がんセミナー

「がん」が死因のトップになり久しく「腫瘍学」の重要性が再認識されています。
欧米では腫瘍学を専門にしている医師を腫瘍医 oncologist、外科手術を行うものをsurgical oncologist、放射線治療を行うものをradiation oncologist、抗癌剤による化学療法を専門とするものを medical oncologist、心理社会学的療法を用い患者をサポートするものは psychosocial oncologist と呼んでいます。日本においては、「腫瘍学」という診療科が存在するのは数少なく、各診療科がそれぞれ行っているのが現状です。

本学大学院医学研究科では、大学院整備の一環として大学院講義の実質化を進め、医学セミナー(腫瘍コース)として、外来講師によるセミナーを開催して来ました。
また、臨床では「がん診療連携拠点病院」の整備に関する指針が提示され、「がん治療認定医」制度も導入されたことを受け、本大学病院でも外来薬物療法センターを中心に「がんセミナー」が行われてきました。

本セミナーは大学院生の医学セミナーとして開講するのみならず、医師、看護師、臨床検査技師、診療放射線技師、作業療法士、理学療法士、臨床工学技士、医療情報技師、臨床薬剤師、臨床心理士、管理栄養士など腫瘍診療に携わるスタッフおよび地域の医療関係者に一般公開し、生涯教育に資することを念頭に置いたもので、腫瘍について領域を越えた集学的解析の理解を促すとともに、がんの発生から終末期医療までを学ぶ臨床腫瘍学の端緒と位置づけています。
「がんセミナー」は、腫瘍各論に相当する分野で、実地医療に役立つものを各専門分野について基礎から臨床まで広範な領域を具体的に学ぶことを目標にしています。