メニュー/MENU

お知らせ・マニュアル全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部研究推進本部サージカルトレーニングセンター研究統括監理部

研究者業績検索

 
研究分野絞り込み大分類  小分類 
> 医学部 

医学部

研究者リスト >> 髙橋 和男
 

最終更新日時:2020/06/16 23:28

編集

髙橋 和男

 
アバター
研究者氏名髙橋 和男
 
 
URL
所属藤田医科大学
部署医学部 解剖学Ⅱ
職名教授
学位医学博士(藤田医科大学)
その他の所属病院・腎臓内科
J-Global ID201501010289706030

研究キーワード

 
IgA ,免疫グロブリン ,免疫複合体 ,トランスグルタミナーゼ ,バイオマーカー ,糖鎖医学 ,メタボロミクス ,プロテオミクス ,質量分析 ,糖尿病性腎症 ,IgA腎症

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 病態医化学 / 疾患(グライコ)プロテオミクス
  • ライフサイエンス / 腎臓内科学 / 

受賞

 
2020年10月
ふじた産学連携優秀賞
 
2013年6月
第13回 国際IgA腎症シンポジウム, Jean Berger Prize
髙橋和男 
 
2007年
藤田学園医学会, 奨励賞
髙橋和男 
 
2000年
藤田保健衛生大学, 学長賞
髙橋和男 
 

論文

 
 
Katerina Zachova   Jana Jemelkova   Petr Kosztyu   Yukako Ohyama   Kazuo Takahashi   Josef Zadrazil   Jiri Orsag   Karel Matousovic   Dana Galuszkova   Nadezda Petejova   Jiri Mestecky   Milan Raska   
Journal of the American Society of Nephrology : JASN      2022年2月
Background: Immunoglobulin A nephropathy (IgAN) primary glomerulonephritis is characterized by the deposition of circulating immune complexes (CIC) composed of polymeric (p)IgA1 molecules with altered O-glycans (Gd-IgA1) and anti-glycan antibodies...
 
Takaya Okawa   Tomohiro Mizuno   Shogo Hanabusa   Takeshi Ikeda   Fumihiro Mizokami   Takenao Koseki   Kazuo Takahashi   Yukio Yuzawa   Naotake Tsuboi   Shigeki Yamada   Yoshitaka Kameya   
PloS one   17(1) e0262021   2022年
BACKGROUND: Early detection and prediction of cisplatin-induced acute kidney injury (Cis-AKI) are essential for the management of patients on chemotherapy with cisplatin. This study aimed to evaluate the performance of a prediction model for Cis-A...
 
Takenao Koseki   Kazuki Nakajima   Hitoshi Iwasaki   Shigeki Yamada   Kazuo Takahashi   Yohei Doi   Tomohiro Mizuno   
International journal of infectious diseases : IJID : official publication of the International Society for Infectious Diseases      2021年12月
OBJECTIVES: Favipiravir is an antiviral which is being evaluated for the treatment of COVID-19. Use of favipiravir is associated with elevation of serum uric acid levels. Risk factors for the occurrence of hyperuricemia are unclear. METHODS: Speci...
 
Satoshi Kidoguchi   Kento Kitada   Kazuki Nakajima   Daisuke Nakano   Hiroyuki Ohsaki   Wararat Kittikulsuth   Hideki Kobara   Tsutomu Masaki   Takashi Yokoo   Kazuo Takahashi   Jens Titze   Akira Nishiyama   
Life sciences   120192-120192   2021年12月
AIMS: The number of cancer survivors with cardiovascular disease is increasing. However, the effect of cancer on body fluid regulation remains to be clarified. In this study, we evaluated body osmolyte and water imbalance in rats with hepatocellul...
 
Masaya Hirayama   Takanori Onouchi   Kazuya Shiogama   Yoshimitsu Katoh   Kazuo Takahashi   Masato Abe   
Microscopy (Oxford, England)      2021年12月
Huntingtin-associated protein 1 (HAP1) is abundantly expressed in the neurons of the central nervous system and forms unique intracytoplasmic inclusions of unknown function called "stigmoid bodies" (STBs). Transmission electron microscopy has reve...

