メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部医療科学部総合医科学研究所産学連携推進センター研究支援推進センター

研究者業績検索

 
研究分野絞り込み大分類  中分類 
> 医療科学部 

医療科学部

研究者リスト >> 山﨑将生
 

最終確認日時:

編集

山﨑将生

 
アバター
研究者氏名山﨑将生
URLhttp://www.fujita-hu.ac.jp/teacher/health/index.html
所属藤田保健衛生大学
部署医療科学部 臨床工学科 専門基礎医学 生理学
職名教授
学位博士(医学)
その他の所属院・保健学研究科博士後期過程, 保健学研究科修士過程

プロフィール

1982年4月~1986年3月 藤田学園保健衛生大学衛生学部衛生技術学科卒業
1986年4月~8月     藤田保健衛生大学衛生学部解剖組織学教室 研究
1986年6月~8月     愛知県(旧)結核予防センター検査技師(非常勤)
1986年9月~2000年3月 福島県立医科大学医学部 生理学第一講座 助手(助教)
1994年9月~1999年3月 宇宙開発事業団 客員開発部員
1994年12月1995年6月 宇宙環境利用推進センター, 脳・神経科学委員会委員
1996年9月~ 12月 NASA STS-90,Ames Research Center, California.
1998年4月~ 6月 NASASTS-90:Nerurolab,Kennedy Space Center,Florida
1999年10月~2008年3月 福島県立医科大学・院・医学研究科 基礎医学機能分野(兼任)
2000年4月~2007年7月 福島県立医科大学医学部・生理学第一講座 講師
2002年4月~2003年3月 JAXA 客員研究員;NASASTS-107 ラット分与研究:代表研究者
2003年1月~ 2月 NASA STS-107 スペースシャトルコロンビア実験
2007年8月~2008年3月 福島県立医科大学医学部・細胞統合生理学(旧生理学第一)准教授
2008年4月~ 藤田保健衛生大学・医療科学部・臨床工学科 生理学教授
2009年4月~2012年3月 院・保健学研究科(修士)臨床検査学/生理機能検査学教授(兼任)
2012年4月~ 院・保健学研究科(修士)臨床工学/基礎医学生理学
生体物質構造機能学分野 教授(兼任)
2015年4月~     院・保健学研究科(博士後期)生体情報検査科学
生理科学 教授(兼任)

研究キーワード

 
生後発達 , 加齢 , 老化 , 発達 , 中心静脈圧 , 循環 , 体液移動 , 重力 , Head-up tilt , Head-down tilt , 体位変換 , 圧受容器反射 , 大動脈神経 , 自律神経 , 微小重力 , 成長

研究分野

 
  • 神経科学 / 神経生理学・神経科学一般 / 自律神経 成長・発達
  • 基礎医学 / 生理学一般 / 
  • 基礎医学 / 環境生理学(含体力医学・栄養生理学) / 重力 宇宙 栄養

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
藤田保健衛生大学 大学院 保健学研究科(博士後期課程) 生体情報検査科学分野 生理科学 教授(兼任)
 
2012年4月
 - 
現在
藤田保健衛生大学大学院保健学研究科(修士課程 ) 臨床工学領域・生体物質構造機能学分野 生理学 教授(兼務)
 
2008年4月
 - 
現在
藤田保健衛生大学医療科学部 臨床工学科 専門基礎医学 生理学 教授
 
2009年4月
 - 
2012年3月
藤田保健衛生大学大学院保健学研究科 臨床検査学領域・生理機能検査学 教授(兼務)
 
2007年8月
 - 
2008年3月
福島県立医科大学医学部 細胞統合生理学(旧生理学第一講座) 准教授
 

受賞

 
2006年1月
福島医学会 福島医学会賞 平成17年度福島医学会 医学会賞
 
1999年4月
NASA NASA Honor Awards Group Achievement Award to the Neurolab Project Team.
 
