ようこそ、遺伝子発現機構学研究部門へ!

生物の基本単位である細胞の核の中に、生命をつかさどるすべての情報が遺伝子-DNAという物質-に含まれていますが、ヒトでは何と99%が意味のない配列です。遺伝子から転写されたmRNA前駆体は、イントロンと呼ばれる不要な配列で分断されているのです。イントロンを取り除く『スプライシング』と呼ばれる過程を経て、やっと蛋白質の設計図であるmRNAができあがります。私たちの遺伝子発現機構学研究部門では、この重要なスプライシングが正確に行われる仕組みを明らかにし、難治疾患において、スプライシング異常がどのように関与しているかを研究しています。小さい研究部門ですが、大きな志を抱いて研究に邁進しております。

最近のトピックス

2016.8.2
福村助教らの共同研究の論文(電子版)が公開されました!
Fukumura, K., Wakabayashi, S., Kataoka, N., Sakamoto, H., Suzuki, Y., Nakai, K., Mayeda, A. and Inoue, K. (2016) The exon junaction complex controls the efficient and faithful splicing of a subset of transcripts involved in mitotic cell-cyle progression. Int. J. Mol. Sci, in press.
2016.6.15
嶋田講師らの共同研究の論文(電子版)が公開されました!
Shimada, M.K., Sanbonmatsu, R., Yamaguchi-Kabata, Y., Yamasaki, C., Suzuki, Y., Chakraborty, R., Gojobori, T. and Imanishi, T. (2016) Selection pressure on human STR loci and its relevance in repeat expansion disease. Mol. Genet. Genomics, in press.
2016.1.5
恵美宣彦研究室(本学医学部・血液内科講座)との共同研究の論文(電子版)が公開されました!
Abe, A., Mizuta, S., Okamoto, A., Yamamoto, Y., Kameyama, T., Mayeda, A. and Emi, N. (2016) Transcriptional activation of platelet-derived growth factor receptor α and GS homeobox 2 resulting from E26 transformation-specific variant 6 translocation in a case of acute myeloid leukemia with t(4;12)(q12;p13). Int. J. Lab. Hematol, in press.
2015.10.15
恵美宣彦研究室(本学医学部・血液内科講座)との共同研究の論文が受理されました!
Abe, A., Yamamoto, Y., Iba, S., Kanie, T., Okamoto, A., Tokuda, M., Inaguma, Y., Yanada, M., Morishima, S., Mizuta, S., Akatsuka, Y., Okamoto, M., Kameyama, T., Mayeda, A. and Emi, N. (2015). ETV6-LPXN fusion transcript generated by t(11;12)(q12.1;p13) in a patient with relapsing acute myeloid leukemia with NUP98-HOXA9. Genes Chromosomes Cancer, in press.
2015.9.28
芳本助教らの総説が受理されました!
Yoshimoto, R., Mayeda, A., Yoshida, M. and Nakagawa, S. (2015) MALAT1 long non-coding RNA in cancer.  Biochem. Biophys. Acta, in press.
2015.9.15
恵美宣彦研究室(本学医学部・血液内科講座)との共同研究の論文が受理されました!
Abe, A., Yamamoto, Y., Iba, S., Okamoto, A., Tokuda, M., Inaguma, Y., Yanada, M., Morishima, S., Kanie, T., Tsuzuki M., Akatsuka, Y., Mizuta, S., Okamoto, M., Kameyama, T., Mayeda, A. and Emi, N. (2015) NUP214-RAC1 and RAC1-COL12A1 fusion in complex variant translocations involving chromosomes 6, 7 and 9 in an acute myeloid leukemia case with DEK-NUP214. Cytogenet. Genome. Res., in press.
2015.5.7
嶋田講師らの論文(電子版)が出版されました!
Shimada, M.K., Sasaki-Haraguchi, N., and Mayeda, A. (2015) Idnetification and validation of evolutionarily conserved unusually short pre-mRNA introns in the human genome. Int. J. Mol. Sci., 16, 10376–10388.
2015.3.17
新学術領域「がん研究分野の特性等を踏まえた支援活動」のウェブサイトで、 亀山助教の海外派遣・国際交流活動が紹介されました!
2015.1.1
亀山助教の総説が出版されました!
亀山俊樹, 前田明 (2015) がん細胞で異常なタンパク質が作られる仕組みを「mRNA再スプライシング」現象から探る. ファルマシア, 51, 22–26.
2014.5.22
新学術領域「がん研究領域の特性等を踏まえた支援活動」のウェブサイトで研究紹介記事が公開されました!
「がん細胞で異常なタンパク質がつくられるしくみを、『mRNA再スプライシング』現象から探る」
文部科学省科学研究費新学術領域研究 がん研究分野の特性等を踏まえた支援活動
2014.1.11
嶋田講師の研究内容が新聞で紹介されました!
「現代人 なぜ生き残った: 旧人とゲノム比較、謎迫る」
中日新聞(紙面Web
2013.11.11
亀山助教らの論文が出版されました!
Matsushita, F., Kameyama, T., Kadokawa, Y. and Marunouchi, T. (2014) Spatio-temporal expression pattern of Myt/NZF family zinc finger transcription factors during mouse nervous system development. Dev. Dyn., 243, 588-600.
2013.10.14
大野欽司研究室(名古屋大学大学院・医学研究科)との共同研究の論文が出版されました!
Rahman, M.A., Masuda, A., Ohe, K., Ito, M., Hutchinson, D.O., Mayeda, A., Engel, A.G. and Ohno, K. (2013) HnRNP L and hnRNP LL antagonistically modulate PTB-mediated splicing supression of CHRNA1pre-mRNA. Sci. Rep., 3, 2931.
2013.1.23
鈴木助教(元、博士研究員・現、北陸先端大学院大学所属)の論文が出版されました!
Suzuki, H., Kameyama, T., Ohe, K., Tsukahara, T. and Mayeda, A. (2013) Nested introns in an intron: evidence of multi-stepp splicing of a large intron in the human dystrophin pre-mRNA. FEBS Lett., 587, 555-561.
2012.6.7
亀山助教の研究成果が新聞に掲載されました!
「がん細胞の異常タンパク質:合成の仕組み発見」
中日新聞
2012.6.6
亀山助教の論文が出版されました!
Kameyama, T., Suzuki, H. and Mayeda, A. (2012) Re-splicing of mature mRNA in cancer cells promotes activation of distant weak alternative splice sites. Nucleic Acids Res., 40, 7896-7906.
2012.5.26
佐々木研究員の論文が出版されました!
Sasaki-Haraguchi, N., Shimada, M.K., Taniguchi, I., Ohno, M. and Mayeda, A. (2012) Mechanistic insights into human pre-mRNA splicing of human ultra-short introns: Potential unusual mechanism identifies G-rich introns. Biochem. Biophys. Res. Commun, 423, 289–294.