メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター
> 医学部> 外科系> 脳神経外科学 

医学部 脳神経外科学

研究者リスト >> 安達 一英
 

最終確認日時:

編集

安達 一英

 
アバター
研究者氏名安達 一英
 
アダチ カズヒデ
所属藤田医科大学
部署医学部 医学科 脳神経外科学
職名准教授
学位博士(医学)(慶応義塾大学大学院 医学研究科)
J-Global ID201501013903589737

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 脳神経外科学 / 

受賞

 
2019年6月
日本頭蓋底外科学会, 第31回日本頭蓋底外科学会 優秀論文賞
安達一英 
 
2018年9月
日本脳腫瘍の外科学会, 第23回日本脳腫瘍の外科学会 会長賞
安達一英 
 
2017年9月
日本脳腫瘍の外科学会, 第22回日本脳腫瘍の外科学会 学会賞(神野賞)
安達一英 
 
2016年6月
International Congress of the World Federation of Skull base Societies, International Congress of the World Federation of Skull base Societies. Excellent Postar Award
安達一英 
 
2012年4月
日本脳神経外科学会中部支部学術集会, 日本脳神経外科学会中部支部学術集会 優秀論文賞
安達一英 
 

論文

 
 
Shigeo Ohba   Kazuhiro Murayama   Kiyonori Kuwahara   Eriel Sandika Pareira   Shunsuke Nakae   Yuya Nishiyama   Kazuhide Adachi   Seiji Yamada   Hikaru Sasaki   Naoki Yamamoto   Masato Abe   Joydeep Mukherjee   Mitsuhiro Hasegawa   Russell O Pieper   Yuichi Hirose   
Neurosurgery   87(2) 408-4172020年8月   [査読有り]
BACKGROUND: The extent of resection has been reported to be associated with overall survival in gliomas. The use of 5-aminolevulinic acid (5-ALA) has been recognized to increase the extent of tumor resection. OBJECTIVE: To evaluate what factors af...
 
Kazuhide Adachi   Mituhiro Hasegawa   Yuichi Hirose   
Neurosurgical review   2020年5月   [査読有り]
The trigeminal nerve is often displaced by petroclival meningioma (PCM) compression, making it difficult to locate during PCM surgery. This study investigated whether the deviated position of the trigeminal nerve could be easily predicted using th...
 
Ohba S   Murayama K   Nishiyama Y   Adachi K   Yamada S   Abe M   Hasegawa M   Hirose Y   
World neurosurgery   130 e383-e3922019年10月   [査読有り]
 
Adachi K   Hasegawa M   Hayakawa M   Tateyama S   Hirose Y   
World neurosurgery   122 e20-e312019年2月   [査読有り]
 
Sadato A   Hayakawa M   Adachi K   Hirose Y   
Asian journal of neurosurgery   13(3) 619-6252018年7月   [査読有り]

MISC

 
 
大場 茂生   中江 俊介   西山 悠也   安達 一英   長谷川 光広   佐々木 光   安倍 雅人   廣瀬 雄一   
Brain Tumor Pathology   34(Suppl.) 096-0962017年5月   
 
Joji Inamasu   Teppei Tanaka   Akiyo Sadato   Motoharu Hayakawa   Kazuhide Adachi   Takuro Hayashi   Yoko Kato   Yuichi Hirose   
GERIATRICS & GERONTOLOGY INTERNATIONAL   14(4) 858-8632014年10月   
AimTherapeutic intervention to repair unruptured aneurysms (UA) has not been strongly recommended for the elderly, because of their limited life expectancy and low annual bleeding rate. However, physically and mentally healthy older adults with se...
 
中江 俊介   服部 夏樹   佐々木 光   西山 悠也   安達 一英   長久 伸也   林 拓郎   安倍 雅人   長谷川 光広   廣瀬 雄一   
Brain Tumor Pathology   31(Suppl.) 106-1062014年5月   
 
Yuya Nishiyama   Hikaru Sasaki   Shinya Nagahisa   Kazihide Adachi   Takuro Hayashi   Koichiro Yoshida   Tsukasa Kawase   Natsuki Hattori   Kazuhiro Murayama   Masato Abe   Mitsuhiro Hasegawa   Yuichi Hirose   
NEUROSURGICAL REVIEW   37(2) 291-2992014年4月   
 
安達一英   長谷川光広   
脳神経外科速報   24(2) 2014年   

講演・口頭発表等

 
 
髄膜腫におけるDynamic Susceptibility Contrast-Enhanced Perfusion-Weighted Imagingを用いたAngiographic vascularityの検討=術前塞栓術の指標になりうるか=
安達一英   村山和宏   早川基治   長谷川光広   西山悠也   武藤淳   大場茂生   定籐章代   廣瀬雄一   
第36回日本脳神経血管内治療学会学術総会   2020年11月19日   
 
髄膜腫における Dynamic Susceptibility Contrast-Enhanced Perfusion-Weighted Imagingを用いた Angiographic vascularityの検討=術前塞栓術の指標になりうるか=
安達一英   村山和宏   早川基治   長谷川光広   西山悠也   武藤淳   大場茂生   定籐章代   廣瀬雄一   
第32回日本頭蓋底外科学会   2020年10月26日   
 
蝶形骨縁髄膜腫の手術
安達一英   
日本脳神経外科学会総会第79回学術総会   2020年10月16日   
 
頭蓋底髄膜腫に対するAnterior transpetrosal approachを使用した治療戦略
安達一英   長谷川光広   廣瀬雄一   
日本脳神経外科学会総会第79回学術総会   2020年10月15日   
 
髄膜腫における Dynamic Susceptibility Contrast-Enhanced Perfusion-Weighted Imagingを用いた Angiographic vascularityの検討=術前塞栓術の指標になりうるか=
安達一英   村山和宏   早川基治   長谷川光広   西山悠也   武藤淳   大場茂生   定籐章代   廣瀬雄一   
第25回日本脳腫瘍の外科学会   2020年9月11日