藤田保健衛生大学 坂文種報徳會病院 リハビリテーション部門

職種紹介

リハビリテーション医療はチームアプローチ


 リハビリテーション医療はリハビリ科医師, 理学療法士(PT), 作業療法士(OT), 言語聴覚士(ST)が中核となり,下図のように様々な職種と連携をとりながら多面的なアプローチを行っています。
 職種間の情報共有の手段として,当院では電子カルテシステムを活用したり,多職種カンファレンスを定期的に行っています。医師や看護師と患者さんの全身状態や心理状態などについて情報共有を行いながら刻々と変化する状態に臨機応変に対応したリハビリテーションを実施しています。

 



リハビリテーション科医師


 病気や外傷の結果生じる障害を医学的に診断・治療し、 機能回復と社会復帰を総合的に支援します。神経ブロックや 薬物治療の処方、機能評価としての各種検査(筋電図、嚥下検査) や装具作成・調整も行います。

外来リハ診療についてはこちら

 

 


       皆が笑顔でハッピーに過ごせるように

 

         青柳陽一郎 准教授

 

「皆が笑顔でハッピーに過ごせるように」が私のモットーです。そして、藤田保健衛生大学坂文種報徳會病院リハビリテーション部も「最高のリハビリを提供する事で、患者さんとご家族に再び笑顔を取り戻して頂けるように」をモットーとしています。患者さん一人一人の立場に立ち、どのようなリハビリを実践する事がベストなのかを模索しながら、身体機能及び生活環境に応じた適切な訓練を提供していきたいと考えております。また、藤田保建衛生大学の第二教育病院として、常に最新の知見を学び、最先端の研究を行いながら、日々の臨床に役立つ知識や技術の習得と研鑽に務めています。


略歴


 1993年 京都府立医科大学卒業、横須賀米海軍病院インターン
 1994年 慶應義塾大学リハビリテーション科および関連病院にて研修
 1998年 アルバータ大学神経科学センター留学
 2002年 アルバータ大学神経科学センター博士課程終了(Ph.D.取得)
 2004年 川崎医科大学リハビリテーション医学講師
 2011年 藤田保健衛生大学医学部 リハビリテーション医学I講座准教授
 2012年 藤田保健衛生大学医療科学部兼任教授

主な専門分野


 リハビリテーション医学全般に従事、特に摂食・嚥下障害、痙縮治療、ニューロリハビリテーション、心臓リハビリテーション

 

資格等


 ECFMG (Educational Commission for Foreign Medical Graduates) Certification 日本リハビリテーション医学会専門医・指導責任者、日本臨床神経学会認定医、日本抗加齢医学専門医、日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士、心臓リハビリテーション指導士


 

 


   

 

        溝越恵里子 医師

 

 

略歴

 藤田保健衛生大学医学部卒業

 2011年 総合病院南生協病院 初期研修医

 2013年 藤田保健衛生大学医学部医学部リハビリテーション医学I講座 助手

 2014年 刈谷豊田総合病院リハビリテーション科

 2015年 藤田保健衛生大学坂文種報徳会病院リハビリテーション科

 2017年 藤田保健衛生大学大学院医学研究科 博士課程修了 博士号(Ph.D取得)


主な専門分野


 リハビリテーション医学全般に従事、摂食・嚥下障害

 

資格等


 日本リハビリテーション医学会専門医



非常勤医師

・八谷カナン 医師

・田矢理子 医師

・陳輝 医師

・平岡繁典 医師

理学療法士(PT)


 理学療法では「立つ」「歩く」などの基本動作や階段昇降、屋外歩行などの応用動作の獲得を目標に訓練します。また、リハビリ科医師の指示に基づいて下肢装具の作成にも関与しています。

 

主な対象疾患

 下肢外傷、整形外科疾患、脳卒中、神経変性疾患、慢性呼吸不全、心疾患、小児の運動発達遅滞 など


           

作業療法士(OT)


 作業療法は日常生活動作(食事動作、更衣動作、トイレ動作など) の自立度向上を目標に訓練します。また、在宅復帰に向けた家屋環境の整備や自助具、福祉用具の導入に関するアドバイスもしています。

 

主な対象疾患

 上肢外傷、脳卒中、神経筋疾患による上肢機能障害、高次脳機能 障害、小児の精神運動発達遅滞 など


         

言語聴覚士(ST)


 食物の飲み込み(嚥下)に障害のある方には、嚥下内視鏡検査や嚥下造影検査を行い、その結果をもとに訓練を行います。また、話すことに関して様々な障害を持つ方や小児分野など、幅広い分野の言語リハビリテーションも行っています。


▶ 嚥下機能検査についてはこちら

 

主な対象疾患

 脳卒中による失語症や構音障害、嚥下障害、小児の言語発達遅滞 など