メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター
> 医療科学部> 基礎教育 

医療科学部 基礎教育

研究者リスト >> 松井太 衛
 

最終確認日時:2020/09/04 16:31

編集

松井太 衛

 
アバター
研究者氏名松井太 衛
 
マツイ タエイ
URLhttp://www.fujita-hu.ac.jp/teacher/health/e-health/m-taei/index.html
所属藤田医科大学
部署医療科学部 臨床検査学科 自然科学 生物学
職名教授
学位博士(理学)
その他の所属奈良県立医科大学輸血部
J-Global ID200901001023876480

研究キーワード

 
血管内皮細胞 ,ABO血液型糖鎖 ,抗腫瘍活性物質 ,レクチン ,ヘビ毒タンパク質 ,血小板 ,フォンウィルブランド因子 ,止血血栓形成

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 血液、腫瘍内科学 / 血栓止血学
  • ライフサイエンス / 構造生物化学 / タンパク質工学
  • その他 / その他 / 臨床検査学 病態検査学

経歴

 
2020年4月
 - 
現在
藤田医科大学 医療科学部 特任教授 
 
2003年4月
 - 
現在
藤田医科大学 医療科学部 教授 
 
2002年4月
 - 
現在
奈良県立医科大学 輸血部 非常勤講師 
 
2002年5月
 - 
2003年3月
藤田保健衛生大学 総合医科学研究所 助教授 
 
1998年4月
 - 
2003年3月
名古屋大学 教養部 非常勤講師 
 

学歴

 
1980年4月
 - 
1985年3月
名古屋大学 大学院理学研究科 
 
1975年4月
 - 
1979年3月
名古屋大学 理学部 生物学科
 

委員歴

 
1998年4月
 - 
現在
日本血栓止血学会  代議員
 
2013年4月
 - 
2015年3月
毒素シンポジウム  運営委員
 

受賞

 
2001年1月
中日新聞, 東海学術奨励賞,フォンウィルブランド因子に存在するABO血液型糖鎖に関する研究
松井太衛 
 

論文

 
 
Ryo Matsumoto   Yuki Fujii   Sarkar M. A. Kawsar   Robert A. Kanaly   Hidetaro Yasumitsu   Yasuhiro Koide   Imtiaj Hasan   Chihiro Iwahara   Yukiko Ogawa   Chang Hun Im   Shigeki Sugawara   Masahiro Hosono   Kazuo Nitta   Jiharu Hamako   Taei Matsui   Yasuhiro Ozeki   
TOXINS   4(5) 323-3382012年5月   [査読有り]
A divalent cation-independent lectin-HOL-18, with cytotoxic activity against leukemia cells, was purified from a demosponge, Halichondria okadai. HOL-18 is a 72 kDa tetrameric lectin that consists of four non-covalently bonded 18 kDa subunits. Hem...
 
Sarkar M. A. Kawsar   Ryo Matsumoto   Yuki Fujii   Haruki Matsuoka   Naoko Masuda   Iwahara Chihiro   Hidetaro Yasumitsu   Robert A. Kanaly   Shigeki Sugawara   Masahiro Hosono   Kazuo Nitta   Naoto Ishizaki   Chikaku Dogasaki   Jiharu Hamako   Taei Matsui   Yasuhiro Ozeki   
PROTEIN JOURNAL   30(7) 509-5192011年10月   [査読有り]
A divalent cation-independent 16 kDa d-galactose binding lectin (AKL-2) was isolated from eggs of sea hare, Aplysia kurodai. The lectin recognized d-galactose and d-galacturonic acid and had a 32 kDa dimer consisting of two disulfide-bonded 16 kDa...
 
Hidehiko Akiyama   Masahiro Endo   Taei Matsui   Itsurou Katsuda   Nobuhiko Emi   Yasuko Kawamoto   Takaaki Koike   Hidehiko Beppu   
BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-GENERAL SUBJECTS   1810(5) 519-5252011年5月   [査読有り]
Background: Agaricus blazei Murrill (ABM) has been shown to exhibit immunostimulatory and anti-cancer activities; however, its mechanism of action is poorly understood. We recently found that the diffusible fraction of hot-water extract of ABM exh...
 
