グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ >  研究計画

研究計画


平成29年度

画像・代謝ネットワークオミックス解析システムの整備

本学で稼働している定性型プロテオーム解析システムを拡張して、メタボロームの定性解析および分子レベルの画像解析システムを構築する(藤田医科大学病院 院長 湯澤由紀夫)。画像解析はCT装置を用いた低侵襲画像解析、および浜松医科大学の質量分析イメージング共同研究施設と連携する(医学部 放射線医学 教授 外山宏)。さらに微細な脳内メタボロームの量的変化を捉えるために定量用メタボローム解析システムを導入して、これらの一連を統合して分子・細胞・組織・個体レベルからなる多次元的な解析システムを構築する(湯澤由紀夫)。

精神神経変性疾患の発症・治療課程における電子情報付きバイオリソース・データベースの構築

精神神経疾患患者から経年的に収集された患者の脳画像データや臨床情報と、様々な病因に起因する患者(disease control)から収集されたバイオリソースの統合化を進める。学内組織(低侵襲画像診断・治療センターと藤田医科大学病院)と学外組織(人間ドック[健康科学リソースセンター]、周産期健診[生育医療バイオデーベース研究所])の連携を進める(医療科学部 先進診断システム 客員教授 鍋島俊隆・病態制御解析学 教授 齋藤邦明)。具体的には、精神神経疾患患者から経年的に収集された患者の脳画像データ(外山 宏)や臨床情報(医学部 精神神経科学 教授 岩田仲生・脳神経内科学 教授 武藤多津郎)に加え、現在は非「精神神経疾患」で通院している様々な病因に起因する患者から収集されたバイオリソースの統合化を進める(湯澤由紀夫)。