メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター
教員検索総合医科学研究所>難病治療学
 

総合医科学研究所 難病治療学

研究者リスト >> 常陸 圭介
 

最終確認日時:2020/09/03 13:12

編集

常陸 圭介

 
アバター
研究者氏名常陸 圭介
 
ヒタチ ケイスケ
URLhttp://info.fujita-hu.ac.jp/~nanbyou/
所属藤田医科大学
部署総合医科学研究所
職名助教
学位博士(学術)(東京大学)
科研費研究者番号10508469
ORCID ID0000-0002-7300-5238
J-Global ID200901097490734327

プロフィール

筋肥大・筋萎縮、筋分化におけるノンコーディングRNA(microRNAや長鎖非コードRNA)や酵素(メチル化酵素やDUB)の機能解析と応用、骨格筋におけるマイオスタチンの作用機序の研究をしています。

研究キーワード

 
翻訳後修飾 ,筋形成 ,筋萎縮 ,長鎖非コードRNA ,筋肥大 ,遺伝子 ,細胞 ,マイクロRNA ,フォリスタチン ,マイオスタチン ,筋疾患 ,骨格筋 ,筋分化 ,プロモーター ,転写調節 ,遺伝子発現制御 ,ノンコーディングRNA

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 医化学 / 
  • ライフサイエンス / 分子生物学 / 
  • ライフサイエンス / 解剖学 / 

経歴

 
2018年10月
 - 
現在
藤田医科大学 総合医科学研究所 難病治療学研究部門 助教 
 
2008年4月
 - 
2018年9月
藤田保健衛生大学 総合医科学研究所 難病治療学研究部門 助教 
 

受賞

 
2019年10月
藤田学園医学会, 第51回藤田学園医学会奨励賞
常陸圭介 
 
2019年8月
日本筋学会, 第5回学術集会Young Investigator's Award,最優秀賞
常陸圭介 
 
2018年3月
平成29年度 藤田医科大学総医研研究成果発表会 オーディエンス特別賞
常陸圭介 
 

論文

 
 
Akiko Hashiguchi   Koji Okabayashi   Hisateru Yamaguchi   Kunihiro Tsuchida   Keisuke Hitachi   Hiroko Isoda   
Journal of medicinal food   23(9) 967-9772020年9月   [査読有り]
Mung bean (Vigna radiata) is an immunomodulatory medicinal plant, which is recognized as a component of a traditional postpartum diet. The liver plays a crucial role in fatty acid synthesis under the control of various hormones that are affected b...
 
Ghazala Mustafa   Murtaza Hasan   Hisateru Yamaguchi   Keisuke Hitachi   Kunihiro Tsuchida   Setsuko Komatsu   
Journal of proteomics   224 103833-1038432020年5月   [査読有り]
Nanoparticles (NPs) are synthesized by different methods and response mechanism of plants varied towards NPs based on their origin. To study the effects of bio-synthesized (BS) and chemically-synthesized (CS) silver NPs on soybean, a gel-free/labe...
 
Yuki Yoshimoto   Madoka Ikemoto-Uezumi   Keisuke Hitachi   So-Ichiro Fukada   Akiyoshi Uezumi   
Frontiers in cell and developmental biology   8 267-2672020年5月   [査読有り]
Adult skeletal muscle has a remarkable ability to regenerate. Regeneration of mature muscle fibers is dependent on muscle stem cells called satellite cells. Although they are normally in a quiescent state, satellite cells are rapidly activated aft...
 
Keisuke Hitachi   Masashi Nakatani   Shiori Funasaki   Ikumi Hijikata   Mizuki Maekawa   Masahiko Honda   Kunihiro Tsuchida   
International journal of molecular sciences   21(5) 2020年2月   [査読有り][招待有り]
Skeletal muscle is a highly plastic organ that is necessary for homeostasis and health of the human body. The size of skeletal muscle changes in response to intrinsic and extrinsic stimuli. Although protein-coding RNAs including myostatin, NF-κβ, ...
 
