グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



Home >  研修歯科医

研修歯科医


このエントリーをはてなブックマークに追加

プログラムの目的

藤田保健衛生大学病院の初期臨床プログラムは、医学部付属病院での研修という特性を最大限に活かすことを心がけています。すなわち、すべての歯科医師に求められる基本的診療能力を身につけることはもちろん、全身疾患の一部としての口腔疾患、全人的医療の視点に立ち、歯科医療のさまざまな領域で要求されるプライマリ・ケアに対応できる歯科医師育成を目標としています。

カリキュラム概要

2年間の研修期間は、歯科と口腔外科の2科を複数回ローテーションする形で構成されています。
歯科では、医科入院患者の歯科治療を通じた歯科診療技術の習得、医学部病院における他職種チーム医療(周術期口腔機能管理、摂食、嚥下リハビリテーション、栄養サポート、緩和ケア)への参画を通じ、医科の中での歯科医療の知識を学びます。
口腔外科では、豊富な症例数を誇る手術の周術期管理に、1年時から積極的に関わります。対象疾患は、水平理伏智歯、嚢胞性疾患、顎関節症、口唇口蓋裂、顎変形症、口腔腫瘍など多岐に渡ります。2年時には半年間の麻酔科研修があり、周術期管理を通じ、全身疾患評価に関する知識を学びます。

プログラム責任者挨拶


松尾 浩一郎 Koichiro Matsuo
歯科・口腔外科教授
特徴: 当院の臨床歯科研修プログラムは、2年間の研修期間中に、歯科と口腔外科をローテーションしながら別々に研修できるという特徴を持ちます。当院の歯科では、入院患者に特化した歯科治療,口腔ケア,摂食嚥下リハビリテーションを行なっています。口腔外科では、口唇口蓋裂をはじめとする多くの疾患への外科的対応を行います。歯科,口腔外科ともに豊富な症例数の中で,多くの患者さんに関わることができます。また,病院内での,摂食嚥下チームや口唇口蓋裂センターなどを通じて,チーム医療における歯科・口腔外科のあり方についても学ぶことができます。2年目には,麻酔科研修や,摂食嚥下障害の評価などプラスアルファの研修が行われます。当院での研修は,様々な疾患,障害を有する患者さんに携わりながら,全身疾患を有する方への歯科的対応を学べる充実した臨床研修の場となっております。