2003年3月
日本生理学会 Jpn. J. Physiol. 2002年循環最優秀論文賞
 
2003年3月
NASA Award for contributions to the STS-107 Fundamental Space Biology, Program Experiments launched on Columbia Jan.16, 2003
 

論文

 
Katsuda S, Yamasaki M, Waki H, Miyake M, O-ishi H, Katahira K, Nagayama T, Miyamoto Y, Hasegawa M, Wago H, Okouchi T, Shimizu T
BioMed research international   2014 490428   2014年   [査読有り]
Waki H, Katahira K, Yamasaki M, Katsuda S, Shimizu T, Maeda M
Neuroscience letters   449(1) 10-14   2009年1月   [査読有り]
Waki H, Shimizu T, Yamasaki M, Katahira K, Katsuda S, Polson JW, Maeda M
Neuroscience letters   448(1) 37-40   2008年12月   [査読有り]
Waki H, Yamasaki M, Katahira K, Katsuda S, Maeda M, Shimizu T
Experimental physiology   93(3) 319-324   2008年3月   [査読有り]
Animal experiments using mammals are essential to the study on the mechanisms of phenomena produced in the human body in the space environment.
Yamasaki M, Shimizu T
Uchu Seibutsu Kagaku   18(3) 102-103   2004年11月   [査読有り]
Effects of microgravity on organ development of the neonatal rat.
Miyake M, Yamasaki M, Hazama A, Nielsen S, Shimizu T
Uchu Seibutsu Kagaku   18(3) 126-127   2004年11月   [査読有り]
Spaceflight alters the fiber composition of the aortic nerve in the developing rat.
山﨑将生
Neuroscience   128 (4) 819-829   2004年8月   [査読有り]
Effects of space flight on the histological characteristics of the aortic depressor nerve in the adult rat: electron microscopic analysis.
Yamasaki M, Shimizu T, Miyake M, Miyamoto Y, Katsuda S, O-Ishi H, Nagayama T, Waki H, Katahira K, Wago H, Okouchi T, Nagaoka S, Mukai C
Uchu Seibutsu Kagaku   18(2) 45-51   2004年6月   [査読有り]
Morphological characteristics of the kidney and lung in the neonatal rats observed after 16 days spaceflight.
Miyake M, Yamasaki M, Waki H, Katahira K, O-ishi H, Katsuda S, Nagayama T, Ijiri K, Hazama A, Shimizu T
Uchu Seibutsu Kagaku   17(3) 173-174   2003年10月   [査読有り]
Waki H, Shimizu T, Katahira K, Nagayama T, Yamasaki M, Katsuda S
Journal of applied physiology (Bethesda, Md. : 1985)   93(6) 1893-1899   2002年12月   [査読有り]
[Measurement of blood pressure in two different arteries using telemetry system during parabolic flight in rats].
Katahira K, Waki H, Yamasaki M, Shimizu T
Uchu Seibutsu Kagaku   16(3) 165-166   2002年11月   [査読有り]
[Effects of the spaceflight on organ-development in the neonatal rats: results in the Neurolab (STS-90)].
Miyake M, Yamasaki M, Katahira K, Waki H, Katsuda S, Ijiri K, Shimizu T
Uchu Seibutsu Kagaku   16(3) 209-210   2002年11月   [査読有り]
Effects of the head-down tilt posture on postnatal development of the aortic baroreflex in the rabbit.
Yamasaki M, Shimizu T
The Japanese journal of physiology   52(2) 149-161   2002年4月   [査読有り]
Postnatal changes in the rheological properties of the aorta in Sprague-Dawley rats.
Katsuda S, Waki H, Yamasaki M, Nagayama T, O-Ishi H, Katahira K, Machida N, Hasegawa M, Shimizu T
Experimental animals   51(1) 83-93   2002年1月   [査読有り]