Saitoh M   Takayama K   Hitachi K   Taguchi A   Taniguchi A   Tsuchida K   Hayashi Y   
Bioorganic & medicinal chemistry letters   30(3) 1268922020年2月   [査読有り]

MISC

 
 
土田 邦博   中谷 直史   常陸 圭介   
日本臨床   76(増刊5 老年医学(上)) 579-5832018年6月   
 
Keisuke Hitachi   Kunihiro Tsuchida   
Biomedical Advances   2017年7月   [招待有り]
Editors' Picks in Musculoskeletal Disorder, 2017 #9
 
常陸圭介   中谷直史   上住聡芳   土田邦博   
The Lipid   27 23-282016年   
 
土田邦博   上住聡芳   中谷直史   上田洋司   常陸圭介   
整形・災害外科   58(2) 155-1612015年2月   
 
上住 聡芳   中谷 直史   常陸 圭介   土田 邦博   
基礎老化研究   34(4) 5-112010年11月   
老化や難治性筋疾患等に伴って、骨格筋は形態的変化および機能低下が生じる。老化では特に速筋型のタイプII筋線維の萎縮が顕著に見られ、脂肪沈着や繊維化が見られる。骨格筋の再生を担うのは筋衛星細胞であるが、老化に伴い、筋再生能力の低下を来たす。近年、骨格筋量調節因子であるマイスタチンやアクチビンの機能制御により、筋萎縮が防げる事が明らかとなってきた。マイスタチン阻害によって、筋萎縮の防止、繊維化の抑制、体脂肪量の減少、脂肪肝抑制が期待されており、老化、筋疾患、悪液質への応用も現実味を帯びてきた。...

書籍等出版物

 
 
Kunihiro Tsuchida, Keisuke Hitachi, Masashi Nakatani, Akiyoshi Uezumi, Hiroshi Ageta
Myostatin: Structure, Role in Muscle Development and Health Implications. Nova Science publishers      2016年   (ISBN:9781634852487)   

講演・口頭発表等

 
 
RNAseqデータの簡単解析方法 "遺伝子発現変動の抽出と図の作成について"
常陸圭介   
第5回疾患遺伝子網羅的解析センターワークショップ   2016年3月24日   
 
Myogenin遺伝子のプロモーター領域から発現する新規lncRNAの筋分化過程における機能解析
常陸圭介   高崎昭彦   土田邦博   
BMB2015(第38回日本分子生物学会年会第88回日本生化学会大会合同大会)   2015年12月2日   
 
転写調節領域由来lncRNAによる遺伝子発現活性化機構の解析
常陸圭介   土田邦博   
第47回藤田学園医学会   2015年10月1日   
 
プロモーター領域から発現するMyog pancRNAはホストであるマイオジェニン遺伝子の発現に必要である
常陸圭介   高崎昭彦   土田邦博   
第7回日本RNAi研究会   2015年8月28日   
 
転写調節領域由来長鎖ノンコーディングRNAによる筋分化制御機構の解析
常陸圭介   高崎昭彦   土田邦博   
第17回日本RNA学会   2015年7月16日   

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
アセンブリII (実験分子医学研究 Nature を読んでみよう) (藤田医科大学)
 
   
 
生命科学総合講義I (明治大学)
 
   
 
医学セミナー (藤田保健衛生大学)
 
   
 
アセンブリⅡ(サイエンスカフェ) (藤田保健衛生大学)
 
   
 
アセンブリⅠ(インターネットチュートリアル) (藤田保健衛生大学)

所属学協会

 
 
   
 
日本分子生物学会
 
   
 
日本筋学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
タンパク質のメチル化修飾を介した新たな骨格筋量の制御機構の解明とその臨床応用
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
常陸 圭介 
研究期間: 2020年4月 - 2023年3月
 
研究期間: 2019年4月 - 2023年3月
 
筋タンパク質のメチル化修飾を標的とした新たな筋萎縮治療法の開発
公益財団法人 武田科学振興財団: 2020年度 医学系研究継続助成
常陸圭介 
研究期間: 2020年11月 - 2022年11月
 
iPS細胞由来変異型IDH神経膠腫モデルを用いた腫瘍化機序の解明と新規治療の開発
日本学術振興会: 学術研究助成基金助成金 基盤研究(C)
大場茂生 
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月
 
長鎖非コードRNAを標的としたヒトの骨格筋萎縮に対する新規治療法の開発
公益財団法人 持田記念医学薬学振興財団: 2019年度持田記念研究助成
常陸圭介 
研究期間: 2019年12月 - 2020年12月

社会貢献活動

 
 
【司会,助言・指導,企画,運営参加・支援,実演】
藤田保健衛生大学 メディカル・フロント 2018年8月18日
 
【助言・指導,運営参加・支援,実演】
藤田保健衛生大学 メディカル・フロント 2017年8月19日
 
【助言・指導,運営参加・支援,実演】
藤田保健衛生大学 2016年4月23日
 
【講師】
銚子市立銚子高等学校 2012年11月15日

その他教育活動上特記すべき事項