メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター
> 保健衛生学部> 看護学科 

保健衛生学部 看護学科

研究者リスト >> 近藤 千春
 

最終確認日時:

編集

近藤 千春

 
アバター
研究者氏名近藤 千春
 
 
所属藤田保健衛生大学
部署医療科学部 看護学科 精神看護学
職名准教授
学位体育学修士(健康教育学専攻)(筑波大学大学院)
J-Global ID201501017404478555

プロフィール

1980年3月 日本バプテスト看護専門学校卒業
1989年3月 愛知大学法経学部法学科卒業
2000年3月 筑波大学修士課程 体育研究科 健康教育学専攻 終了
研究テーマ:薬物依存症回復の関連要因
2000年4月 飯田女子短期大学 助手 精神看護学
2002年4月大分大学医学部 看護学科 講師 精神看護学
2005年4月より現職 藤田医科大学 看護学科 准教授 精神看護学
2002年4月~2007年3月、国立精神・神経センター 精神保健研究所 客員研究員(薬物依存)
【社会活動】
1991年頃より 薬物依存症者の回復支援活動として、愛知県内外にあるダルクの支援に関わる
2009年10月~2012年3月 長野県薬物依存症対策推進会議委員
2013年4月~2014年3月 愛知県精神保健福祉センターSMARPPプロジェクトの助言者
2014年4月~愛知県依存症当事者回復支援事業のスーパーバイザー(現在に至る)

研究キーワード

 
Spiritual Recovery ,自助グループ ,薬物依存

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 医療管理学、医療系社会学 / 健康教育・保健行動

経歴

 
2005年4月
 - 
現在
藤田医科大学 保健衛生学部 准教授, 
 

学歴

 
2017年4月
 - 
現在
筑波大学大学院 人間総合科学研究科 看護科学研究科 博士後期課程
 
1998年4月
 - 
2000年3月
筑波大学大学院 体育研究科 修士課程 健康教育学
 
1985年4月
 - 
1989年3月
愛知大学 法経学部 法学科
 
 
   
 
日本バプテスト看護専門学校  
 

委員歴

 

受賞

 

論文

 
 
近藤千春   高野歩   松本俊彦   
日本アルコール・薬物医学会雑誌   50(2) 66-87   2015年4月   [査読有り]
 
近藤千春   高野歩   松本俊彦   
病院・地域精神医学   57(1) 64-66   2014年10月   [査読有り]

MISC

 

書籍等出版物

 
 
編集, 精神科治療学, 編集委員会(担当:単著, 範囲:第Ⅲ部 薬物使用障害 薬物使用障害からの回復-ダルクでの観察- p255頁-258頁)
星和書店      2013年      
 
松下年子, 日下修一監修(担当:単著, 範囲:第Ⅳ章アディクション看護の実際 ダルクと看護の連携)
メヂカルフレンド社      2011年      

講演・口頭発表等

 
 
心の病を持つ人の家族が心がけること
近藤千春   
一宮保健所「心の病を持つ方の家族のための研修会」   2016年3月10日   一宮保健所   
 
一般精神科病院における依存症患者への認知行動療法の導入の有効性
近藤千春   池戸悦子   竹内祥喜   松本俊彦   
平成27年度 アルコール・薬物依存関連学会合同学術総会   2015年10月13日   日本アルコール・薬物医学会   
 
刑の「一部執行猶予制度」を視野に入れた当事者活動との連携による取り組み
近藤千春   
平成27年度アルコール・薬物依存関連学会合同学術総会   2015年10月12日   
 
薬物・アルコール依存症者への認知行動療法を取り組むにあたっての看護職者の課題
近藤千春   高野歩   
第12回日本アディクション看護学会   2013年   
 
「アルコール依存症の治療グループの構成要員に関する研究-SMARPPの実施による集団凝集性とその効果-」
近藤千春   
藤田医学会   2013年   

担当経験のある科目(授業)

 

所属学協会

 

Works(作品等)

 

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
SMARPPの実践における課題の明確化に基づく実践ガイドの画策に向けて
文部科学省: 科学研究補助金 基盤研究C
近藤千春 
研究期間: 2012年4月 - 2016年3月

産業財産権

 

学術貢献活動

 

社会貢献活動

 

メディア報道

 

その他

 

作成した教科書、教材、参考書