メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター
> 総合医科学研究所> 難病治療学 

総合医科学研究所 難病治療学

研究者リスト >> 土田 邦博
 

最終確認日時:2020/09/04 12:19

編集

土田 邦博

 
アバター
研究者氏名土田 邦博
 
ツチダ クニヒロ
所属藤田医科大学
部署総合医科学研究所 難病治療学
職名教授
学位博士(医学)(京都大学), Ph.D.(Kyoto University)
科研費研究者番号30281091
J-Global ID200901025890179259

プロフィール

筋骨格系疾患、糖尿病・肥満、神経変性疾患等の治療の難しい疾患の病態解明と治療法開発に関する研究を行っています。 モデル動物、ノンコーディングRNAの解析、RNA-seqやプロテオミクス等の網羅的解析、微量細胞の分取と分化培養,エクソソームを中心としたナノテクノロジーの医学応用等の先端技術を駆使して難病の病態生理の解明と治療法の基盤確立を目指した研究に取り組んでいます。

研究キーワード

 
神経筋疾患 ,TGF-ベータ ,異所性骨化 ,エクソソーム ,非翻訳RNA ,分化誘導 ,プロテオミクス ,電子顕微鏡 ,光線力学療法 ,温熱療法 ,骨格筋内脂肪蓄積 ,担がんマウス ,脂肪分化 ,ドラッグデリバリー ,がん ,細胞分化 ,PDZタンパク質 ,リンパ節転移 ,脂肪蓄積 ,ナノテクノロジー ,多能性幹細胞 ,臓器再生 ,脂肪酸代謝 ,筋ジストロフィー ,ALK7 ,PTEN ,受容体型セリン・キナ-ゼ ,マイオスタチン ,Smad ,アクチビン受容体 ,FLRG ,フォリスタチン ,アクチビン

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 神経科学一般 / 
  • ナノテク・材料 / ナノバイオサイエンス / 
  • ライフサイエンス / 神経機能学 / 
  • ライフサイエンス / スポーツ科学 / 
  • ライフサイエンス / 生体医工学 / 

経歴

 
2018年10月
 - 
現在
藤田医科大学(校名変更) 総合医科学研究所 教授 
 
2005年
 - 
現在
藤田医科大学 総合医科学研究所 教授 
 
1998年
 - 
2005年
徳島大学 疾患酵素学研究センター 助教授 
 
1995年
 - 
1998年
京都大学 医学部 助手 
 
1992年
 - 
1995年
米国ソーク生物学研究所  研究員 
 

受賞

 
2005年
愛知県医師会, 難病研究者表彰
土田邦博 
 
2004年
第45回日本生化学会中国・四国支部会, 学術奨励賞
土田邦博 
 
1999年
第81回米国内分泌学会(サンデイエゴ開催), 研修旅行奨励賞
土田邦博 
 

論文

 
 
Keisuke Hitachi   Masashi Nakatani   Yuri Kiyofuji   Hidehito Inagaki   Hiroki Kurahashi   Kunihiro Tsuchida   
International journal of molecular sciences   22(5) 2021年3月
The loss of skeletal muscle mass (muscle atrophy or wasting) caused by aging, diseases, and injury decreases quality of life, survival rates, and healthy life expectancy in humans. Although long non-coding RNAs (lncRNAs) have been implicated in sk...
 
Muhammad Asyraf Mohd Amnan   Teen-Lee Pua   Su-Ee Lau   Boon Chin Tan   Hisateru Yamaguchi   Keisuke Hitachi   Kunihiro Tsuchida   Setsuko Komatsu   
PeerJ   9 e108792021年
Drought is one of the severe environmental stresses threatening agriculture around the globe. Nitric oxide plays diverse roles in plant growth and defensive responses. Despite a few studies supporting the role of nitric oxide in plants under droug...
 
Akiyoshi Uezumi   Madoka Ikemoto-Uezumi   Heying Zhou   Tamaki Kurosawa   Yuki Yoshimoto   Masashi Nakatani   Keisuke Hitachi   Hisateru Yamaguchi   Shuji Wakatsuki   Toshiyuki Araki   Mitsuhiro Morita   Harumoto Yamada   Masashi Toyoda   Nobuo Kanazawa   Tatsu Nakazawa   Jun Hino   So-ichiro Fukada   Kunihiro Tsuchida   
Journal of Clinical Investigation   10.1172/JCI1396172020年12月   [査読有り]
 
Naoko Uga   Masashi Nakatani   Aya Yoshimura   Kanako Kumamoto   Kunihiro Tsuchida   Shizuko Nagao   Tomonori Tsuchiya   Yasuhiro Kondo   Atsuki Naoe   Shunsuke Watanabe   Toshihiro Yasui   Fujio Hara   Tatsuya Suzuki   
Fujita Medical Journal   Advanced Publication by J-STAGE 2020年10月   [査読有り]
 
Akiko Hashiguchi   Koji Okabayashi   Hisateru Yamaguchi   Kunihiro Tsuchida   Keisuke Hitachi   Hiroko Isoda   
Journal of medicinal food   2020年7月   [査読有り]
Mung bean (Vigna radiata) is an immunomodulatory medicinal plant, which is recognized as a component of a traditional postpartum diet. The liver plays a crucial role in fatty acid synthesis under the control of various hormones that are affected b...