Misc

 
高学年での基礎医学研修コースとその活用例 2)生理学教室における学習例―生体を統合体としてとらえる学習―
清水 強,山﨑将生,菅野隆浩,永山忠徳
医学教育   18(5) 381-381   1987年10月
生理学教育を通してみた基礎医学教育の諸問題
清水 強,山﨑将生,菅野隆浩,永山忠徳,松本茂二
医学教育   19(5) 359-360   1988年10月
ウサギの大動脈神経線維の生後における有髄化の様相
山﨑将生,清水 強
日本臨床   46(10) 2309-2309   1988年10月
ウサギの大動脈神経における髄鞘の成長
山﨑将生,清水 強
神経組織の成長・再生・移殖   1(1) 3-4   1988年12月
Effects of Head Down Tilt on the Aortic Baroreflex Bradycardia Elicited by the Acute Global Brain Ischemia in Rabbits
Shimizu T,Kanno T,Yamasaki M, Nagayama T
Biological Sciences in space   2(4) 306-306   1988年12月
ウサギの生後発育過程における麻酔下基礎血圧の変遷と大動脈圧反射の求心路の有髄化との関係について
山﨑将生,清水 強
日本生理学雑誌   51(3) 104-105   1989年3月
ウサギの生後発育過程における麻酔下基礎血圧の変遷と大動脈弓圧反射の求心路の有髄化との関係について
山崎 将生
日本生理学雑誌   51(3) 104-105   1989年3月
臨床検査技師教育新カリキュラムにおける生理学実習の教育体験と問題点
山﨑将生,菅野隆浩,細貝秀夫,松本茂二,永山忠徳,清水 強
医学教育   20(5) 336-337   1989年10月
ウサギの大動脈神経における有髄線維の成長について
山﨑将生,清水 強
日本臨床   47(11) 2633-2634   1989年11月
HDT時の脳阻血に伴う心拍出量の継時的変化
清水 強, 菅野隆浩,山﨑将生,永山忠徳,松本茂二
宇宙生物科学   3(4) 346-347   1989年12月
無重力環境に入った直後の循環呼吸調節状態の推定
清水 強,菅野隆浩,永山忠徳,山﨑将生,松本茂二
Space Utiliz Res   7 314-319   1990年9月
乳児期における心拍数の生後変化
山崎 将生
日本臨床生理学会雑誌   20(増刊) 168-168   1990年10月
Head-down tilt (HDT)に伴うウサギの総頸動脈および腹大動脈末端部血流量の変化
清水 強,山﨑将生,菅野隆浩,永山忠徳,松本茂二
宇宙生物科学   4(4) 253-254   1990年12月
ウサギの胎生期における大動脈神経線維の成長
山﨑将生,清水 強,永山忠徳
神経組織の成長・再生・移植   2(1) 253-254   1990年12月
ウサギの大動脈神経性圧反射の求心路における有髄化は出生直前に開始する
山﨑将生、清水 強
日本生理学雑誌   53(1) 23-23   1991年1月
全血採血時および成分採血時における献血者の心拍数の推移について
菅野隆浩、山﨑将生、永山忠徳、松本茂二、清水 強、丹野正敏、渡辺岩雄
血液事業   13(4) 647-649   1991年7月
冠血管系の特徴とその血流調節のしくみ
清水 強、山﨑将生
薬局   42(7) 923-936   1991年7月
冠血管拡張薬の作用と適用 冠血管系の特徴とその血流調節のしくみ
清水 強, 山崎 将生
薬局   42(7) 923-936   1991年7月
基礎医学教育における実験動物教育の必要性
清水 強、松本茂二、永山忠徳、山﨑将生、菅野隆浩、片平清昭
医学教育   22(5) 281-282   1991年10月
Prenatal growth of myelinated fibers
山﨑将生、清水 強
神経組織の成長・再生・移植   3(1) 102-103   1991年12月

