グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP >  JAPCOについて

JAPCOについて


設立趣旨

着床前診断(PGD; Preimplantation Genetic Diagnosis)を不妊治療の高い実績のある「診療施設」と、精度の高い分析技術を持つ「解析施設」との間での共同研究として行い、至適なプロトコールによるPGDをタイムリーに患者さんにお届けする目的で、PGDコンソーシアム (JAPCO; Japan PGD Consortium)を設立しました。

背景

近年のPGDの技術の進歩はめざましいものがあり、成績が向上しています。割球生検から胚盤胞生検へ、FISH法からマイクロアレイ、そして次世代シーケンスへと技術が進歩し、診断精度や網羅性が高まったことがその理由です。一方で、それぞれ技術の専門性が高まったことを受けて、日本産科婦人科学会は「見解」を改訂し、PGDの診療施設と解析施設との分離が可能になりました。それに伴い、患者さんは、遠くの専門施設へ検査のために出向く必要なく、近くのクリニックにてPGDを受けることが可能になりました。染色体構造異常による習慣流産はもとより、稀少疾患であるメンデル遺伝病のPGDでさえ、近くのクリニックで受けることができます。こうした時代の要請を受け、診療施設と解析施設、各方面の専門家が最新の情報を交換し、最新の技術を取り入れながらPGDを進めていく必要が増し、JAPCOの設立に至りました。

活動内容

・日本全国で共通プロトコールによる偏りのない高水準なPGD体制の構築し、実施します。
・より診断精度の高い遺伝子・染色体解析手法、PGDプロトコールの至適化を行い、患者さんに提供します。
・解析データや臨床情報を集約し、種々のパラメーターと治療成績との関連についての臨床研究を行います。
・妊娠・出産後も含めた長期間のフォローアップにより、長期的に安心できるPGDを目指す。
・一般社会へ正確なPGDに関する情報発信を行い、PGDリテラシーの向上を目指します。

活動

2017年7月21日 第1回JAPCO会議(鳥取県米子市 米子ワシントンホテルプラザ)

メンバー(施設)

○ 参加メンバー一覧は、こちら のページにて紹介しております。

JAPCOとの共同研究

研究代表者:倉橋 浩樹

世話人:宇津宮 隆史 先生(セント・ルカ産婦人科)、遠藤 俊明 先生(札幌医科大学附属病院)、澤井 英明 先生(兵庫医科大学病院)、竹内 一浩 先生(竹内レディースクリニック)、田中 温 先生(セントマザー産婦人科医院)、中岡 義晴 先生(IVFなんばクリニック)、福田 愛作 先生(IVF大阪クリニック)





 

実績と報告

準備中です

業績

準備中です



*JAPCOは、 日本産科婦人科学会 「着床前診断」に関する見解 を遵守し、PGDを実施します。