メニュー/MENU

お知らせ・マニュアル全教員検索医学部医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター研究統括監理部
> 総合医科学研究所> 遺伝子発現機構学 

総合医科学研究所 遺伝子発見機構学

研究者リスト >> 藤田 賢一
 

最終確認日時:2020/11/09 19:56

編集

藤田 賢一

 
アバター
研究者氏名藤田 賢一
 
フジタ ケンイチ
通称等の別名藤田医科大学 (ICMS)
所属藤田医科大学
部署総合医科学研究所 総合医科学研究所
職名助教
学位博士(生命科学)(京都大学)
科研費研究者番号70816884
J-Global ID201801012054846637

プロフィール

バイオインフォマテイクスと分子生物学のアプローチから、ガンにおけるスプライシングとmRNA核外輸送を中心に研究しています。

研究キーワード

 
トランスクリプトーム解析 ,ガン ,mRNA分解 ,mRNAスプライシング ,mRNAプロセシング ,mRNA輸送

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 分子生物学 / 

経歴

 
2020年7月
 - 
現在
藤田医科大学 総合医科学研究所 助教 
 
2016年4月
 - 
2020年6月
京都大学大学院  研究員 
 
2013年4月
 - 
2016年3月
日本学術振興会  特別研究員DC1 
 

受賞

 
2015年7月
日本RNA学会, ベストプレゼンテーション優秀賞
藤田賢一 
 
2015年3月
京都大学生命科学研究科, Outstanding Presentation賞
藤田賢一 
 
2014年3月
京都大学生命科学研究科, Outstanding Presentation賞
藤田賢一 
 
2013年7月
日本RNA学会, 優秀賞
藤田賢一 
 

論文

 
 
Yuta Otani   Ken-ichi Fujita   Toshiki Kameyama   Akila Mayeda   
International Journal of Molecular Sciences   22(12) 6519-6519   2021年6月   [査読有り]
Using TSG101 pre-mRNA, we previously discovered cancer-specific re-splicing of mature mRNA that generates aberrant transcripts/proteins. The fact that mRNA is aberrantly re-spliced in various cancer cells implies there must be an important mechani...
 
藤田賢一   入江みどり   増田誠司   
SPring-8/SACLA利用研究成果集   8(3)    2020年9月   [査読有り]
 
Ken-Ichi Fujita   Takaki Ishizuka   Mizuki Mitsukawa   Masashi Kurata   Seiji Masuda   
International journal of molecular sciences   21(6)    2020年3月   [査読有り]
Human transcriptomes are more divergent than genes and contribute to the sophistication of life. This divergence is derived from various isoforms arising from alternative splicing. In addition, alternative splicing regulated by spliceosomal factor...
 
Ken-Ichi Fujita   Tomohiro Yamazaki   Kotaro Harada   Shigeto Seno   Hideo Matsuda   Seiji Masuda   
Biochimica et biophysica acta. Gene regulatory mechanisms   1863(2) 194480-194480   2020年1月   [査読有り]
The TREX complex integrates information from nuclear mRNA processing events to ensure the timely export of mRNA to the cytoplasm. In humans, UAP56 and its paralog URH49 form distinct complexes, the TREX complex and the AREX complex, respectively, ...
 
Masashi Kurata   Naoko Fujiwara   Ken-Ichi Fujita   Yasutaka Yamanaka   Shigeto Seno   Hisato Kobayashi   Yusaku Miyamae   Nobuyuki Takahashi   Yasuyuki Shibuya   Seiji Masuda   
iScience   22 336-352   2019年12月   [査読有り]
Cancer cells often exhibit extreme sensitivity to splicing inhibitors. We identified food-derived flavonoids, apigenin and luteolin, as compounds that modulate mRNA splicing at the genome-wide level, followed by proliferation inhibition. They bind...

講演・口頭発表等

 
 
mRNA核外輸送因子UAP56ならびにURH49における複合体形成基盤と選択的mRNA輸送制御機構の解明
藤田賢一   伊藤慶紗   増田誠司   
日本RNA学会   2015年7月   
 
mRNA核外輸送因子UAP56ならびにURH49における複合体形成基盤
藤田賢一   伊藤慶紗   増田誠司   
京都大学国際学生セミナー   2015年3月   
 
UAP56とURH49による選択的mRNA輸送の分子機構の解析
藤田賢一   伊藤慶紗   増田誠司   
2015年1月   
 
mRNA核外輸送因子UAP56ならびにURH49における複合体形成基盤
2014年10月   
 
進化的観点からUAP56とURH49の複合体形成と選択的mRNA輸送能の分岐点を探る
藤田賢一   伊藤慶紗   増田誠司   
日本RNA学会   2014年7月   

担当経験のある科目(授業)

 
2021年7月
 - 
現在
スチューデントリサーチャープログラム (藤田医科大学)
2021年4月
 - 
現在
生命科学特論Ⅰ (藤田医科大学)
2021年2月
 - 
現在
医学演習III (藤田医科大学)

所属学協会

 
 
   
 
日本分子生物学会
 
   
 
日本RNA学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
新たな癌抑制戦略の基盤となる、癌特異的再スプライシング制御機構の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究
藤田 賢一 
研究期間: 2021年4月 - 2023年3月
 
mRNA輸送因子UAP56とURH49による選択的mRNA輸送基盤の統合的解析
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究
藤田 賢一 
研究期間: 2019年4月 - 2021年3月
 
 
UAP56ならびにURH49による複合体形成基盤と選択的mRNA輸送機構の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 特別研究員奨励費
藤田 賢一 
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月

社会貢献活動

 
 
【運営参加・支援】
藤田医科大学 2021年8月

その他

 
 
特になし