書籍等出版物

 
臨床工学入門Ⅰ
藤田保健衛生大学医療科学部臨床工学科 (担当:分担執筆)
2011年   
ボロン・ブールぺープ生理学
泉井 亮総監訳、河南洋・久保川学監訳 (担当:分担執筆, 範囲:57章「代謝と栄養」、59章「運動生理学とスポーツ科学」、60章「環境生理学:潜水、高地、宇宙」)
西村書店   2011年   ISBN:978-4-89013-413-7
スンクスの生物学
織田銃一、東家一雄、宮木孝昌 (担当:共著, 範囲:Ⅵスンクスの迷走神経:迷走神経の電顕解析結果と特徴)
学会出版センター   2011年   ISBN:978-4-7622-3064-6
The Neurolab Spacelab Mission: neuroscience research in space.
J.C.Buckey, J.C Homick (担当:分担執筆, 範囲:Development of aortic baroreflex under conditions of microgravity. pp151-159)
NASA,JSC, Houston,Texas.   2003年   ISBN:0-9725339-0-7
Development of aortic baroreflex under conditions of microgravity.
Shimizu T, Yamasaki M, Waki H, O-ishi H, Miyake M, Miyamoto Y, Nagayama T, Katsuda S, Katahira K, Matsumoto S.
本書はNASAが纏めた出版物の一つで、ニューロラブ計画はNASA/ NIH企画のスペースシャトルを利用した脳神経科学研究である。
9日...
“きぼう”に向けて─ 平成9・10年度宇宙実験報告会─ ライフサイエンス分野
宇宙開発事業団,日本宇宙フォーラム
日本宇宙フォーラム   1999年   
パラボリックフライト-航空機微小実験結果報告-Vol.7
宇宙環境利用推進センター
宇宙開発事業団   1997年   
パラボリックフライト-航空機微小重力実験結果報告-Vol.6, No.2
(財)宇宙環境利用推進センター
宇宙開発事業団   1996年   

