メニュー/MENU

お知らせ・マニュアル全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部研究推進本部サージカルトレーニングセンター

研究者業績検索

 
研究分野絞り込み大分類  小分類 
> 医学部 

医学部

研究者リスト >> 西田 修
 

最終更新日時:

編集

西田 修

 
アバター
研究者氏名西田 修
 
ニシダ オサム
URL
所属藤田医科大学
部署医学部 医学科 麻酔・侵襲制御医学
職名教授
学位博士(医学)
J-Global ID201501003665452510

研究キーワード

 
集中治療医学

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 麻酔科学 / 

論文

 
 
Tomoyuki Nakamura   Kazuhiro Moriyama   Naohide Kuriyama   Yoshitaka Hara   Satoshi Komatsu   Takahiro Kawaji   Yu Kato   Takuma Ishihara   Ayumi Shintani   Osamu Nishida   
Membranes   12(8)    2022年8月
Blood purification is performed to control cytokines in critically ill patients. The relationship between the clearance (CL) and the membrane area during adsorption is not clear. We hypothesized that the CL increases with the hydrophobic area when...
 
Keibun Liu   Kensuke Nakamura   Sapna R. Kudchadkar   Hajime Katsukawa   Peter Nydahl   Eugene Wesley Ely   Kunihiko Takahashi   Shigeaki Inoue   Osamu Nishida   
Journal of Intensive Care Medicine   088506662210976-088506662210976   2022年4月
Background

Mobilization and acute rehabilitation are essential in the intensive care unit (ICU), with substantial evidence supporting their benefits. This study aimed to characterize ICU mobilization practices during the COVID-19 pandemic for pa...
 
Keibun Liu   Kensuke Nakamura   Hajime Katsukawa   Peter Nydahl   Eugene Wesley Ely   Sapna R. Kudchadkar   Kunihiko Takahashi   Muhammed Elhadi   Mohan Gurjar   Be Kim Leong   Chi Ryang Chung   Jayachandran Balachandran   Shigeaki Inoue   Alan Kawarai Lefor   Osamu Nishida   
Frontiers in Medicine   8    2021年10月
<bold>Background:</bold> Data regarding delivery of evidence-based care to critically ill patients in Intensive Care Units (ICU) during the COVID-19 pandemic is crucial but lacking. This study aimed to evaluate the implementation rate of the ABCDE...
 
飯田 有輝   加藤 由布   下村 泰代   篠原 史都   西田 修   
日本臨床生理学会雑誌   51(4) 61-61   2021年10月
 
黒田 泰弘   則末 泰博   鶴田 良介   安田 英人   江木 盛時   小倉 裕司   西田 修   田中 裕   J-SSCG2020特別委員会   
日本集中治療医学会雑誌   28(Suppl.2) 187-187   2021年9月

MISC

 
 
