メニュー/MENU

お知らせ・マニュアル全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部研究推進本部サージカルトレーニングセンター
> 医学部> 基礎> 解剖学Ⅱ 

医学部 解剖学Ⅱ

研究者リスト >> 石嶺 久子
 

最終確認日時:

編集

石嶺 久子

 
アバター
研究者氏名石嶺 久子
 
イシミネ ヒサコ
URL
所属藤田医科大学
部署医学部 医学科 解剖学Ⅱ
職名助教
学位博士(理学)(筑波大学)
J-Global ID201501012699119215

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 栄養学、健康科学 / 

論文

 
 
武田湖太郎   徳永元秀   石嶺久子   中山昌喜   森浩一   松尾洋孝   福田潤   
防衛医科大学校雑誌   31(2) 93-102   2006年   [査読有り]
文字認識やパターン認識などに用いられる画像処理技術である二値化処理と細線化処理を適用することで、分散培養・組織培養における、枝分かれし、曲線的で複雑に伸長する神経突起長をより正確に計算する方法を組み込んだソフトウェア(Mneurites)を創作した。後根神経節の分散培養を用いてこの方法を従来の方法と比較し、より正確な結果を得ることができた。らせん神経節や後根神経節の小片培養における神経突起の計測を行った。従来困難であった小片培養においてもこの方法が適用できた。神経の発生、再生などの仕組みを...
 
H Matsuo   Y Kanai   M Tokunaga   T Nakata   A Chairoungdua   H Ishimine   S Tsukada   H Ooigawa   H Nawashiro   Y Kobayashi   J Fukuda   H Endou   
NEUROSCIENCE LETTERS   358(2) 123-126   2004年3月   [査読有り]
System asc transporter Asc-1, expressed in the brain, transports D- and L-serine with high affinity. To determine the localization of Asc-1 in the rat brain, we isolated a cDNA for the rat orthologue of Asc-1. The encoded protein designated as rAs...
 
J Fukuda   H Ishimine   M Tokunaga   
NEUROSCIENCE LETTERS   355(1-2) 141-145   2004年1月   [査読有り]
Cochlear hair cells are presumed to live in culture for many days, yet they are difficult to identify in cultured tissues. We stained hair cells in cochlear sections with FM1-43 and cultured them in collagen matrix. Three rows of outer hair cells ...
 
J Fukuda   H Ishimine   Y Masaki   
CELL AND TISSUE RESEARCH   311(3) 325-332   2003年3月   [査読有り]
Live Merkel cells in the skin and hair follicles are known to incorporate a fluorescence dye, quinacrine, which has been utilized to identify and dissect the cells for experiments. Quinacrine fluorescence of the cells is, however, quickly lost and...
 
J Fukuda   H Ishimine   K Keino-Masu   Y Masaki   
MERKEL CELL: STRUCTURE-DEVELOPMENT-FUNCTION-CANCEROGENESIS   113-120   2003年   [査読有り]
Merkel cells have long been assumed to exhibit a function of guiding sensory nerve fibers to the skin and hairs. However, there has been little experimental evidence that supports this hypothesis. In order to test this possibility, we performed co...

MISC

 
 
Motohide Tokunaga   H. Matsuo   H. Ishimine   S. Tsukada   T. Kazama   Y. Kanai   Y. Kobayashi   J. Fukuda   
NEUROSCIENCE RESEARCH   55 S83-S83   2006年   

書籍等出版物

 
 
福田潤, 石嶺 久子, 真崎義憲(担当:共著, 範囲:Merkel 細胞の蛍光標識と培養「Merkel 細胞神経誘因説」の立証の試み)
金原出版   2003年      

所属学協会

 
 
   
 
日本解剖学会
 
   
 
日本炎症・再生医学会
 
   
 
日本再生医療学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
リバウンドしない肥満解消法の開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業(若手研究)
石嶺 久子 
研究期間: 2019年4月
 
呼吸器再生基盤技術の構築
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
栗崎 晃 高田 仁実 石嶺 久子 
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月
 
人為的リプログラミング法を用いた間葉系幹細胞制御機構の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究
栗崎 晃 高田 仁実 石嶺 久子 
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月

産業財産権