Akiyama H   Endo M   Matsui T   Katsuda I   Emi N   Kawamoto Y   Koike T   Beppu H   
Biochimica et biophysica acta   1810(5) 519-5252011年5月   [査読有り]
 
Ryo Matsumoto   Tomoko F. Shibata   Hisanori Kohtsuka   Mamoru Sekifuji   Natsuko Sugii   Hiroaki Nakajima   Noriaki Kojima   Yuki Fujii   Sarkar M. A. Kawsar   Hidetaro Yasumitsu   Jiharu Hamako   Taei Matsui   Yasuhiro Ozeki   
COMPARATIVE BIOCHEMISTRY AND PHYSIOLOGY B-BIOCHEMISTRY & MOLECULAR BIOLOGY   158(4) 266-2732011年4月   [査読有り]
A lectin - designated OXYL for the purposes of this study that strongly recognizes complex-type oligosaccharides of serum glycoproteins - was purified from a crinoid, the feather star Oxycomanthus japonicus, the most basal group among extant echin...

MISC

 
 
Masaki Hayakawa   Seiji Kato   Taei Matsui   Kazuya Sakai   Yumi Yoshii   Hideo Yagi   Yoshihiro Fujimura   Masanori Matsumoto   
BLOOD   128(22) 2016年12月   
 
T. Kano   F. Matsushita   J. Hamako   Y. Fujimura   K. Kondo   T. Matsui   
JOURNAL OF THROMBOSIS AND HAEMOSTASIS   13 750-7502015年6月   
 
T. Matsui   A. Hori   J. Hamako   F. Matsushita   N. Takagishi   K. Kondo   T. Kano   M. Hayakawa   M. Matsumoto   Y. Fujimura   
JOURNAL OF THROMBOSIS AND HAEMOSTASIS   13 747-7472015年6月   
 
堀 有沙   狩野 泰輝   松下 文雄   浜子 二治   松本 雅則   藤村 吉博   松井 太衛   
日本血栓止血学会誌   24(2) 212-2122013年4月   
 
狩野 泰輝   堀 有沙   松下 文雄   浜子 二治   松本 雅則   藤村 吉博   松井 太衛   
日本血栓止血学会誌   24(2) 212-2122013年4月   

書籍等出版物

 
 
Tanaka K, Davie E. W(担当:分担執筆)
Springer Japan      2008年      
 
林恭三, 池田潔, 太田光煕
廣川書店      2003年      
 
藤村吉博
アイプリコム出版      2002年      
 
藤村吉博
アイプリコム出版      2002年      
 
藤村吉博
アイプリコム出版      2002年      

講演・口頭発表等

 
 
ヒトロタウイルスの人工合成系開発
畑澤莉緒奈   福田佐織   河本聡志   古川哲史   片山和彦   村田貴之   松井太衛   
第42回日本分子生物学会年会   2019年12月4日   
 
培養血管内皮細胞が産生するVWF上の血液型抗原に関する研究
中村優太   濱子二治   松下文雄   雪竹 潤   秋山秀彦   松井太衛   
第13回日本臨床検査学教育学会学術大会   2018年8月18日   
 
血漿中のABO(H)式血液型糖転移酵素がvon Willebrand因子に与える影響
狩野泰輝   近藤一直   濵子二治   松下文雄   酒井和哉   松井太衛   
第4回学内研究シーズ・ニーズ研究交流会   2018年7月21日   
 
VWF依存性血小板凝集を惹起する組換えビチセチン-3とビチセチンの活性比較
中村優太   内藤菜月   藤田佑奈   大場愛梨   岩田奈津美   小田裕人   小野佑介   松下文雄   濵子二治   松井太衛   
第40回日本血栓止血学会学術集会   2018年6月29日   
 
フォンウィルブランド因子を標的とした血栓形成の制御
松井太衛   堀有沙   濵子二治   松下文雄   秋山秀彦   早川正樹   松本雅則   
平成29年度中部地区医療・バイオ系シーズ発表会   2017年12月6日   

担当経験のある科目(授業)

 
1991年9月
 - 
1997年3月
分子遺伝学 (藤田医科大学)
 
   
 
Clinical Pathology Analysis (Fujita Health University Graduate School of Health Sciences)
 
   
 
Blood Transfusion Medicine (Nara Medical University)
 
   
 
Basic Experiment for Science (Fujita Health University School of Health Sciences)
 
   
 
Molecular Biology (Fujita Health University School of Health Sciences)

所属学協会

 
 
 - 
2019年3月
日本動物学会
 
   
 
毒素シンポジウム
 
   
 
国際血栓止血学会
 
   
 
日本血栓止血学会
 
   
 
日本分子生物学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月
 
研究期間: 2004年4月 - 2007年3月
 
研究期間: 2000年4月 - 2002年3月
 
研究期間: 1997年4月 - 1999年3月
 
研究期間: 1996年4月 - 1997年3月

教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)

 
 

作成した教科書、教材、参考書

 
 
 

教育方法・教育実践に関する発表、講演等

 
 

その他教育活動上特記すべき事項