メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター
教員検索総合医科学研究所>難病治療学
 

総合医科学研究所 難病治療学

研究者リスト >> 土田 邦博
 

最終確認日時:2019/06/21 12:30

編集

土田 邦博

 
アバター
研究者氏名土田 邦博
 
ツチダ クニヒロ
所属藤田医科大学
部署総合医科学研究所 難病治療学
職名教授
学位博士(医学)(京都大学), Ph.D.(Kyoto University)
科研費研究者番号30281091

プロフィール

筋骨格系疾患、糖尿病・肥満、神経変性疾患等の治療の難しい疾患の病態解明と治療法開発に関する研究を行っています。 モデル動物、ノンコーディングRNAの解析、RNA-seqやプロテオミクス等の網羅的解析、微量細胞の分取と分化培養,エクソソームを中心としたナノテクノロジーの医学応用等の先端技術を駆使して難病の病態生理の解明と治療法の基盤確立を目指した研究に取り組んでいます。

研究キーワード

 
異所性骨化 , エクソソーム , 非翻訳RNA , 分化誘導 , プロテオミクス , 電子顕微鏡 , 光線力学療法 , 温熱療法 , キメラ蛋白 , 骨格筋内脂肪蓄積 , 担がんマウス , 脂肪分化 , ドラッグデリバリー , がん , 細胞分化 , PDZタンパク質 , リンパ節転移 , 脂肪蓄積 , ナノテクノロジー , 多能性幹細胞 , 臓器再生 , 脂肪酸代謝 , TGFβ , 筋ジストロフィー , ALK7 , PTEN , 受容体型セリン・キナ-ゼ , マイオスタチン , Smad , アクチビン受容体 , FLRG , フォリスタチン , アクチビン

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 神経科学一般 / 
  • ライフサイエンス / 神経科学一般 / 
  • ナノテク・材料 / ナノバイオサイエンス / 
  • ライフサイエンス / 栄養学、健康科学 / 
  • ライフサイエンス / 代謝、内分泌学 / 
  • ライフサイエンス / 病態医化学 / 
  • ライフサイエンス / 分子生物学 / 
  • ライフサイエンス / 神経科学一般 / 
  • ライフサイエンス / 神経科学一般 / 
  • ライフサイエンス / 医化学 / 

経歴

 
2018年10月
 - 
現在
藤田医科大学(校名変更) 総合医科学研究所 教授
 
2005年
 - 
現在
藤田保健衛生大学 総合医科学研究所 教授
 
1998年
 - 
2005年
徳島大学 分子酵素学研究センター 助教授
 
1995年
 - 
1998年
京都大学 医学研究科 助手
 
1992年
 - 
1995年
米国ソーク生物学研究所 研究員
 

論文

 
Keisuke Hitachi, Masashi Nakatani, Shiori Funasaki, Ikumi Hijikata, Mizuki Maekawa, Masahiko Honda, Kunihiro Tsuchida
International journal of molecular sciences   21(5)    2020年2月   [査読有り]
Skeletal muscle is a highly plastic organ that is necessary for homeostasis and health of the human body. The size of skeletal muscle changes in response to intrinsic and extrinsic stimuli. Although protein-coding RNAs including myostatin, NF-κβ, ...
Taiki Kusano, Masashi Nakatani, Naoki Ishiguro, Kinji Ohno, Naoki Yamamoto, Mitsuhiro Morita, Harumoto Yamada, Akiyoshi Uezumi, Kunihiro Tsuchida
Journal of orthopaedic research : official publication of the Orthopaedic Research Society      2020年2月   [査読有り]
Heterotopic ossification (HO) is a pathological condition in which ectopic bone forms within soft tissues such as skeletal muscle. Human platelet-derived growth factor receptor α positive (PDGFRα+) cells, which were proved to be the original cells...
Zhuoheng Zhong, Takashi Furuya, Kimitaka Ueno, Hisateru Yamaguchi, Keisuke Hitachi, Kunihiro Tsuchida, Masahiko Tani, Jingkui Tian, Setsuko Komatsu
International journal of molecular sciences   21(2)    2020年1月   [査読有り]
Improving soybean growth and tolerance under environmental stress is crucial for sustainable development. Millimeter waves are a radio-frequency band with a wavelength range of 1-10 mm that has dynamic effects on organisms. To investigate the pote...
Mariko Saitoh, Kentaro Takayama, Keisuke Hitachi, Akihiro Taguchi, Atsuhiko Taniguchi, Kunihiro Tsuchida, Yoshio Hayashi
Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters   126892   2019年12月   [査読有り]
Zhong Z, Liu S, Zhu W, Ou Y, Yamaguchi H, Hitachi K, Tsuchida K, Tian J, Komatsu S
Journal of proteome research   18(9) 3328-3341   2019年8月   [査読有り]

