メニュー/MENU

お知らせ・マニュアル全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部研究推進本部サージカルトレーニングセンター

研究者業績検索

 
研究分野絞り込み大分類  小分類 
> 医学部 

医学部

研究者リスト >> 稲熊 大城
 

最終更新日時:

編集

稲熊 大城

 
アバター
研究者氏名稲熊 大城
 
イナグマ ダイジョウ
URL
所属藤田医科大学
部署医学部 腎臓内科学
職名教授
学位医学博士(名古屋大学)
J-Global ID201601011608617227

論文

 
 
Daijo Inaguma   Akihito Tanaka   Hibiki Shinjo   
CLINICAL AND EXPERIMENTAL NEPHROLOGY   21(3) 425-435   2017年6月   [査読有り]
In dialysis patients, physical function is associated with mortality. However, the association between physical function at the time of dialysis initiation and subsequent mortality remains unknown.
A total of 1496 patients with chronic kidney dise...
 
Daijo Inaguma   Enyu Imai   Ayano Takeuchi   Yasuo Ohashi   Tsuyoshi Watanabe   Kosaku Nitta   Tadao Akizawa   Seiichi Matsuo   Hirofumi Makino   Akira Hishida   
CLINICAL AND EXPERIMENTAL NEPHROLOGY   21(3) 446-456   2017年6月   [査読有り]
Chronic kidney disease (CKD) eventually progresses to end-stage renal disease (ESRD). However, risk factors associated with CKD progression have not been well characterized in Japanese patients with CKD who are less affected with coronary disease ...
 
Inaguma D   Murata M   Tanaka A   Shinjo H   
Clinical and experimental nephrology   21(1) 159-168   2017年2月   [査読有り]
 
Manabu Hishida   Hirofumi Tamai   Takatoshi Morinaga   Michitaka Maekawa   Takafumi Aoki   Hidetaka Tomida   Shintaro Komatsu   Tomoaki Kamiya   Shoichi Maruyama   Seiichi Matsuo   Daijo Inaguma   
CLINICAL AND EXPERIMENTAL NEPHROLOGY   20(5) 795-807   2016年10月   [査読有り]
Over 300,000 patients receive maintenance dialysis in Japan; managing these patients is extremely important. This study aimed to report on prior management of chronic kidney diseases and prognostication after dialysis initiation.
Seventeen institu...
 
Akihito Tanaka   Daijo Inaguma   Hibiki Shinjo   Minako Murata   Asami Takeda   
NEPHRON   132(2) 86-92   2016年   [査読有り]
Background: Death in dialysis patients results mainly from cardiovascular and cerebrovascular diseases. To our knowledge, no prospective study has compared the rates of mortality or cardiovascular events between patients with and without atrial fi...

MISC

 
 
 
稲熊 大城   湯澤 由紀夫   
腎と透析   81(1) 132-137   2016年7月   
 
稲熊 大城   林 宏樹   
日本医事新報   (4806) 62-63   2016年6月   
 
亀谷 直輝   稲熊 大城   
臨床透析   32(5) 603-606   2016年5月   
67歳男。33年前に透析導入され外来通院中、右視力障害が出現した。徐々に増悪するため近医を受診したところ、頭部CTで蝶形骨洞内から一部眼窩尖部に及ぶ異常影を認められ、当院に紹介された。右眼は指数弁で外眼筋麻痺を認め、右眼球運動は左右上下すべてに制限を認めた。眼窩部MRIで蝶形骨洞内に23×17mm大の腫瘤性病変を認め、T1強調像で内部不均一な等〜軽度の高信号、T2強調像で低信号を呈した。また、右眼窩尖付近ではT1強調像で低信号、T2強調像で高信号となり、炎症の波及による変化と考えられた。こ...
 

講演・口頭発表等

 
 
岩田 友佳   武藤 淳平   中川 星明   高木 茂樹   稲熊 大城   冨永 芳博   
日本透析医学会雑誌   2016年5月   
 
板脇 大輔   森 奈緒美   中村 智明   中川 星明   高木 茂樹   稲熊 大城   冨永 芳博   須江 由希   江尾 直世   近藤 一恵   中川 智美   
日本透析医学会雑誌   2016年5月   
 
岡田 昭次   中川 星明   隅 智子   高木 茂樹   稲熊 大城   冨永 芳博   
日本透析医学会雑誌   2016年5月   
 
小崎 陽平   小川 莉奈   瀬古 浩史   神谷 知明   小松 真太郎   森永 貴理   稲熊 大城   玉井 宏史   
日本透析医学会雑誌   2016年5月   
 
小松 真太郎   小川 莉奈   瀬古 浩史   小崎 陽平   神谷 知明   森永 貴理   稲熊 大城   玉井 宏史   
日本透析医学会雑誌   2016年5月