江木 盛時   小倉 裕司   矢田部 智昭   安宅 一晃   井上 茂亮   射場 敏明   垣花 泰之   川崎 達也   久志本 成樹   黒田 泰弘   小谷 穣治   志馬 伸朗   谷口 巧   鶴田 良介   土井 研人   土井 松幸   中田 孝明   中根 正樹   藤島 清太郎   細川 直登   升田 好樹   松嶋 麻子   松田 直之   山川 一馬   原 嘉孝   大下 慎一郎   青木 善孝   稲田 麻衣   梅村 穣   河合 佑亮   近藤 豊   斎藤 浩輝   櫻谷 正明   對東 俊介   武田 親宗   寺山 毅郎   東平 日出夫   橋本 英樹   林田 敬   一二三 亨   廣瀬 智也   福田 龍将   藤井 智子   三浦 慎也   安田 英人   阿部 智一   安藤 幸吉   飯田 有輝   石原 唯史   井手 健太郎   伊藤 健太   伊藤 雄介   稲田 雄   宇都宮 明美   卯野木 健   遠藤 功二   大内 玲   尾崎 将之   小野 聡   桂 守弘   川口 敦   川村 雄介   工藤 大介   久保 健児   倉橋 清泰   櫻本 秀明   下山 哲   鈴木 武志   関根 秀介   関野 元裕   高橋 希   高橋 世   高橋 弘   田上 隆   田島 吾郎   巽 博臣   谷 昌憲   土谷 飛鳥   堤 悠介   内藤 貴基   長江 正晴   長澤 俊郎   中村 謙介   西村 哲郎   布宮 伸   則末 泰博   橋本 悟   長谷川 大祐   畠山 淳司   原 直己   東別府 直紀   古島 夏奈   古薗 弘隆   松石 雄二朗   松山 匡   峰松 佑輔   宮下 亮一   宮武 祐士   森安 恵実   山田 亨   山田 博之   山元 良   吉田 健史   吉田 悠平   吉村 旬平   四本 竜一   米倉 寛   和田 剛志   渡邉 栄三   青木 誠   浅井 英樹   安部 隆国   五十嵐 豊   井口 直也   石川 雅巳   石丸 剛   磯川 修太郎   板倉 隆太   今長谷 尚史   井村 春樹   入野田 崇   上原 健司   生塩 典敬   梅垣 岳志   江川 裕子   榎本 有希   太田 浩平   大地 嘉史   大野 孝則   大邉 寛幸   岡 和幸   岡田 信長   岡田 遥平   岡野 弘   岡本 潤   奥田 拓史   小倉 崇以   小野寺 悠   小山 雄太   貝沼 関志   加古 英介   柏浦 正広   加藤 弘美   金谷 明浩   金子 唯   金畑 圭太   狩野 謙一   河野 浩幸   菊谷 知也   菊地 斉   城戸 崇裕   木村 翔   小網 博之   小橋 大輔   齊木 巌   堺 正仁   坂本 彩香   佐藤 哲哉   志賀 康浩   下戸 学   下山 伸哉   庄古 知久   菅原 陽   杉田 篤紀   鈴木 聡   鈴木 祐二   壽原 朋宏   其田 健司   高氏 修平   高島 光平   高橋 生   高橋 洋子   竹下 淳   田中 裕記   丹保 亜希仁   角山 泰一朗   鉄原 健一   徳永 健太郎   富岡 義裕   冨田 健太朗   富永 直樹   豊崎 光信   豊田 幸樹年   内藤 宏道   永田 功   長門 直   中村 嘉   中森 裕毅   名原 功   奈良場 啓   成田 知大   西岡 典宏   西村 朋也   西山 慶   野村 智久   芳賀 大樹   萩原 祥弘   橋本 克彦   旗智 武志   浜崎 俊明   林 拓也   林 実   速水 宏樹   原口 剛   平野 洋平   藤井 遼   藤田 基   藤村 直幸   舩越 拓   堀口 真仁   牧 盾   増永 直久   松村 洋輔   真弓 卓也   南 啓介   宮崎 裕也   宮本 和幸   村田 哲平   柳井 真知   矢野 隆郎   山田 浩平   山田 直樹   山本 朋納   吉廣 尚大   田中 裕   西田 修   日本版敗血症診療ガイドライン2020特別委員会   
日本救急医学会雑誌   32(S1) S1-S411   2021年2月
日本集中治療医学会と日本救急医学会は,合同の特別委員会を組織し,2016年に発表した日本版敗血症診療ガイドライン(J-SSCG)2016の改訂を行った。本ガイドライン(J-SSCG2020)の目的は,J-SSCG2016と同様に,敗血症・敗血症性ショックの診療において,医療従事者が患者の予後改善のために適切な判断を下す支援を行うことである。改訂に際し,一般臨床家だけでなく多職種医療者にも理解しやすく,かつ質の高いガイドラインとすることによって,広い普及を目指した。J-SSCG2016ではS...
 