MISC

 
 
土田 邦博   
Medical Science Digest   46(9) 579-5812020年8月   
生体最重量器官である骨格筋は、筋原性筋萎縮、運動ニューロン変性による神経原性筋萎縮、慢性炎症、がん悪液質で萎縮する。骨格筋の体性幹細胞は筋衛星細胞である。筋線維間の間質に存在する間葉系細胞は筋分化はしないが筋分化を支持している。MyoD、マイオジェニン(Myog)、Myf5、MRF4といったヘリックス・ループ・ヘリックス(HLH)型転写因子の巧妙な作用により筋最終分化と筋形成を担っている。神経遮断による筋萎縮時にも、Myogの発現が誘導され、筋タンパク分解と筋萎縮に寄与している。近年、mi...
 
上田 洋司   土田 邦博   
生化学   91(4) 514-5182019年8月   
エクソソームを介した疾患増悪蛋白質の伝播は、様々な疾患に関与している。エクソソームに輸送される一連の蛋白質も、リン酸化やアセチル化、ユビキチン化、脂質修飾などの様々な翻訳後修飾が付加される。ユビキチンと相同な配列を持つ蛋白質もまた翻訳後修飾因子として作用し、標的分子の輸送、機能活性調節、分解などに関与している。ユビキチン様蛋白質であるSUMO、ISG15、UBL3によるエクソソームへの制御機構について、近年の知見を含めて紹介した。
 
土田 邦博   
肥満研究   23(Suppl.) 148-1482017年9月   
 
上住 聡芳   上住 円   深田 宗一朗   中谷 直史   土田 邦博   
基礎老化研究   41(Suppl.) 95-952017年6月   
 
上住 聡芳   上住 円   深田 宗一朗   中谷 直史   土田 邦博   
日本老年医学会雑誌   54(Suppl.) 14-142017年5月   

書籍等出版物

 
 
Keisuke Hitachi, Kunihiro Tsuchida(担当:分担執筆)
The Chemical Biology of Long Noncoding RNAs. RNA Technologies, vol 11. Springer, Cham.ISBN 9783030447427      2020年10月   
 
鈴木秀典総編集(担当:分担執筆, 範囲:作用メカニズムとドーピング 筋肥大阻害(ミオスタチン等)の抑制薬)
中山書店      2020年2月   
 
Kunihiro Tsuchida, Keisuke Hitachi, Masashi Nakatani, Akiyoshi Uezumi, Hiroshi Ageta(担当:分担執筆)
Myostatin: Structure, Role in Muscle Development and Health Implications. Nova Science publishers      2016年   
 
Murakami T, Nakatani M, Kokubo M, Nakatsuji H, Inada M, Imahori H, Yudasaka M, Iijima S, Tsuchida K(担当:分担執筆)
   2013年      
 
Tsuchida K, Ageta H
Elsevier      2011年3月      

講演・口頭発表等

 
 
複数の骨格筋萎縮モデルを用いた新規長鎖非コードRNAの発現変化の解析
常陸 圭介   土田 邦博   
日本筋学会学術集会プログラム・抄録集   2020年12月   日本筋学会   
 
糖鎖多様性から老化を読み解く 骨格筋老化における間質の間葉系前駆細胞の役割
上住 聡芳   上住 円   板倉 陽子   深田 宗一朗   土田 邦博   
第93回日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   2020年9月   (公社)日本生化学会   
 
オルガネロスタシス-オルガネラの恒常性とその破綻 新たなユビキチン関連分子による翻訳後修飾とエクソソーム分泌経路に関与する細胞内オルガネロスタシスの解析
土田 邦博   上田 洋司   
第93回日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   2020年9月   (公社)日本生化学会   
 
グルカゴン・インクレチン研究Up to Date グルカゴン・インクレチンの筋作用
清野 祐介   中谷 直史   酒井 志保美   高橋 侑也   矢部 大介   土田 邦博   林 良敬   山田 祐一郎   鈴木 敦詞   
第63回日本糖尿病学会   2020年8月   (一社)日本糖尿病学会   
 
間質の間葉系前駆細胞が司る筋組織恒常性維持機構
上住聡芳   上住円   深田宗一朗   日野純   土田邦博   
第93回日本薬理学会年会   2020年3月18日   

担当経験のある科目(授業)

 
2020年4月
 - 
現在
医学修士 (藤田医科大学)
2013年4月
 - 
現在
Human Biology (藤田保健衛生大学, 藤田医科大学)
2007年4月
 - 
現在
医療科学部卒論研究 (藤田医科大学)
2009年4月
 - 
2010年3月
基礎医学特論 (名古屋大学大学院医学研究科)
2007年6月
 - 
2009年9月
医学工学特論 (名古屋工業大学)

所属学協会

 
 
   
 
日本サルコペニア・フレイル研究会
 
   
 
World Muscle Society
 
   
 
The Endocrine Society
 
   
 
日本再生医療学会
 
   
 
日本神経科学学会

学歴

 
1988年4月
 - 
1992年3月
京都大学 大学院医学研究科 
 
1982年4月
 - 
1988年3月
京都大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
2020年1月
 - 
現在
Endocrinology  Editorial Board
 
2019年2月
 - 
現在
International J. Molecular Sciences, Biochemistry section  Editorial Board
 
2018年4月
 - 
現在
TCR (Translational Cancer Research)  Editorial Board
 
2012年
 - 
現在
Endocrine Society  ad hoc reviewer
 
2011年12月
 - 
2013年12月
日本学術振興会  科学研究費委員会専門委員
 

その他

 
 
    
 
 
    
 

教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)