MISC

 
上田 洋司, 土田 邦博
生化学   91(4) 514-518   2019年8月
エクソソームを介した疾患増悪蛋白質の伝播は、様々な疾患に関与している。エクソソームに輸送される一連の蛋白質も、リン酸化やアセチル化、ユビキチン化、脂質修飾などの様々な翻訳後修飾が付加される。ユビキチンと相同な配列を持つ蛋白質もまた翻訳後修飾因子として作用し、標的分子の輸送、機能活性調節、分解などに関与している。ユビキチン様蛋白質であるSUMO、ISG15、UBL3によるエクソソームへの制御機構について、近年の知見を含めて紹介した。
蝦名渉平, 春原由香里, 小松節子, 山口央輝, 常陸圭介, 山口拓也, 土田邦博, 松本宏
日本雑草学会大会講演要旨集   58th 97   2019年
土田 邦博, 中谷 直史, 常陸 圭介
日本臨床   76(増刊5 老年医学(上)) 579-583   2018年6月
上住聡芳, 上住円, 深田宗一朗, 笠井健広, 大野欽司, 中谷直史, 日野純, 土田邦博
日本内分泌学会雑誌   94(1) 272   2018年4月
木村稚佳子, 上田洋司, 山口央輝, 黒岩宇, 池田大樹, 森田充浩, 早川和恵, 土田邦博, 山田治基
日本軟骨代謝学会プログラム・抄録集   31st 108   2018年2月

書籍等出版物

 
Murakami T, Nakatani M, Kokubo M, Nakatsuji H, Inada M, Imahori H, Yudasaka M, Iijima S, Tsuchida K (担当:分担執筆)
2013年   
Tsuchida K, Ageta H
Elsevier   2011年3月   
Uezumi A, Tsuchida K
Osaka University Press   2009年   
村上達也, 土田邦博
シーエムシー出版   2008年10月   
Tsuchida K, Nakatani M, Murakami T, Uezumi A
Research Signpost   2008年   

講演・口頭発表等

 
土田邦博
第38回日本肥満学会   2017年10月8日   
土田邦博
The 46th NIPS International Symposium   2015年10月2日   
土田邦博
第14回snns研究会学術集会   2012年   
土田邦博
第27回 日本整形外科学会基礎学術集会 シンポジウム 筋損傷を科学する   2012年   
土田邦博
第29回小児神経筋疾患懇話会   2012年   

担当経験のある科目(授業)

 
  • Human Biology (藤田保健衛生大学, 藤田医科大学)
  • 医科学特論 (福井大学医学部)
  • 医学工学特論 (名古屋工業大学)
  • 基礎医学特論 (名古屋大学大学院医学研究科)
  • 分子生物学 (京都大学)

所属学協会

 
日本サルコペニア・フレイル研究会 , World Muscle Society , The Endocrine Society , 日本再生医療学会 , 日本神経科学学会

学歴

 
1988年4月
 - 
1992年3月
京都大学大学院 医学研究科 
 
1982年4月
 - 
1988年3月
京都大学 医学部 
 

委員歴

 
2020年1月
 - 
現在
Endocrinology  Editorial Board
 
2019年2月
 - 
現在
International J. Molecular Sciences, Biochemistry section  Editorial Board
 
2018年4月
 - 
現在
TCR (Translational Cancer Research)  Editorial Board
 
2014年
 - 
現在
日本再生医療学会  代議員
 
2012年
 - 
現在
Endocrine Society  ad hoc reviewer
 

その他

 
教育方法・教育実践に関する発表、講演等
近隣の高等学校から依頼を受け、難病研究の説明や研究室の見学を行なっている。
教育内容・方法の工夫
医学部の講義を一部担当。講義内容のプリントを配布し理解の助けとし、毎年改訂している。
医学部の少人数制の生物学の英語テキストの抄読会を行っている。
医療科学部卒論生の研究指導、発表会に向けた助言を行っている。