講演・口頭発表等

 
Studies on the cardiovascular system and its regulations under real and simulated microgravity conditions in space and ground-based experiment.
山﨑将生、清水強、勝田新一郎、和気秀文、西村宗修
11th Again Microgravity Simposium, Sapporo, Japan.(Oral)   2016年10月25日   
Baroreflex response to blood pressure change due to postural transitions in aging rats: 90 degrees head-up tilt experiment.
山﨑将生 ほか
37 th Gravtational Physiol., Joint conference: Life in space for life on earth, Touelouse, France. (Oral)   2016年6月8日   
Prolonged 90 degrees head-up tilt leads the decline of blood pressure in anesthetized aging rat.
山﨑将生 ほか
36th Gravtational Physiol., Ljubljana. (Oral)   2015年6月   
Cardiovascular changes and neural regulation in response to the 90 degrees head-up tilt in anesthetized rats.
山﨑将生 野村裕子、西村宗修
10th Again Microgravity Simposium, Seoul, Koria. (Oral)   2014年10月25日   
Changes of systemic arterial pressure, common crotid arterial flow and heart rate after onset of 90 degrees head-up tilt in anesthetized rat
Nishimura H, Yamasaki M, Ito Y, Nomura H
91th Annual Meeting of the Physiol. Society of Japan.   2014年3月   
Inhibitory effects of verapamil on bioidectional ventricular tachycardia in anethetized rat
野村裕子ほか
91th Annual Meeting of the Physiol. Society of Japan   2014年3月   
ISS哺乳動物飼育装置・制御・解析システムの展望
山﨑将生
日本宇宙生物科学会第27回大会   2013年9月27日   
学力低下を背景とした基礎医学教育の問題点と学生指導
山﨑将生、西村宗修、村田幸則、 黒野伸子、伊藤康宏、野村裕子、山田晃司、世古留美、今田英己
第45回日本医学教育学会大会   2013年7月   
医療系スタッフ養成コースへのPTP(Pickup・Training・Practice)サイクルモデルの導入 第3報
黒野伸子、山﨑将生、村田幸則
第45回日本医学教育学会大会   2013年7月   
Cardiovascular changes and baroreflex during 90 degrees head-up tilt in anesthetized rat.
西村宗修、山﨑将生、野村裕子
34th Annual Meeting Int'l Gravitational Physiol., Toyohashi, Japan.   2013年   
麻酔下ラット90°Head-upにおける体血圧、総頸動脈流量、心拍数の変化
西村宗修,山﨑将生,伊藤康宏,野村裕子.
第58回日本宇宙航空環境医学会大会   2012年11月   
家庭用プラネタリウム鑑賞中の姿勢の違いによる生理機能の相違
伊藤康宏、山﨑将生、野村裕子、高林 彰
第58回日本宇宙航空環境医学会大会   2012年11月   
麻酔下ラットの血圧、総頸動脈流量と心拍数の90°head-up tiltによる変化
西村宗修,山﨑将生,伊藤康宏,野村裕子,清水弘太,細野ひかる
日本宇宙生物科学会第26回大会   2012年9月   
学力低下を背景とした基礎医学教育における問題点の継続的な分析と対
山﨑将生、村田幸則,黒野伸子,今田英己,野村裕子、杉本恵子,山田晃司,世古留美、伊藤康宏、清水 強
第44回日本医学教育学会大会   2012年7月   
医療スタッフ養成コースへのPTP(Pickup・Training・Practice)サイクルモデルの導入第2報
黒野伸子,山﨑将生、村田幸則、山内一信、太田榮子
第44回日本医学教育学会大会   2012年7月   
Changes of systemic blood pressure and common carotid arterial flow after onset of 90 degrees head-up tilt in anesthetized rats.
