メニュー/MENU

お知らせ・マニュアル全教員検索医学部医療科学部
保健衛生学部研究推進本部サージカルトレーニングセンター

研究者業績検索

 
研究分野絞り込み大分類  小分類 
> 医療科学部 

医療科学部

研究者リスト >> 鈴木 康司
 

最終確認日時:

編集

鈴木 康司

 
アバター
研究者氏名鈴木 康司
 
 
所属藤田医科大学
部署医療科学部 臨床検査学科 予防医科学分野
職名
学位博士(医学)(藤田保健衛生大学)
J-Global ID200901076340317950

研究キーワード

 
臨床検査学 ,公衆衛生学 ,疫学

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 栄養学、健康科学 / 
  • ライフサイエンス / 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない / 
  • ライフサイエンス / 医療管理学、医療系社会学 / 

経歴

 
2018年10月
 - 
現在
藤田医科大学 医療科学部 教授 
 
2016年4月
 - 
現在
藤田保健衛生大学 医療科学部 教授 
 
2012年10月
 - 
2016年3月
藤田保健衛生大学 医療科学部 准教授 
 
2008年4月
 - 
2012年9月
藤田保健衛生大学 医療科学部 講師 
 
1996年4月
 - 
2008年3月
藤田保健衛生大学 衛生学部 助手 
 

学歴

 
1988年4月
 - 
1992年3月
藤田保健衛生大学 衛生学部 衛生技術学科
 

委員歴

 
2015年12月
 - 
現在
日本疫学会  代議員
 

受賞

 
 
予防医学研究海外研修奨学助成金, 甕哲司賞
鈴木康司 
 

論文

 
 
Ryosuke Fujii   Asahi Hishida   Masahiro Nakatochi   Yoshiki Tsuboi   Koji Suzuki   Takaaki Kondo   Hiroaki Ikezaki   Megumi Hara   Rieko Okada   Takashi Tamura   Ippei Shimoshikiryo   Sadao Suzuki   Teruhide Koyama   Kiyonori Kuriki   Naoyuki Takashima   Kokichi Arisawa   Yukihide Momozawa   Michiaki Kubo   Kenji Takeuchi   Kenji Wakai   
Circulation. Genomic and precision medicine   101161CIRCGEN121003612   2022年6月   [査読有り]
BACKGROUND: Although many polygenic risk scores (PRS) for cardiovascular traits have been developed in European populations, it is an urgent task to construct a PRS and to evaluate its ability in non-European populations. We developed a genome-wid...
 
Yoshiki Tsuboi   Hiroya Yamada   Eiji Munetsuna   Ryosuke Fujii   Mirai Yamazaki   Yoshitaka Ando   Genki Mizuno   Yuji Hattori   Hiroaki Ishikawa   Koji Ohashi   Shuji Hashimoto   Nobuyuki Hamajima   Koji Suzuki   
Cancer epidemiology   78 102162-102162   2022年6月   [査読有り]
BACKGROUND: Smoking is well known to be a major risk factor for cancer, and to decrease the levels of aryl hydrocarbon receptor repressor (AHRR) DNA methylation. AHRR is a key regulator for AHR signaling, which is involved in chemical metabolism a...
 
Koji Suzuki   Hiroya Yamada   Ryosuke Fujii   Eiji Munetsuna   Mirai Yamazaki   Yoshitaka Ando   Koji Ohashi   Hiroaki Ishikawa   Genki Mizuno   Yohiski Tsuboi   Shuji Hashimoto   Nobuyuki Hamajima   
Biomarkers : biochemical indicators of exposure, response, and susceptibility to chemicals   27(5) 1-7   2022年5月   [査読有り]
BACKGROUND: Previous cross-sectional studies have shown that several circulating microRNA levels are associated with hypertension, but there are no prospective studies among general populations. OBJECTIVE: We evaluated the impact of circulating in...
 
Keisuke Maeda   Hiroya Yamada   Eiji Munetsuna   Ryosuke Fujii   Mirai Yamazaki   Yoshitaka Ando   Genki Mizuno   Hiroaki Ishikawa   Koji Ohashi   Yoshiki Tsuboi   Yuji Hattori   Yuya Ishihara   Shuji Hashimoto   Nobuyuki Hamajima   Koji Suzuki   
The American journal of drug and alcohol abuse   48(3) 1-9   2022年4月   [査読有り]
Background: Thioredoxin-interacting protein (TXNIP) controls the cellular redox balance by binding to and inhibiting the expression and function of thioredoxin. DNA methylation of the TXNIP gene is involved in the regulation of TXNIP mRNA expressi...
 
Yuji Hattori   Hiroya Yamada   Eiji Munetsuna   Yoshitaka Ando   Genki Mizuno   Ryosuke Fujii   Yoshiki Tsuboi   Naohiro Ichino   Keisuke Osakabe   Keiko Sugimoto   Hiroaki Ishikawa   Koji Ohashi   Koji Suzuki   
Endocrine journal      2022年3月   [査読有り]
The increasing prevalence of nonalcoholic fatty liver disease (NAFLD) is a global health problem. In recent years, the inhibitory effect of brain-derived neurotrophic factor (BDNF) on diabetes mellitus and fatty liver has been clarified. The purpo...

