メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター
教員検索総合医科学研究所>難病治療学
 

総合医科学研究所 難病治療学

研究者リスト >> 中谷 直史
 

最終確認日時:

編集

中谷 直史

 
アバター
研究者氏名中谷 直史
 
 
URLhttp://info.fujita-hu.ac.jp/~nanbyou/nanbyou/Top.html
所属星城大学
部署リハビリテーション学部
職名准教授
学位博士(医学)(徳島大学)
科研費研究者番号00421264
J-Global ID201101039624920953

プロフィール

骨格筋、脂肪組織の形成と維持に興味を持ち、Myostatin、Activin、Follistatinに注目し研究を進めています。

研究キーワード

 
遺伝子 ,細胞 ,脂肪分化 ,ミトコンドリア ,マイオスタチン ,脂肪酸代謝 ,骨格筋内脂肪蓄積 ,メタボリック症候群

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 生理学 / 
  • ライフサイエンス / 医療薬学 / 
  • ライフサイエンス / 生理学 / 
  • ライフサイエンス / 医化学 / 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
藤田医科大学 医療科学部 臨床工学科  兼任講師 
 
2007年4月
 - 
2019年3月
藤田医科大学 総合医科学研究所 難病治療学  助教 
 

論文

 
 
Uezumi A   Fukada S   Yamamoto N   Ikemoto-Uezumi M   Nakatani M   Morita M   Yamaguchi A   Yamada H   Nishino I   Hamada Y   Tsuchida K   
Cell death & disease   5 e11862014年4月   [査読有り]
 
Keisuke Hitachi   Masashi Nakatani   Kunihiro Tsuchida   
INTERNATIONAL JOURNAL OF BIOCHEMISTRY & CELL BIOLOGY   47 93-1032014年2月   [査読有り]
Myostatin, also known as growth and differentiation factor-8, is a pivotal negative regulator of skeletal muscle mass and reduces muscle protein synthesis by inhibiting the insulin-like growth factor-1 (IGF-1)/Akt/mammalian target of rapamycin (mT...
 
Tatsuya Murakami   Masashi Nakatani   Masahiro Kokubo   Hirotaka Nakatsuji   Mami Inada   Hiroshi Imahori   Masako Yudasaka   Sumio Iijima   Kunihiro Tsuchida   
NANOSCIENCE AND NANOTECHNOLOGY LETTERS   5(3) 402-4072013年3月   [査読有り]
The interaction of water-dispersed nanocarbon materials with mammalian cells has been a matter of great interest. Here, we show a possible mechanism of cell interaction with single-walled carbon nanohorns (CNHs). Individually isolated CNHs in H2O,...
 
Masashi Nakatani   Masahiro Kokubo   Yutaka Ohsawa   Yoshihide Sunada   Kunihiro Tsuchida   
AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-ENDOCRINOLOGY AND METABOLISM   300(3) E543-E5532011年3月   [査読有り]
Nakatani M, Kokubo M, Ohsawa Y, Sunada Y, Tsuchida K. Follistatin-derived peptide expression in muscle decreases adipose tissue mass and prevents hepatic steatosis. Am J Physiol Endocrinol Metab 300: E543-E553, 2011. First published January 4, 201...
 
Kunihiro Tsuchida   Masashi Nakatani   Keisuke Hitachi   Akiyoshi Uezumi   Yoshihide Sunada   Hiroshi Ageta   Kaoru Inokuchi   
Cell Communication and Signaling   7 152009年   [査読有り]
After the initial discovery of activins as important regulators of reproduction, novel and diverse roles have been unraveled for them. Activins are expressed in various tissues and have a broad range of activities including the regulation of gonad...

MISC

 
 
上住 聡芳   上住 円   周 赫英   黒澤 珠希   中谷 直史   日野 純   深田 宗一朗   土田 邦博   
日本関節病学会誌   38(3) 227-2272019年10月   
 
中谷 直史   中井 滋   大橋 篤   土田 邦博   
肥満研究   25(Suppl.) 305-3052019年10月   
 
常陸 圭介   中谷 直史   上田 洋司   上住 聡芳   土田 邦博   
日本筋学会学術集会プログラム・抄録集   5回 64-642019年8月   
 
上住 円   上住 聡芳   張 礫丹   周 赫英   橋下 有弘   岡村 菊夫   松井 康素   塚崎 晃士   細山 徹   中谷 直史   森田 充浩   山田 治基   土田 邦博   深田 宗一朗   
日本筋学会学術集会プログラム・抄録集   5回 89-892019年8月   
 
中谷 直史   土田 邦博   
肥満研究   24(Suppl.) 176-1762018年9月   

講演・口頭発表等

 
 
骨格筋分泌因子の探索
中谷直史   
第33回日本肥満学会   2012年10月   
 
Follistatin改変体を用いたマイオスタチン阻害効果の応用
中谷直史   
第136回分泌セミナー   2011年12月   
 
骨格筋が他臓器へ及ぼす影響 〜筋肥大マウスを用いた解析〜
中谷直史   
第32回日本肥満学会   2011年9月   
 
筋形成とエネルギー代謝 〜マイオスタチンを標的とした肥満抑制効果〜
中谷直史   
第31回日本肥満学会   2010年   
 
マイオスタチン阻害による抗肥満作用
中谷直史   
第23回日本糖尿病・肥満動物学会   2009年10月   

所属学協会

 
 
   
 
日本肥満学会
 
   
 
日本分子生物学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
ヒト骨格筋細胞を用いた筋萎縮予防法の開発
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
中谷直史 
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月
 
骨格筋を起点とした分泌因子による組織間クロストークの解明
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
中谷直史 
研究期間: 2012年 - 2014年
 
骨格筋と骨組織の相互作用による骨密度の調節機構
公益財団法人 中冨健康科学振興財団: 研究助成金
中谷直史 
研究期間: 2011年 - 2011年
 
マイオスタチンによる筋線維安定化制御メカニズムの解明
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
中谷直史 
研究期間: 2010年 - 2011年
 
マイオスタチン抑制による強力な脂肪細胞の肥大化防止作用とメタボリック症候群の治療
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
土田邦博 上住聡芳 中谷直史 
研究期間: 2006年 - 2007年

社会貢献活動

 
 
【助言・指導,実演】
藤田保健衛生大学 2017年4月21日

その他