メニュー/MENU

お知らせ・マニュアル全教員検索医学部医療科学部保健衛生学部研究推進本部サージカルトレーニングセンター
> 研究推進本部> オープンファシリティーセンター 

共同利用研究設備サポートセンター

研究者リスト >> 塚本 健太郎
 

最終確認日時:

編集

塚本 健太郎

 
アバター
研究者氏名塚本 健太郎
 
 
URL
所属藤田医科大学
部署研究推進本部 総合医科学研究部門オープンファシリティセンター タンパク質・遺伝子解析室
職名講師
学位博士(理学)(東京大学)
科研費研究者番号00582818
J-Global ID201101004896114303

プロフィール

MHC関連分子による病原体認識と免疫関連遺伝子の分子進化について研究をしています。

研究キーワード

 
免疫 ,進化 ,生体分子 ,ゲノム ,遺伝子 ,分子進化 ,自然選択 ,免疫プロテアソーム ,硬骨魚 ,哺乳類 ,抗原提示 ,獲得免疫 ,主要組織適合遺伝子複合体

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 免疫学 / 
  • ライフサイエンス / 多様性生物学、分類学 / 
  • ライフサイエンス / 進化生物学 / 

経歴

 
2022年4月
 - 
現在
藤田医科大学 総合医科学研究部門オープンファシリティセンター 講師 
 
2020年4月
 - 
2022年3月
藤田医科大学 共同利用研究設備サポートセンター 講師 
 
2018年10月
 - 
2020年3月
藤田医科大学 総合医科学研究所  助教 
 
2010年4月
 - 
2018年10月
藤田保健衛生大学 総合医科学研究所  助教 
 

受賞

 
2006年3月
独立行政法人日本学生支援機構, 第一種奨学金 「特に優れた業績による返還免除」(全額返還免除)
 

論文

 
 
Kazuhiko Okamura   Johannes M. Dijkstra   Kentaro Tsukamoto   Unni Grimholt   Geert F. Wiegertjes   Akiko Kondow   Hisateru Yamaguchi   Keiichiro Hashimoto   
Proceedings of the National Academy of Sciences   118(51)    2021年12月
Two classes of major histocompatibility complex (MHC) molecules, MHC class I and class II, play important roles in our immune system, presenting antigens to functionally distinct T lymphocyte populations. However, the origin of this essential MHC ...
 
Grimholt, U.   Tsukamoto, K.   Hashimoto, K.   Dijkstra, J.M.   
Cells   8(9)    2019年9月   [査読有り]
 
Grimholt, U.   Tsukamoto, K.   Azuma, T.   Leong, J.   Koop, B.F.   Dijkstra, J.M.   
BMC Evolutionary Biology   15(1) 309   2015年3月   [査読有り]
Background
MHC class I (MHCI) molecules are the key presenters of peptides generated through the intracellular pathway to CD8-positive T-cells. In fish, MHCI genes were first identified in the early 1990's, but we still know little about their fun...
 
Yamaguchi, H.   Tsukamoto, K.   Hashimoto, K.   
Biochemical and Biophysical Research Communications   443(2) 422-427   2014年1月   [査読有り]
The major histocompatibility complex (MHC) class I-related molecule, MR1, is highly conserved in mammals and can present bacteria-derived vitamin B metabolites to mucosal-associated invariant T (MAIT) cells, possibly having important defense funct...
 
Tsukamoto, K.   Deakin, J.E.   Graves, J.A.M.   Hashimoto, K.   
Immunogenetics   65(2) 115-124   2013年2月   [査読有り]
The major histocompatibility complex (MHC) class I-related gene, MR1, is a non-classical MHC class IA gene and is encoded outside the MHC region. The MR1 is responsible for activation of mucosal-associated invariant T (MAIT) cells expressing semi-...

MISC

 
 
野中 勝   塚本 健太郎   
生体の科学   57(5) 516-517   2006年   
 
Masaru Nonaka   Kentaro Tsukamoto   
Model for Organogenesis, Human Diseases and Evolution      

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
医学セミナー (藤田保健衛生大学)
 
   
 
分子医学技術セミナー (藤田医科大学)

所属学協会

 
 
   
 
日本動物学会
 
   
 
日本進化学会
 
   
 
日本分子生物学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
種を超えて維持される遺伝的二型の進化機構の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
塚本 健太郎 
研究期間: 2021年4月 - 2024年3月
 
主要組織適合遺伝子複合体(MHC)クラスII分子ペプチド積載機構の分子進化の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
橋本 敬一郎 J・M Dijkstra 岡村 和彦 塚本 健太郎 
研究期間: 2014年4月 - 2018年3月
 
免疫プロテアソームサブユニット遺伝子の二型性の進化機構の解明
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
塚本 健太郎 
研究期間: 2015年 - 2016年
 
メダカ主要組織適合性抗原複合体領域の種内多型解析及び進化機構の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 特別研究員奨励費
塚本 健太郎 
研究期間: 2007年 - 2008年

委員歴

 
2020年4月
 - 
現在
藤田医科大学  組換えDNA安全委員会 委員
 
2013年4月
 - 
2020年3月
藤田医科大学医学部  広報委員会 委員
 

社会貢献活動

 
 
【講師,助言・指導,企画,運営参加・支援,実演】
藤田保健衛生大学 2018年4月21日

その他

 
 
・DNAサンガーシーケンス受託解析。
DNAキャピラリーシーケンサーを用いて、PCR産物またはプラスミドDNAの塩基配列を決定します。依頼者はDNAテンプレートとプライマーの混合液を提出し、解析室側でシークエンス反応から泳動解析まで行います。解析結果データをメールで依頼者へ送信します。