メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター

医学部 皮膚科学

研究者リスト >> 秋田 浩孝
 

最終更新日時:2015/09/16 09:16

編集

秋田 浩孝

 
アバター
研究者氏名秋田 浩孝
 
 
通称等の別名許可する
所属藤田医科大学
部署医学部 医学科 皮膚科学
職名准教授
学位博士(医学)
J-Global ID201501010977969370

研究キーワード

 

研究分野

 

    経歴

     

    学歴

     

    委員歴

     

    受賞

     

    論文

     

    MISC

     
     
    Yusuke Yokoyama   Hirotaka Akita   Seiji Hasegawa   Kei Negishi   Hirohiko Akamatsu   Kayoko Matsunaga   
    DERMATOLOGIC SURGERY   40(4) 390-397   2014年4月   [査読有り]
    Background
    Monopolar radiofrequency (mRF) devices have been shown to be clinically effective for treating aging skin, but there are few histologic studies about the mechanisms.
    Objective
    To histologically analyze chronologic and quantitative chang...
     
    小林 束   秋田 浩孝   矢上 晶子   長坂 光夫   松永 佳世子   
    皮膚病診療   36(4) 341-344   2014年   
     
    Sasaki R   Negishi K   Akita H   Suzuki K   Matsunaga K   
    Case Rep Dermatol   6(1) 1-4   2014年1月   [査読有り]
     
    Negishi K   Akita H   Tanaka S   Yokoyama Y   Wakamatsu S   Matsunaga K   
    J Eur Acad Dermatol Venereol   27(3) 307-312   2013年3月   [査読有り]
     
    横山 侑祐   秋田 浩孝   根岸 圭   佐々木 良輔   松永 佳世子   
    Skin Surgery   22(2) 99-105   2013年   [査読有り]

    書籍等出版物

     
     
     
       2013年      
     
       2013年      
     
       2013年      
     
       2013年      

    講演・口頭発表等

     
     
    異所性蒙古斑におけるレーザー治療
    秋田 浩孝   森田 雄介   伊藤 直子   松永 佳世子   
    第267回日本皮膚科学会東海地方会   2014年   
     
    皮膚科医が行う美容医療 レーザー・光治療
    秋田 浩孝   
    第32回日本美容皮膚科学会総会・学術大会   2014年   
     
    JOULEによるレーザー・光治療と臨床現場での実際
    秋田 浩孝   
    第32回日本美容皮膚科学会総会・学術大会   2014年   
     
    ロドデノール誘発性脱色素斑111例と他の美白剤等による脱色素斑が疑われた21例の臨床像と治療経過
    松永 佳世子   鈴木 加余子   矢上 晶子   秋田 浩孝   佐野 晶代   田中 紅   
    第32回日本美容皮膚科学会総会・学術大会   2014年   
     
    瘢痕に対するフラクショナル型炭酸ガスレーザーを用いた治療経験
    秋田 浩孝   根岸 圭   佐々木 良輔   横山 侑祐   松永 佳世子   
    第31回日本臨床皮膚外科総会・学術大会   2013年   

    担当経験のある科目(授業)

     

    所属学協会

     

    Works(作品等)

     

    共同研究・競争的資金等の研究課題

     

    産業財産権

     

    学術貢献活動

     

    社会貢献活動

     

    メディア報道

     

    その他

     

    教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)

     
     

    その他教育活動上特記すべき事項