本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > 概要

概要


背景

現在、政府は2025年完成を目指して、在宅医療の充実などを柱に社会保障・税一体改革を進めています。しかし退院後の在宅医療の根幹をなす「地域包括ケア」の現場では専門医療・介護職の人材不足、不十分なケア体制、地域包括ケアのモデルとなるサービス体制や施設の不在など、多くの問題を抱えています。

設立の目的

藤田保健衛生大学は、藤田保健衛生大学病院の協力を得て、地域包括ケアモデル「藤田保健衛生大学地域包括ケア中核センター」を設立しました。急性期医療からのスムーズな在宅ケア移行、質の高い在宅医療・介護・福祉サービスの提供、地域包括ケア人材の教育・育成を目指す、その第一段階として「居宅介護支援事業所」「訪問看護ステーション」を開所します。地域の医療・介護・福祉各施設等と協力連携し、人材不足の解消、ケア体制の充実、高品質な医療サービスの提供を実現します。また、今後の地域医療・介護における人材の教育・研究機関として、その成果を全国へ発信します。

特長

  1. 藤田保健衛生大学学生の実習施設、研修施設、研究施設として、地域医療・介護・福祉を担う人材の育成を目指す。
  2. 地域医師会と連携し、地域の医療・介護・福祉施設や、在宅への移行を支援する。
  3. 医療系大学の視点を活かした「ケアプランの作成」「24時間在宅訪問看護・訪問リハ」「薬剤相談」「看取り」を担う。

地域包括ケアシステム概念図

Copyright(c)Fujita Health University.All Rights Reserved