MISC

 
 
齊藤成   熊本海生航   大野伸彦   大野伸彦   高橋和男   長尾静子   
日本解剖学会総会・全国学術集会講演プログラム・抄録集   125th    2020年
 
深澤元晶   吉村文   長尾静子   高橋和男   
日本解剖学会総会・全国学術集会講演プログラム・抄録集   125th    2020年
 
高橋 和男   坪井 直毅   長尾 静子   齋藤 邦明   湯澤 由紀夫   
日本腎臓学会誌   61(6) 856-856   2019年8月   
 
伊藤辰将   辰川英樹   山口央輝   高橋和男   人見清隆   湯澤由紀夫   
日本腎臓学会誌   61(3) 340-340   2019年5月   
 
高橋 和男   
腎と透析   86(5) 519-526   2019年5月   

書籍等出版物

 
 
富野, 康日己, 川村, 哲也, 鈴木, 祐介
中外医学社   2019年11月   (ISBN:9784498224469)
 
今井, 円裕, 丸山, 彰一
診断と治療社   2019年   (ISBN:9784787823618)
 
湯村, 和子
東京医学社   2018年10月   (ISBN:9784885632976)
 
和田, 隆志, 柏原, 直樹
中外医学社   2018年   (ISBN:9784498224360)
 
Tomino, Yasuhiko(担当:共著, 範囲:Japanese Clinical Practice Guidelines for IgA Nephropathy: Difference from KDIGO Guidelines)
2016年   

講演・口頭発表等

 
 
高橋 和男   湯澤 由紀夫   
日本耳鼻咽喉科学会会報   2016年6月   
IgA腎症は最も高頻度な糸球体腎炎で、わが国の腎生検の約1/3がIgA腎症と診断される。腎生検後20年で約20〜40%の症例が末期腎不全に陥り、国の難病指定をうけている。1995年に、厚生労働省特定疾患進行性腎障害に関する調査研究班と日本腎臓学会の合同委員会により、初めて「IgA腎症診療指針」が公表され、2002年には「IgA腎症診療指針-第2版-」が、さらに2011年には「IgA腎症診療指針-第3版-」が提示された。これらの診療指針は、臨床や病理診断の場で広く活用され、わが国におけるIg...
 
岩崎 仁   高橋 和男   林 宏樹   小出 滋久   長谷川 みどり   湯澤 由紀夫   
日本透析医学会雑誌   2016年5月   
 
中西 道政   杉山 和寛   高橋 和男   林 宏樹   小出 滋久   長谷川 みどり   湯澤 由紀夫   黒田 誠   
日本透析医学会雑誌   2016年5月   
 
中西 道政   金山 恭子   高橋 和男   林 宏樹   小出 滋久   長谷川 みどり   湯澤 由紀夫   
日本透析医学会雑誌   2016年5月   
 
林 宏樹   小林 由典   多田 将士   高橋 和男   小出 滋久   長谷川 みどり   湯澤 由紀夫   
日本腎臓学会誌   2016年5月   

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
腎臓内科学
 
   
 
組織学・発生学

所属学協会

 
 
   
 
American Society for Mass Spectrometry
 
   
 
American Society of Nephrology
 
   
 
日本解剖学会
 
   
 
日本医用マススペクトル学会
 
   
 
日本透析医学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
補体第二経路に着目した微小血管傷害発症メカニズムの解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
山田 成樹 水野 智博 坪井 直毅 高橋 和男 
研究期間: 2021年4月 - 2024年3月
 
嚢胞性腎疾患群の細胞増殖における希少糖ヌクレオチドの意義解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
中嶋 和紀 長尾 静子 高橋 和男 
研究期間: 2021年4月 - 2024年3月
 
前向き研究に向けたIgA腎症の組織学的重症度分類の解析プラットフォームの構築
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
齊藤 成 
研究期間: 2020年4月 - 2023年3月
 
糖尿病性腎症に付随する認知障害におけるトリプトファン代謝の役割の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
深澤 元晶 
研究期間: 2020年4月 - 2023年3月
 
IgA腎症の糸球体沈着性糖鎖異常IgA1の同定と迅速診断法の臨床応用
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
高橋 和男 湯澤 由紀夫 坪井 直毅 
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月

その他

 
 
① 多数の糖鎖修飾部位を持つ糖タンパク質の解析基盤
② IgA腎症の新規診断法の開発
③ 自己免疫疾患における抗血管内皮細胞抗体の検出
*本研究シーズに関する産学共同研究の問い合わせは藤田医科大学産学連携推進セン
ター(fuji-san@fujita-hu.ac.jp)まで
 

教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)

 
 

作成した教科書、教材、参考書

 
 

その他教育活動上特記すべき事項