病治療学研究部門  講師 
 
2009年
 - 
2019年9月
藤田医科大学総合医科学研究所・難病治療学研究部門  助教 
 
2006年
 - 
2009年
三菱化学生命科学研究所  副主任研究員 
 
2001年
 - 
2006年
三菱化学生命科学研究所  特別研究員 
 

受賞

 
2018年3月
藤田医科大学, 平成29年度総合医科学研究所成果発表会ポスター賞,新規翻訳後修飾因子UBL3によるエクソソームへのタンパク質輸送機構
上田洋司 
 
2016年9月
日本RNAi研究会, 2016年度日本RNAi研究会ポスター賞,Ubiquitin-like protein UBL3 influences protein sorting to exosomes
上田洋司 
 

論文

 
 
上田 洋司   土田 邦博   
生化学   91(4) 514-5182019年8月   
エクソソームを介した疾患増悪蛋白質の伝播は、様々な疾患に関与している。エクソソームに輸送される一連の蛋白質も、リン酸化やアセチル化、ユビキチン化、脂質修飾などの様々な翻訳後修飾が付加される。ユビキチンと相同な配列を持つ蛋白質もまた翻訳後修飾因子として作用し、標的分子の輸送、機能活性調節、分解などに関与している。ユビキチン様蛋白質であるSUMO、ISG15、UBL3によるエクソソームへの制御機構について、近年の知見を含めて紹介した。
 
Hiroshi Ageta   Kunihiro Tsuchida   
Cellular and Molecular Life Sciences   2019年7月   [査読有り][招待有り]
 
Keisuke Hitachi   Masashi Nakatani   Akihiko Takasaki   Yuya Ouchi   Akiyoshi Uezumi   Hiroshi Ageta   Hidehito Inagaki   Hiroki Kurahashi   Kunihiro Tsuchida   
EMBO reports   20(3) e474682019年3月   [査読有り]
Promoter-associated long non-coding RNAs (lncRNAs) regulate the expression of adjacent genes; however, precise roles of these lncRNAs in skeletal muscle remain largely unknown. Here, we characterize a promoter-associated lncRNA, Myoparr, in myogen...
 
Hiroshi Ageta   Natsumi Ageta-Ishihara   Keisuke Hitachi   Ozge Karayel   Takanori Onouchi   Hisateru Yamaguchi   Tomoaki Kahyo   Ken Hatanaka   Koji Ikegami   Yusuke Yoshioka   Kenji Nakamura   Nobuyoshi Kosaka   Masashi Nakatani   Akiyoshi Uezumi   Tomihiko Ide   Yutaka Tsutsumi   Haruhiko Sugimura   Makoto Kinoshita   Takahiro Ochiya   Matthias Mann   Mitsutoshi Setou   Kunihiro Tsuchida   
Nature communications   9(1) 3936-39362018年9月   [査読有り]
Exosomes, a type of small extracellular vesicles (sEVs), derived from multivesicular bodies (MVBs), mediate cell-to-cell communication by transporting proteins, mRNAs, and miRNAs. However, the molecular mechanism by which proteins are sorted to sE...
 
Chikako Kimura   Hiroshi Ageta   Hisateru Yamaguchi   Takashi Kuroiwa   Daiki Ikeda   Mitsuhiro Morita   Kazue Hayakawa   Kunihiro Tsuchida   Harumoto Yamada   
Journal of Orthopedic Research and Therapy   7 2017年4月   [査読有り]

MISC

 
 
Hiroshi Ageta   Kunihiro Tsuchida   
EMBO Workshop, The ubiquitin system: Biology, mechanisms and roles in disease   2019年9月
 
常陸 圭介   中谷 直史   上田 洋司   上住 聡芳   土田 邦博   
日本筋学会学術集会プログラム・抄録集   5回 64-642019年8月   
 
木村稚佳子   上田洋司   山口央輝   黒岩宇   池田大樹   森田充浩   早川和恵   土田邦博   山田治基   
日本軟骨代謝学会プログラム・抄録集   31st 1082018年2月   
 
 
木村稚佳子   上田洋司   山口央輝   黒岩宇   池田大樹   森田充浩   早川和恵   土田邦博   山田治基   
日本整形外科学会雑誌   91(8) S1606-S16062017年8月   

書籍等出版物

 
 
上田洋司, 土田邦博
生化学みにれびゅー      2019年8月      
 
Kunihiro Tsuchida, Keisuke Hitachi, Masashi Nakatani, Akiyoshi Uezumi, Hiroshi Ageta
Nova Science publishers      2016年      
 
土田邦博, 上住聡芳, 中谷直史, 上田洋司, 常陸圭介
整形・災害外科      2015年2月      
 
Ikuko Yao, Hiroshi Ageta, Mitsutoshi Setou
NOVA Publishers      2009年3月   (ISBN:9781607416944)   
 
Mitsutoshi Setou, Hiroshi Ageta, Naoko Inoue, Hisaharu Kudo, Tetsuo Kokaji, Nobuhiro Zaima, Yuki Sugiura, Takahiro Hayasaka, Masaru Furuta, Naofumi Hosokawa, Daisuke Horigome, Ikuko Yao, Hyunjeong Yang
Springer publisher Japan      2008年11月   (ISBN:9784431100324)   

講演・口頭発表等

 
 
脳におけるアクチビンの多機能的役割
上田洋司   
都医学研セミナー   2014年9月17日   
 
新たな躁鬱病モデル動物を用いたオフラベル薬の評価
上田洋司   高崎昭彦   井ノ口馨   土田邦博   
第3回小動物インビボイメージングワークショップ   2013年4月19日   
 
アクチビン依存型躁鬱病モデルマウスのプロテオミクス解析
上田洋司   高崎昭彦   井ノ口馨   土田邦博   
第2回小動物インビボイメージングワークショップ   2012年3月16日   
 
「神経系でのアクチビン/フォリスタチン系」について
上田洋司   
第10回アクチビン研究会   2010年6月4日   
 
脳内アクチビンが不安行動と神経新生を制御する
Hiroshi Ageta   Kaoru Inokuchi   
第1回日本不安障害学会   2009年3月27日   

所属学協会

 
 
   
 
北米神経科学学会
 
   
 
日本分子生物学会
 
   
 
日本神経科学学会
 
   
 
国際細胞外小胞学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
新規翻訳後修飾UBL3化を基軸とした新しい抗がん剤の開発
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤C)
上田洋司 
研究期間: 2021年4月 - 2024年3月
 
UBL3ケモテクノロジーによる、ユビキチン化とUBL3化のクロストーク機構の解析
文部科学省: 新学術領域「ケモユビキチン」
上田洋司 
研究期間: 2021年4月 - 2023年3月
 
研究期間: 2019年4月 - 2021年8月
 
研究期間: 2019年4月 - 2021年3月
 
研究期間: 2019年5月 - 2020年4月

社会貢献活動

 
 
【出演,助言・指導,企画,運営参加・支援,実演】
 2019年11月16日
 
【出演,助言・指導,企画,運営参加・支援,実演】
 2016年4月23日

メディア報道

 
 
日経バイオテク   2020年5月   [新聞・雑誌]
 
日刊工業新聞   2018年11月   [新聞・雑誌]
 
Biocentury Innovations   2018年10月   [新聞・雑誌]
 
 
Yahooニュース   2018年9月   [インターネットメディア]