グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



Home >  初期研修医

初期研修医


このエントリーをはてなブックマークに追加

研修医からの声 (研修医2年)

当院での初期研修の特徴は約1450床という大きな病院で、プライマリ・ケアから専門性の高い疾患まで学べることです。大学病院というと専門性の高い疾患を多く扱うイメージですが、当院は近隣に市民病院がないために、大学病院の側面と市民病院の側面の両方を兼ね備えた病院の働きをしています。救急外来では地域の1次救急から3次救急までを担っており、感冒などのCommon diseaseから心筋梗塞などの救急疾患まで診療を行っています。また、時間外外来の当直では必ず内科外科の指導医が常在しているため、研修医にとっても患者さんにとっても安心できるを診療を行うことができます。救急車台数も年間8000台を超えており、救急研修は十分に行うことができると思います。
研修医ルームは研修医のみの部屋で1人1つの机が提供されます。研修医向けの勉強会や研修医同士の勉強会もあり、やる気があればどんどん成長できる環境となっています。研修医の構成は、他大学からも多く在籍しており、お互い切磋琢磨しながら、協力し合い、楽しく研修を行っております。是非一度病院見学へお越しください。