メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター
教員検索医学部>脳神経内科学
 

医学部 脳神経内科学

研究者リスト >> 島さゆり
 

最終確認日時:2019/09/17 11:21

編集

島さゆり

 
アバター
研究者氏名島さゆり
 
シマサユリ
所属藤田医科大学
部署医学部 医学科 脳神経内科学
職名講師
学位博士(医学)(藤田保健衛生大学)

論文

 
Anti-neutral glycolipids antibody-positive combined central and peripheral demyelination mimicking encephalomyeloradiculoneuropathy phenotype.
Saito K, Toru S, Shima S, Mutoh T.
Clin Neurol Neurosurg   172 90-92   2018年9月   [査読有り]
Ueda A, Shima S, Murate K, Kikuchi K, Nagao R, Maeda T, Muto E, Niimi Y, Mizutani Y, Mutoh T.
Mol Cell Neurosci.   89(42) 48   2018年6月   [査読有り]
Hayashi T, Nukui T, Takashima S, Nakatsuji Y, Shima S, Mutoh T.
Rinsho Shinkeigaku   58(528) 297-301   2018年5月   [査読有り]
A Patient With Encephalomyeloradiculoneuropathy Exhibiting a Relapsing-Remitting Clinical Course: Correlation of Serum and Cerebrospinal Fluid Anti-Neutral Glycosphingolipids Antibodies With Clinical Relapse.
Nanaura H, Kataoka H, Shima S, Iwasa N, Eura N, Sugie K, Mutoh T, Ueno S
Front Neurol.   4(9)    2018年4月   [査読有り]
Changes in Serial D-Dimer Levels Predict the Prognoses of Trousseau's Syndrome Patients.
Ito S, Kikuchi K, Ueda A, Nagao R, Maeda T, Murate K, Shima S, Mizutani Y, Niimi Y, Mutoh T
Front Neurol.   9(528)    2018年1月   [査読有り]
Absence of serum anti-NMDAR antibodies in anti-NMDAR encephalitis mother predicts having healthy newborn.
Ueda A, Nagao R, Maeda T, Kikuchi K, Murate K, Niimi Y, Shima S, Mutoh T.
Clin Neurol Neurosurg   161 14-16   2017年7月   [査読有り]
Niimi Y, Ito S, Murate K, Hirota S, Hikichi C, Ishikawa T, Maeda T, Nagao R, Shima S, Mizutani Y, Ueda A, Mutoh T
Journal of the neurological sciences   377 174-178   2017年6月   [査読有り]
Ishikawa T, Asakura K, Mizutani Y, Ueda A, Murate KI, Hikichi C, Shima S, Kizawa M, Komori M, Murayama K, Toyama H, Ito S, Mutoh T
Muscle & nerve   55(4) 483-489   2017年4月   [査読有り]
Ito S, Ueda A, Murate K, Hirota S, Fukui T, Ishikawa T, Shima S, Hikichi C, Mizutani Y, Kizawa M, Asakura K, Mutoh T
Journal of the neurological sciences   368 344-348   2016年9月   [査読有り]
Takeuchi Y, Ochiai J, Ueda M, Mabuchi C, Shima S, Mutoh T.
Neurol Clin Neurosci   4 70-72   2016年   [査読有り]

Misc

 
亜急性軸索型ニューロパチー症例に認められた抗Trk抗体の意義
廣田政古, 植田晃広, 稲熊容子, 島さゆり, 恵美宣彦, 武藤多津郎
末梢神経   25(1) 100-106   2014年   [査読有り]
石川等真, 植田晃広, 新美芳樹, 引地智加, 河村直樹, 島さゆり, 宮下忠行, 伊藤信二, 朝倉邦彦, 武藤多津郎
脳卒中   35(4) 306-311   2013年   [査読有り]
脳卒中初期診療における教育コース開催による多職種連携の効果について(解説)
井水秀栄,加藤庸子,森田功,伊藤圭介,島さゆり,清水康裕,佐野公俊, 廣瀬雄一, 鈴木伸行,奥寺敬, 毛受淳一
Neurosurgical Emergency   15(2) 109-115   2011年   [査読有り]
単純ヘルペス脳炎後に広汎な大脳皮質病変をきたした1例
島さゆり,木澤真努香,宮下忠行,朝倉邦彦,武藤多津郎
神経治療学   27(4) 567-572   2010年   [査読有り]
武藤 多津郎, 河村 直樹, 島 さゆり
生体の科学   60(3) 222-227   2009年5月
武藤多津郎,河村直樹,島さゆり,植田晃広,三原貴照,朝倉邦彦
生体の科学   60(3) 222-227   2009年   [査読有り]
結核性髄膜脳炎との鑑別に苦労したヒトヘルペスウイルス7(HHV-7)髄膜脳炎の一例
三原貴照, 植田晃広, 上田真努香, 島さゆり, 朝倉邦彦, 吉川哲史, 浅野喜造, 武藤多津郎
NEUROINFECTION   14(2) 186   2009年   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
CIDP患者末梢神経組織の画像化と定量の試み
武藤多津郎、石川等真、植田晃広、島さゆり、村手健一郎、伊藤信二.
平成28年度免疫性ニューロパチー班班会議   2017年   
Clioquinolの神経系細胞に及ぼす影響の解明
武藤多津郎、村手健一郎、新美芳樹、水谷泰彰、島さゆり、植田晃広、伊藤信二.
平成28年度スモンに関する調査研究班班会議   2017年   
視神経炎を合併した抗NMDA受容体(NMDAR)脳炎の1例
廣田政古、伊藤信二、植田晃広、長尾龍之介、前田利樹、村手健一郎、引地智加、石川等真、島さゆり、新美芳樹、武藤多津郎.
第147回日本神経学会東海北陸地方会   2017年   
変動する意識障害が診断の契機となった門脈-大循環シャントの1例
菊池洸一, 村手健一郎, 植田晃広, 長尾龍之介, 前田利樹, 廣田政古, 石川等真, 新美芳樹, 水谷泰彰, 島さゆり, 伊藤信二, 武藤多津郎.
第114回日本内科学会東海地方会   2017年   
著明な精神症状で入院し皮膚炎を欠いたペラグラ脳症の1例
長尾龍之介, 植田晃広, 村手健一郎, 引地智加, 石川等真, 島さゆり, 水谷泰彰, 伊藤信二, 朝倉邦彦, 武藤多津郎
第228回 内科学会東海地方会   2016年