江木 盛時   小倉 裕司   矢田部 智昭   安宅 一晃   井上 茂亮   射場 敏明   垣花 泰之   川崎 達也   久志本 成樹   黒田 泰弘   小谷 穣治   志馬 伸朗   谷口 巧   鶴田 良介   土井 研人   土井 松幸   中田 孝明   中根 正樹   藤島 清太郎   細川 直登   升田 好樹   松嶋 麻子   松田 直之   山川 一馬   原 嘉孝   大下 慎一郎   青木 善孝   稲田 麻衣   梅村 穣   河合 佑亮   近藤 豊   斎藤 浩輝   櫻谷 正明   對東 俊介   武田 親宗   寺山 毅郎   東平 日出夫   橋本 英樹   林田 敬   一二三 亨   廣瀬 智也   福田 龍将   藤井 智子   三浦 慎也   安田 英人   阿部 智一   安藤 幸吉   飯田 有輝   石原 唯史   井手 健太郎   伊藤 健太   伊藤 雄介   稲田 雄   宇都宮 明美   卯野木 健   遠藤 功二   大内 玲   尾崎 将之   小野 聡   桂 守弘   川口 敦   川村 雄介   工藤 大介   久保 健児   倉橋 清泰   櫻本 秀明   下山 哲   鈴木 武志   関根 秀介   関野 元裕   高橋 希   高橋 世   高橋 弘   田上 隆   田島 吾郎   巽 博臣   谷 昌憲   土谷 飛鳥   堤 悠介   内藤 貴基   長江 正晴   長澤 俊郎   中村 謙介   西村 哲郎   布宮 伸   則末 泰博   橋本 悟   長谷川 大祐   畠山 淳司   原 直己   東別府 直紀   古島 夏奈   古薗 弘隆   松石 雄二朗   松山 匡   峰松 佑輔   宮下 亮一   宮武 祐士   森安 恵実   山田 亨   山田 博之   山元 良   吉田 健史   吉田 悠平   吉村 旬平   四本 竜一   米倉 寛   和田 剛志   渡邉 栄三   青木 誠   浅井 英樹   安部 隆国   五十嵐 豊   井口 直也   石川 雅巳   石丸 剛   磯川 修太郎   板倉 隆太   今長谷 尚史   井村 春樹   入野田 崇   上原 健司   生塩 典敬   梅垣 岳志   江川 裕子   榎本 有希   太田 浩平   大地 嘉史   大野 孝則   大邉 寛幸   岡 和幸   岡田 信長   岡田 遥平   岡野 弘   岡本 潤   奥田 拓史   小倉 崇以   小野寺 悠   小山 雄太   貝沼 関志   加古 英介   柏浦 正広   加藤 弘美   金谷 明浩   金子 唯   金畑 圭太   狩野 謙一   河野 浩幸   菊谷 知也   菊地 斉   城戸 崇裕   木村 翔   小網 博之   小橋 大輔   齊木 巌   堺 正仁   坂本 彩香   佐藤 哲哉   志賀 康浩   下戸 学   下山 伸哉   庄古 知久   菅原 陽   杉田 篤紀   鈴木 聡   鈴木 祐二   壽原 朋宏   其田 健司   高氏 修平   高島 光平   高橋 生   高橋 洋子   竹下 淳   田中 裕記   丹保 亜希仁   角山 泰一朗   鉄原 健一   徳永 健太郎   富岡 義裕   冨田 健太朗   富永 直樹   豊崎 光信   豊田 幸樹年   内藤 宏道   永田 功   長門 直   中村 嘉   中森 裕毅   名原 功   奈良場 啓   成田 知大   西岡 典宏   西村 朋也   西山 慶   野村 智久   芳賀 大樹   萩原 祥弘   橋本 克彦   旗智 武志   浜崎 俊明   林 拓也   林 実   速水 宏樹   原口 剛   平野 洋平   藤井 遼   藤田 基   藤村 直幸   舩越 拓   堀口 真仁   牧 盾   増永 直久   松村 洋輔   真弓 卓也   南 啓介   宮崎 裕也   宮本 和幸   村田 哲平   柳井 真知   矢野 隆郎   山田 浩平   山田 直樹   山本 朋納   吉廣 尚大   田中 裕   西田 修   日本版敗血症診療ガイドライン2020特別委員会   
日本集中治療医学会雑誌   28(Suppl.) S1-S411   2021年2月
日本集中治療医学会と日本救急医学会は,合同の特別委員会を組織し,2016年に発表した日本版敗血症診療ガイドライン(J-SSCG)2016の改訂を行った。本ガイドライン(J-SSCG2020)の目的は,J-SSCG2016と同様に,敗血症・敗血症性ショックの診療において,医療従事者が患者の予後改善のために適切な判断を下す支援を行うことである。改訂に際し,一般臨床家だけでなく多職種医療者にも理解しやすく,かつ質の高いガイドラインとすることによって,広い普及を目指した。J-SSCG2016ではS...
 
