メニュー/MENU

お知らせ・マニュアル全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部研究推進本部サージカルトレーニングセンター
> 医学部> 外科系> 脳神経外科学 

医学部 脳神経外科学

研究者リスト >> 安達 一英
 

最終確認日時:

編集

安達 一英

 
アバター
研究者氏名安達 一英
 
アダチ カズヒデ
URL
所属藤田医科大学
部署医学部 医学科 脳神経外科学
職名准教授
学位博士(医学)(慶応義塾大学大学院 医学研究科)
J-Global ID201501013903589737

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 脳神経外科学 / 

受賞

 
2019年6月
日本頭蓋底外科学会, 第31回日本頭蓋底外科学会 優秀論文賞
安達一英 
 
2018年9月
日本脳腫瘍の外科学会, 第23回日本脳腫瘍の外科学会 会長賞
安達一英 
 
2017年9月
日本脳腫瘍の外科学会, 第22回日本脳腫瘍の外科学会 学会賞(神野賞)
安達一英 
 
2016年6月
International Congress of the World Federation of Skull base Societies, International Congress of the World Federation of Skull base Societies. Excellent Postar Award
安達一英 
 
2012年4月
日本脳神経外科学会中部支部学術集会, 日本脳神経外科学会中部支部学術集会 優秀論文賞
安達一英 
 

論文

 
 
Kei Yamashiro   Akira Wakako   Tatsuo Omi   Kazuhiro Murayama   Daijiro Kojima   Jun Muto   Kazuhide Adachi   Mitsuhiro Hasegawa   Yuichi Hirose   
Acta Neurochirurgica      2022年8月
 
Jun Muto   Yutaka Mine   Yuya Nishiyama   Kazuhiro Murayama   Seiji Yamada   Daijiro Kojima   Motoharu Hayakawa   Kazuhide Adachi   Mitsuhiro Hasegawa   John Y. K. Lee   Yuichi Hirose   
Frontiers in Neuroscience   16    2022年5月
Meningiomas are a common pathology in the central nervous system requiring complete surgical resection. However, in cases of recurrence and post-irradiation, accurate identification of tumor remnants and a dural tail under bright light remains cha...
 
Eiji Fujiwara   Kazuhide Adachi   Shinichiro Tateyama   Mitsuhiro Hasegawa   Yuichi Hirose   
Neurologia medico-chirurgica   61(10) 591-597   2021年10月   [査読有り]
Schwannomas of the trochlear nerve are relatively rare, and most patients present with preoperative diplopia because of trochlear nerve palsy. We describe the case of a 61-year-old male patient with a trochlear nerve schwannoma and no pre- and pos...
 
Kazuhide Adachi   Kazuhiro Murayama   Motoharu Hayakawa   Mitsuhiro Hasegawa   Jun Muto   Yuya Nishiyama   Shigeo Ohba   Yuichi Hirose   
Neurosurgical review   44(5) 2629-2638   2021年10月   [査読有り]
Digital subtraction angiography (DSA) assesses the necessity of preoperative embolization in meningioma cases but entails complication risks. Previous studies evaluating meningiomas' angiographic vascularity using perfusion-weighted imaging (PWI) ...
 
Kei Yamashiro   Jun Muto   Akira Wakako   Kazuhiro Murayama   Daijiro Kojima   Tatsuo Omi   Kazuhide Adachi   Mitsuhiro Hasegawa   Yuichi Hirose   
Acta neurochirurgica   163(6) 1687-1696   2021年6月
BACKGROUND: Although it is known that diploic veins frequently communicate with the dural venous sinuses, the role of diploic veins in patients with venous sinus invasion from meningiomas remains unknown. METHODS: We retrospectively examined the m...

MISC

 
 
安達一英   
脳神経外科速報   32(3) 357-364   2022年5月   
 
安達一英   
Clinical Neuroscience   39(4) 486-490   2021年4月   [招待有り]
 
武藤淳   楯谷一郎   吉岡哲志   上甲眞宏   西山悠也   安達一英   井上辰志   加藤久幸   長谷川光広   廣瀬雄一   
日本神経内視鏡学会プログラム・抄録集   28th    2021年
 
武藤淳   楯谷一郎   吉岡哲志   上甲眞宏   西山悠也   安達一英   井上辰志   加藤久幸   長谷川光広   廣瀬雄一   
日本脳腫瘍の外科学会プログラム・抄録集   26th    2021年
 
安達一英   長谷川光広   山城慧   廣瀬雄一   
日本脳腫瘍の外科学会プログラム・抄録集   26th    2021年

講演・口頭発表等

 
 
 
 
安達一英   長谷川光広   山城慧   廣瀬雄一   
第33回日本頭蓋底外科学会   2021年7月1日   
 
安達一英   村山和宏   早川基治   長谷川光広   西山悠也   武藤淳   大場茂生   定籐章代   廣瀬雄一   
第36回日本脳神経血管内治療学会学術総会   2020年11月19日   
 
安達一英   村山和宏   早川基治   長谷川光広   西山悠也   武藤淳   大場茂生   定籐章代   廣瀬雄一   
第32回日本頭蓋底外科学会   2020年10月26日   

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
マイクロミニピッグの脳室下帯におけるneurogenesisの検討
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
安達 一英 金子 奈穂子 廣瀬 雄一 澤本 和延 
研究期間: 2020年4月 - 2023年3月
 
神経膠腫の薬剤感受性獲得機構の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
廣瀬 雄一 安達 一英 佐々木 光 大場 茂生 
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月
 
グリオーマに対するテモゾロミド耐性獲得の機序並びに化学療法剤増感法の検討
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究(B)
安達 一英 
研究期間: 2011年 - 2013年