MISC

 
 
安藤嘉崇   山田宏哉   宗綱栄二   山崎未来   景山斎   野内佑起   藤井亮輔   水野元貴   石川浩章   鈴木康司   大橋鉱二   
日本内分泌学会雑誌   98(1)    2022年
 
景山斎   山田宏哉   宗綱栄二   安藤嘉崇   山崎未来   水野元貴   野内佑起   若杉拓哉   大城雅貴   榊原知秀   石川浩章   鈴木康司   大橋鉱二   
日本内分泌学会雑誌   98(1)    2022年
 
水野元貴   水野元貴   山田宏哉   宗綱栄二   安藤嘉崇   景山斎   野内佑起   榊原知秀   若杉拓哉   池谷美幸   市川勇斗   大城雅貴   山崎未来   石川浩章   鈴木康司   大橋鉱二   
生物試料分析   45(1)    2022年
 
前田 圭介   山田 宏哉   宗綱 栄二   藤井 亮輔   坪井 良樹   石原 裕也   山崎 未来   安藤 嘉崇   水野 元貴   石川 浩章   大橋 鉱二   刑部 恵介   杉本 恵子   市野 直浩   橋本 修二   浜島 信之   鈴木 康司   
Journal of Epidemiology   32(Suppl.1) 158-158   2022年1月
 
高井 洋次   刑部 恵介   杉本 恵子   鈴木 康司   市野 直浩   
超音波医学   48(Suppl.) S450-S450   2021年4月

書籍等出版物

 
 
藤井 亮輔, 鈴木 康司(担当:分担執筆)
金芳堂   2021年10月5日   (ISBN:476531880X)
 
藤田保健衛生大学臨床検査学入門編集委員会(担当:分担執筆, 範囲:公衆衛生学)
KTC中央出版   2018年7月27日   (ISBN:4877583815)
 
KTC中央出版   2013年      
 
KTC中央出版   2009年      
 
KTC中央出版   2005年      

講演・口頭発表等

 
 
前田 圭介   山田 宏哉   宗綱 栄二   藤井 亮輔   坪井 良樹   石原 裕也   山崎 未来   安藤 嘉崇   水野 元貴   石川 浩章   大橋 鉱二   刑部 恵介   杉本 恵子   市野 直浩   橋本 修二   浜島 信之   鈴木 康司   
Journal of Epidemiology   2022年1月   (一社)日本疫学会   
 
高井 洋次   刑部 恵介   杉本 恵子   鈴木 康司   市野 直浩   
超音波医学   2021年4月   (公社)日本超音波医学会   
 
藤井 亮輔   坪井 良樹   前田 圭介   石原 裕也   鈴木 康司   
日本衛生学雑誌   2021年3月   (一社)日本衛生学会   
 
水野 元貴   山田 宏哉   宗綱 栄二   山崎 未来   安藤 嘉崇   藤井 亮輔   勅使川原 篤志   石川 浩章   刑部 恵介   杉本 恵子   市野 直浩   大橋 鉱二   鈴木 康司   
臨床病理   2020年10月   (一社)日本臨床検査医学会   
 
前田 圭介   山田 宏哉   藤井 亮輔   坪井 良樹   萩原 千晴   橋本 修二   浜島 信之   鈴木 康司   
日本公衆衛生学会総会抄録集   2018年10月   日本公衆衛生学会   

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
医療統計学 (藤田医科大学)
 
   
 
疫学 (藤田医科大学)
 
   
 
公衆衛生学 (藤田医科大学)
 
   
 
食品衛生学 (藤田医科大学)
 
   
 
医学概論 (藤田医科大学)

所属学協会

 
 
   
 
日本臨床検査医学会
 
   
 
日本臨床化学会
 
   
 
日本癌学会
 
   
 
日本衛生学会
 
   
 
日本公衆衛生学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
白血球中代謝・炎症関連遺伝子のDNAメチル化レベル変動要因解明のための縦断的解析
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
鈴木 康司 藤井 亮輔 山田 宏哉 
研究期間: 2020年4月 - 2023年3月
 
コホート・生体試料支援プラットフォーム
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 新学術領域研究(研究領域提案型)『学術研究支援基盤形成』
今井 浩三 若井 建志 村上 善則 松尾 恵太郎 三上 春夫 鈴木 貞夫 喜多 義邦 渡辺 能行 田中 恵太郎 嶽崎 俊郎 栗木 清典 古庄 憲浩 有澤 孝吉 玉腰 暁子 今田 恒夫 武林 亨 三浦 克之 成松 宏人 鈴木 康司 村山 繁雄 高尾 昌樹 赤津 裕康 齊藤 祐子 矢部 博興 中杤 昌弘 清水 厚志 醍醐 弥太郎 高橋 隆 宮城 洋平 渡邉 俊樹 安井 寛 田中 英夫 内藤 真理子 大中 佳三 森 満 川崎 良 
研究期間: 2016年 - 2021年
 
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月
 
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月
 
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月

その他

 
 
生活習慣病発症予測マーカーの探索(住民健診受診者を対象としたエピジェネティックバイオマーカーを用いた生活習慣病予防に関する疫学研究。Clin Chim Acta. 2013;424:99-103., Arch Gerontol Geriatr. 2019;82:155-160., Am J Clin Nutr. 2019;110(5):1213-1219. J Hypertens. 2021;39(1):84-89. etc.)
*本研究シーズに関する産学共同研究の問い合わせは藤田医科大学産学連携推進セン
ター(fuji-san@fujita-hu.ac.jp)まで
 
 
①Pyrosequencing法を用いた白血球DNAメチル化率の測定
②quantitative real-time PCRによる血清microRNAの測定
③HPLC法による血清カロテノイドの分画測定
*本研究ニーズに関する産学共同研究の問い合わせは藤田医科大学産学連携推進センター(fuji-san@fujita-hu.ac.jp)まで