Nakamura T   Kawaji T   Hasegawa D   Moriyama K   Kato Y   Harada T   Nishida O   
The 40th Annual Meeting of Japanese Society for Apheresis, English Oral Session 1, October 18 2019, Kyoto International Conference Center, Kyoto      2019年10月   
 
矢田部 智昭   井上 茂亮   松嶋 麻子   原 嘉孝   山川 一馬   櫻谷 正明   林田 敬   福田 龍将   近藤 豊   安田 英人   青木 善孝   廣瀬 智也   藤井 智子   一二三 亨   斎藤 浩輝   稲田 麻衣   三浦 慎也   東平 日出夫   江木 盛時   小倉 裕司   西田 修   田中 裕   J-SSCG2020特別委員会アカデミックガイドライン推進班   
日本救急医学会雑誌   30(9) 581-581   2019年9月   
 
山川 一馬   矢田部 智昭   井上 茂亮   松嶋 麻子   原 嘉孝   櫻谷 正明   林田 敬   福田 龍将   近藤 豊   安田 英人   青木 善孝   廣瀬 智也   藤井 智子   一二三 亨   斎藤 浩輝   稲田 麻衣   三浦 慎也   東平 日出夫   江木 盛時   小倉 裕司   西田 修   田中 裕   J-SSCG2020特別委員会アカデミックガイドライン推進班   
日本救急医学会雑誌   30(9) 581-581   2019年9月   

書籍等出版物

 
 
早川聖子, 西田修(担当:分担執筆, 範囲:縦隔手術)
日本医事新報社   2021年7月7日   
 
山下千鶴, 西田修(担当:分担執筆, 範囲:脱水の原因とその治療)
総合医学社   2021年6月30日   
 
栗山直英, 西田修(担当:分担執筆, 範囲:早期リハビリテーション)
中山書店   2021年6月   
 
長谷川大祐, 西田修(担当:分担執筆, 範囲:ビッグデータを用いた敗血症,ARDSの個別化治療)
株式会社 北隆館   2021年4月21日   
 
原嘉孝, 河合佑亮, 中村智之, 西田修(担当:分担執筆)
メディカ出版   2021年2月5日   (ISBN:9784840475181)

講演・口頭発表等

 
 
西田修   
日本集中治療医学会第5回九州支部学術集会   2021年7月24日   
 
西田修   井上茂亮   山川一馬   畠山淳司   稲田麻衣   河合佑亮   飯田有輝   宇都宮明美   古薗弘隆   山田亨   吉田悠平   長澤俊郎   
第48回日本集中治療医学会学術集会   2021年2月14日   
 
西田修   小倉裕司   江木盛時   安宅一晃   井上茂亮   射場敏明   垣花泰之   川崎達也   久志本成樹   黒田泰弘   小谷穣治   志馬伸朗   谷口巧   鶴田良介   土井研人   土井松幸   中田孝明   中根正樹   藤島清太郎   細川直登   升田好樹   松嶋麻子   松田直之   矢田部智昭   田中裕   
第48回日本集中治療医学会学術集会   2021年2月14日   
 
嶋津岳士   小板橋俊哉   西田修   
第48回日本集中治療医学会学術集会   2021年2月14日   
 
西田修   
第48回日本集中治療医学会学術集会   2021年2月14日   

所属学協会

 
 
   
 
日本臨床栄養代謝学会
 
   
 
日本アフェレシス学会
 
   
 
日本臨床救急医学会
 
   
 
日本救急医学会
 
   
 
エンドトキシン血症救命治療研究会