メニュー/MENU

お知らせ・マニュアル全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部研究推進本部サージカルトレーニングセンター
> 医学部> 外科系> リハビリテーション医学Ⅰ 

医学部 リハビリテーション医学Ⅰ

研究者リスト >> 向野 雅彦
 

最終確認日時:

編集

向野 雅彦

 
アバター
研究者氏名向野 雅彦
 
ムカイノ マサヒコ
URL
所属北海道大学病院
部署リハビリテーション科
職名教授
学位博士(医学)
J-Global ID201501018884719081

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 生体医工学 / 身体計測、ロボット
  • ライフサイエンス / リハビリテーション科学 / 

経歴

 
2022年8月
 - 
現在
北海道大学病院 リハビリテーション科 教授 
 
2014年4月
 - 
2022年7月
藤田医科大学 医学部医学科リハビリテーション医学I講座  
 

委員歴

 
2022年6月
 - 
現在
国際リハビリテーション医学会  ClinFIT (臨床生活機能評価ツール) 委員会 共同委員長
 
2021年4月
 - 
現在
厚生労働省  社会保障審議会統計分科会生活機能分類専門委員会 委員
 
2021年4月
 - 
現在
WHO国際分類日本協力センター  生活機能グループ 投票委員
 
2016年6月
 - 
2022年5月
国際リハビリテーション医学会  WHO連携委員会 ICF普及分科会 委員長
 
2019年4月
 - 
2021年3月
厚生労働省  社会保障審議会統計分科会生活機能分類専門委員会生活機能分類普及推進ワーキンググループ 座長
 

論文

 
 
Masahiko Mukaino   Takayuki Ogasawara   Hirotaka Matsuura   Yasushi Aoshima   Takuya Suzuki   Shotaro Furuzawa   Masumi Yamaguchi   Hiroshi Nakashima   Eiichi Saitoh   Shingo Tsukada   Yohei Otaka   
BMC Sports Science, Medicine and Rehabilitation   14(1)    2022年12月
Abstract

Background

Recent advancements in wearable technology have enabled easy measurement of daily activities, potentially applicable in rehabilitation practice for various purposes such as maintaining and increasing patients’ activity leve...
 
Kenta Fujimura   Masahiko Mukaino   Shota Itoh   Haruna Miwa   Ryoka Itoh   Daisuke Narukawa   Hiroki Tanikawa   Yoshikiyo Kanada   Eiichi Saitoh   Yohei Otaka   
Frontiers in neurology   13 854125-854125   2022年
Background: Spasticity is defined as a velocity-dependent increase in tonic stretch reflexes and is manually assessed in clinical practice. However, the best method for the clinical assessment of spasticity has not been objectively described. This...
 
Tsuyoshi Tatemoto   Masahiko Mukaino   Nobuhiro Kumazawa   Shigeo Tanabe   Koji Mizutani   Masaki Katoh   Eiichi Saitoh   Yohei Otaka   
Disability and rehabilitation. Assistive technology   1-8   2021年12月
PURPOSE: This report presents two cases of successful telerehabilitation delivery for patients quarantined due to COVID-19. One of the patients did not speak the therapists' language, whereas the other presented complete deafness. MATERIALS AND ME...
 
Kazuhiro Tsuchiyama   Masahiko Mukaino   Kei Ohtsuka   Fumihiro Matsuda   Hiroki Tanikawa   Junya Yamada   Kannit Pongpipatpaiboon   Yoshikiyo Kanada   Eiichi Saitoh   Yohei Otaka   
European journal of physical and rehabilitation medicine      2021年9月
BACKGROUND: Ankle-foot orthoses are used to improve gait stability in patients with post-stroke gait; however, there is not enough evidence to support their beneficial impact on gait stability. AIM: To investigate the effects of ankle-foot orthose...
 
Yuki Senju   Masahiko Mukaino   Birgit Prodinger   Melissa Selb   Yuki Okouchi   Kouji Mizutani   Megumi Suzuki   Shin Yamada   Shin-Ichi Izumi   Shigeru Sonoda   Yohei Otaka   Eiichi Saitoh   Gerold Stucki   
BMC medical research methodology   21(1) 121-121   2021年6月
BACKGROUND: The International Classification of Functioning, Disability, and Health (ICF) Generic-30 (Rehabilitation) Set is a tool used to assess the functioning of a clinical population in rehabilitation. The ICF Generic-30 consists of nine ICF ...

MISC

 
 
小笠原隆行   向野雅彦   大高洋平   山口真澄   才藤栄一   塚田信吾   
情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)   2021(1)    2021年
 
和田義敬   向野雅彦   小笠原隆行   松田文浩   才藤栄一   大高洋平   
Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   58(Autumn)    2021年
 
松浦広昂   松浦広昂   向野雅彦   鈴木卓弥   小笠原隆行   和田勇治   青柳陽一郎   青柳陽一郎   大高洋平   
Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   58(Autumn)    2021年
 
小笠原隆行   田中健太郎   向野雅彦   大高洋平   山口真澄   才藤栄一   塚田信吾   
人工知能学会全国大会(Web)   35th    2021年
 
古澤章太郎   向野雅彦   小笠原隆行   鈴木卓弥   山田ゆりえ   犬飼絢香   松田文浩   塚田信吾   中島寛   加藤正樹   松浦広昂   才藤栄一   大高洋平   
Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   57(Autumn)    2020年

書籍等出版物

 
 
田川, 皓一, 橋本, 洋一郎, 稲富, 雄一郎(範囲:脳卒中リハビリテーションの基本的な考え方)
西村書店   2019年2月   (ISBN:9784890134939)
 
椿原, 彰夫, 才藤, 栄一, 出江, 紳一, 道免, 和久, 千野, 直一(範囲:再生医療とリハビリテーション医学)
金原出版   2017年7月   (ISBN:9784307750523)
 
伊藤 利之, 赤居 正美(範囲:車椅子)
医学書院   2014年      
 
松島綱治, 西脇徹(範囲:Ⅱ再生医学・B体性幹細胞と組織修復・1脳神経)
朝倉書店   2009年      
 
西本, 憲弘, 平野, 俊夫(範囲:脊髄損傷)
メディカルレビュー社   2007年4月   (ISBN:9784779200984)

講演・口頭発表等

 
 
向野 雅彦   
第58回日本リハビリテーション医学会学術集会   [招待有り]
 
向野 雅彦   
第57回日本リハビリテーション医学会学術集会   
 
向野 雅彦   
第56回日本リハビリテーション医学会学術集会   [招待有り]
 
向野 雅彦   
日・WHOフォーラム2018   2018年11月18日   [招待有り]
 
向野 雅彦   
第34回日本義肢装具学会学術大会   [招待有り]

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
 
 
包括的なバランス機能障害評価および介入効果のモニタリングシステムの開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 新学術領域研究(研究領域提案型)
向野 雅彦 
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月

作成した教科書、教材、参考書