Yamasaki M, Nishimura H, Nomura H,ItoY, Hata T,Shimizu T
89th Annual Meeting of the Physiol. Society of Japan   2012年3月   
哺乳類小動物を用いた宇宙生物学実験 Research Team年度報告 -麻酔下ラットでの90°Head-up tilt時の循環因子変化‐
山﨑将生、今田英己、野村裕子、伊藤康宏、高林彰、大平充宣、石原昭彦、大西武雄、奥野誠、片平清昭、粂井康宏、清水強、中野完、山下雅道
第28回宇宙利用シンポジウム、日本学術会議   2012年1月   
麻酔下ラットにおける90°Head-up tilt時の総頸動脈流量および体血圧変化
西村宗修、野村裕子、伊藤康宏、山﨑将生
第57回日本宇宙航空環境医学会大会   2011年11月   
今日の学生における基礎医学教育の問題点
山﨑将生、清水 強、村田幸則、山田晃司、伊藤康宏、野村裕子、杉本恵子、世古留美
第43回日本医学教育学会大会   2011年7月   
医療系スタッフ養成コースへのPTP(Pickup・Training・Practice)サイクルモデルの導入
黒野伸子、村田幸則、山﨑将生、山内一信、太田榮子
第43回日本医学教育学会大会   2011年7月   
哺乳類小動物を用いた宇宙生物学実験 Working Group 2010年度報告
山﨑将生、大平充宣、奥野 誠、石原昭彦、清水 強、粂井康宏、伊藤康宏、野村裕子、高林 彰、大西武雄、片平清昭、矢野昭起、中野 完、山下雅道
第27回宇宙利用シンポジウム   2011年1月   
ストレス指標としてのDHEAS-s/cortisol
伊藤康宏、山﨑将生、野村裕子、堀尾佳世、大目木佑美、畑 忠善
第18回日本ステロイドホルモン学会   2010年11月   
Inhalation of 1,8-Cineole Decreased the Heart Rate and Common Carotid Arterial Flow in the Rat.
Aoyama Y, Hata T, Ito Y, Nomura H, Yamasaki M
19th Int’ l Conference of the Cardiovascular System Dynamics Society, Fukuoka, Japan.   2010年9月   
基礎医学教育の問題点とその対応―大学生の学力低下を背景として―
山﨑将生、清水 強,村田幸則,黒野伸子,伊藤康宏,野村裕子,杉本恵子,世古留美、山田晃司,今田英己
第43回日本医学教育学会大会   2010年7月   
コミュニケーションツールとしての医学知識―医療機関の事務職を目指す学生のために―
村田幸則、黒野伸子、山﨑将生、山内一信、太田榮子
第42回日本医学教育学会大会   2010年7月   
哺乳類小動物を用いた宇宙生物学実験―Working Group報告2009-
山﨑将生、石原昭彦、奥野 誠、粂井康宏、清水 強、大平充宣、矢野昭起、跡見順子、大西武雄、片平清昭、中野 完、山下雅道
第26回宇宙利用シンポジウム   2010年1月   
哺乳動物および魚類の発育・発達における重力の役割追求研究班報告:イタリア宇宙機関によるmouse drawer system利用の宇宙実験
大平充宣、中井直也、河野史倫、大平宇志、藤田諒、後藤勝正、石原昭彦、大石康晴、山﨑将生、向井千秋、寺田昌弘、山下雅道、落合俊昌、行徳淳一郎
平成22年1月$第26回宇宙利用シンポジウム   2010年1月   
微小重力下での胎児の動きを推察するための模擬実験
岩田香織、三木猛生、阿部 詩織、根津八紘、吉川 文彦、上條 かほり、浜 正子、山﨑 将生、清水 強. 
第26回宇宙利用シンポジウム   2010年1月   
肺気量の体位依存性に関する予備的研究-心機能との関係-
中村文香、伊藤康宏、山﨑将生、長岡俊治、畑 忠善
第55回日本宇宙航空環境医学会大会   2009年11月   
Study on the inhalation of 1.8-Cineole with our new device in anesthetized rat
Aoyama Y, Hata T, Ito Y, Yamasaki M
日本宇宙生物科学会第23回大会   2009年10月   
A simulation experiment to analyze changes in the intrauterine posture of fetus according to movements of the mother
Iwata K, Miki T, Abe S, Netsu Y, Yoshikawa F, kamijo K, Hama M, Yamasaki M, Shimizu T.
日本宇宙生物科学会第23回大会   2009年10月   
Changes in the intrauterine position of fetus with movements of the mother
Abe S, Miki T, Kamijo K, Yoshikawa F, Hama M, Yamasaki M, Netsu Y, Shimizu T
日本宇宙生物科学会第23回大会   2009年10月   
宇宙環境における臨床生理学的研究の1例―微小重力下の循環調節について―
清水 強,山﨑将生,勝田新一郎
