藤田保健衛生大学 ばんたね病院 リハ部

職種紹介

リハビリテーション科医師

病気や外傷の結果生じる障害を医学的に診断・治療し、 機能回復と社会復帰を総合的に支援します。神経ブロックや 薬物治療の処方、機能評価としての各種検査(筋電図、嚥下検査) や装具作成・調整も行います。

外来リハ診療についてはこちら

理学療法士

理学療法では「立つ」「歩く」などの基本動作や 階段昇降、屋外歩行などの応用動作の獲得を目標に訓練します。 また、リハビリ科医師の指示に基づいて下肢装具の作成にも 関与します。

主な対象疾患

下肢外傷、整形外科疾患、脳卒中、神経変性疾患、慢性呼吸不全、 小児の運動発達遅滞 など

作業療法士

作業療法は日常生活動作(食事動作、更衣動作、トイレ動作など) の自立度向上を目標に訓練します。また、在宅復帰に向けた 家屋環境の整備や自助具、福祉用具の導入に関するアドバイスも しています。

主な対象疾患

上肢外傷、脳卒中、神経筋疾患による上肢機能障害、高次脳機能 障害、小児の精神運動発達遅滞 など

言語聴覚士

食物の飲み込み(嚥下)に障害のある方には、嚥下内視鏡検査や 嚥下造影検査を行い、その結果をもとに訓練を行います。 また、話すことに関して様々な障害を持つ方や小児分野など、 幅広い分野の言語リハビリテーションも行っています。

主な対象疾患

脳卒中による失語症や構音障害、嚥下障害、小児の言語発達遅滞 など

嚥下機能検査 >▲ ページトップへ