メニュー/MENU

お知らせ・マニュアル全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター研究統括監理部
> 医学部> 基礎> 法医学 

医学部 法医学

研究者リスト >> 越智 拓
 

最終確認日時:2016/09/08 17:31

編集

越智 拓

 
アバター
研究者氏名越智 拓
 
オチ ヒロシ
URL
所属藤田医科大学
部署医学部 医学科 法医学
職名助教
学位修士(医科学)
J-Global ID201501020640995820

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 法医学 / 

論文

 
 
杉本 香奈   岡村 航   越智 拓   山本 琢磨   中間 健太郎   飯野 守男   栗生 由季子   望月 薫   浅井 律子   的場 梁次   
日本法医学雑誌   64(1) 66-66   2010年5月
 
越智 拓   磯部 一郎   杉本 香奈   宮地 章高   中留 真人   的場 梁次   
日本法医学雑誌   61(1) 75-75   2007年3月

MISC

 
 
Kana Sugimoto   Ko Okamura   Hidekazu Tanaka   Seiji Takashima   Hiroshi Ochi   Takuma Yamamoto   Ryoji Matoba   
BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   390(4) 1214-1220   2009年12月   
Methamphetamine induces several cardiac dysfunctions, which leads to arrhythmia, cardiac failure and sudden cardiac death. Although these cardiac alterations elicited by methamphetamine were thought to be due to an indirect action of methamphetami...
 
Georgi Tarnovski   Takeshi Hayashi   Kazuo Igarashi   Hiroshi Ochi   Ryoji Matoba   
FORENSIC SCIENCE INTERNATIONAL   188(1-3) E7-E9   2009年7月   
GC-FID is the method of choice for alcohol screening and quantitative analysis in modern forensic medical practice. Although specific enough for routine use, some results could be misleading. In the current article we present a case of sexual asph...
 
Hisanaga Kuroki   Kana Sugimoto   Kentaro Nakama   Takuma Yamamoto   Dan Takeuchi   Hiroshi Ochi   Mayumi Kataoka   Yoshihide Tamura   Masaki Tsujino   Yoichi Mitsukuni   Ryoji Matoba   
Legal Medicine   11(1) S372-S375   2009年4月   
To enhance the quality and safety of medical care, the Ministry of Health, Labor and Welfare (MHLW) launched a model project in September 2005 for investigation and analysis of medical practice associated deaths in an attempt to move the existing ...
 
Kaori Mochizuki   Hiroshi Ochi   Yoshiaki Ogura   Morio Iino   Hisanaga Kuroki   Ryoji Matoba   
Legal Medicine   11(1) S518-S519   2009年4月   
A 59-year-old man was carried to the hospital by three men. The deceased was unconscious at admission and his face was severely swollen with many subcutaneous hemorrhages and extensive edema. His death was confirmed 17 min after resuscitation. A j...

書籍等出版物

 
 
深山, 船田, 黒田
文光堂   2012年      
 
医歯薬出版   2011年      

講演・口頭発表等

 
 
培養ラットグリオーマ細胞における内因性カンナビノイドシステム関連遺伝子の発現に対する血清刺激の影響
越智拓   平田ゆかり   濱島誠   中留真人   磯部一郎   
第97次日本法医学会学術全国集会   2013年   
 
HCFC-22吸入による死亡症例
越智拓   平田ゆかり   濱島誠   中留真人   磯部一郎   
第38回日本医用マススペクトル学会年会   2013年   
 
被虐待児の前胸部打撲による急性心機能不全死
磯部一郎   濱島誠   越智拓   平田ゆかり   中留真人   
第35回日本法医学会学術中部地方会集会   2013年   
 
生前パノラマレントゲン写真と死後CTパノラマ画像を利用した歯科個人識別認証システムの一試案
藤本秀子   飯野守男   榎本祐子   吉田原規   山本琢磨   中間健太郎   越智拓   泉政徳   栗生由季子   的場梁次   
第9回オートプシー・イメージング学会学術総会   2012年   
 
肺動脈血栓塞栓症による母児死亡例~死後造影の試み~
吉田原規   飯野守男   栗生由季子   山本琢磨   榎本祐子   浅井律子   望月薫   石原欽也   越智拓   的場梁次   
第9回オートプシー・イメージング学会学術総会   2012年   

所属学協会

 
 
   
 
日本神経化学会
 
   
 
日本法医学会
 
   
 
日本医用マススペクトル学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
内因性カンナビノイドシステムを介したドーパミンシグナリング調節機構の解明
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
越智拓 
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月
 
ドーパミンシグナリングと内因性カンナビノイドシステムの関連性の検討
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
越智拓 
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月

教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)