第46回日本臨床生理学会総会   2009年10月   
Review of structural and functional development of the rat aortic baroreflex in microgravity.
Yamasaki M, Hazama A, Shimizu T,Netsu Y ほか
36th Congress of the International Union of Physiological Science: IUPS、Kyoto, Japan.   2009年8月   
ラットでの物質の吸入実験方法の確立
青山友佳、真鍋里菜、松本唯、野村裕子、伊藤康宏、畑忠善、山﨑将生
第4回日本臨床検査学教育学会学術集会   2009年8月   
健常児のTransmural dispersion of repolarizationに関する研究
栗木万里奈、堀尾佳世、細井光沙、楠木啓史、野村裕子、山﨑将生、伊藤康宏、畑忠善
第4回日本臨床検査学教育学会学術集会   2009年8月   
医療職を養成する大学における基礎医学教育を考える
山﨑将生、村田幸則、野村裕子、伊藤康宏、野村裕子、杉本恵子、世古留美、荻野佳代、岩田香織、清水 強
第41回日本医学教育学会大会   2009年7月   
医療系教育への宇宙医学コース導入についての提言
清水 強、岩田香織、三木猛生、阿部詩織、根津八紘、吉川文彦、上條かほり、濱 正子、山﨑将生
第41回日本医学教育学会大会   2009年7月   
哺乳類小動物を用いた宇宙生物学実験―Working Group 報告-
山﨑将生、石原昭彦、奥野 誠、粂井康宏、清水 強、大平充宣、矢野昭起、跡見順子、大西武雄、片平清昭、中野 完、山下雅道
第25回宇宙利用シンポジウム   2009年1月   
宇宙飛行実験へのスナネズミ利用の可能性
大平充宣、中井直也、河野史倫、後藤勝正、長岡俊治、山﨑将生、石原昭彦、大石康晴
第25回宇宙利用シンポジウム   2009年1月   
胎児姿勢への重力関与の検討
三木猛生、阿部 詩織、伊東 千香、吉川文彦、清水 強、浜 正子、山﨑将生、根津 八紘
第25回宇宙利用シンポジウム   2009年1月   
胎児に対する重力関与の検討
三木猛生、根津八紘、山﨑将生、清水 強、外7名
日本宇宙生物科学会第22回大会   2008年11月   
肺気量の体位依存性に関する予備的研究
中村文香、伊藤康宏、山﨑将生、長岡俊治
第54回日本宇宙航空環境医学会大会   2008年11月   
宇宙環境における生殖医学の研究の必要性
清水 強、山﨑将生、三宅将生、片平清昭、三木猛生、阿部詩織、吉川文彦、上條かほり、根津八紘
第54回日本宇宙航空環境医学会大会   2008年11月   
微小重力下での血液循環とその調節 [招待有り]
山﨑将生
第29回日本妊娠高血圧学会   2008年10月   
Baroreflex mechanism under weightlessness and its development [招待有り]
Yamasaki M
第84回日本生理学会大会   2007年3月   
各種教育分野における生理学教育の問題点
山﨑将生、勝田新一郎、三宅将生、挟間章博、清水 強
第38回日本医学教育学会大会   2006年7月   
Does the aortic baroreflex in adult rat fail during and after the 16 days space flight?
Yamasaki M, Shimizu T, Katahira K, Katsuda S, Miyake M, Hzama A
第83回日本生理学会   2006年3月   
Usefulness and limitations of head-down tilt method as ground-based simulation for phenomena occurring microgravity [招待有り]
Yamasaki M, Hazama A, Shimizu T,Netsu Yほか
Congress(IAC), Fukuoka, Japan. (Oral)   2005年10月   
生理学教員担当科目の現状
山﨑将生、勝田新一郎、三宅将生、挟間章博
第38回東北生理談話会   2005年10月   
生命科学・社会医学系(旧名称基礎医学)教員担当科目の現状と課題一生理学教員の経験に基づいて-
山﨑将生、勝田新一郎、三宅将生、挟間章博
第37回日本医学教育学会大会   2005年7月   
発達期動物の宇宙飛行に伴う循環調節の様相一微小重力環境適応と帰還後地球重力再適応-
山﨑将生、清水 強、勝田新一郎、三宅将生、外4名
第21回宇宙利用シンポジウム   2005年1月   
微小重力環境における頭部供血と動脈系圧受容器反射
山﨑将生、清水 強、勝田新一郎
第15回日本病態生理学会   2005年1月   
宇宙で育った幼弱ラットの地上帰還30日後の大動脈神経性圧反射機構
山﨑将生、清水 強、和気秀文、三宅将生
第50回宇宙航空環境医学会総会   2004年11月   
宇宙環境における噛乳 動物実験の必要性:STS-90 および STS-107 スペースシャトルでの動物実験の経験に基づいて [招待有り]
山﨑将生、清水 強、和気秀文、三宅将生、勝田 新一郎、外3名
第18回宇宙生物科学会大会   2004年9月   
Fiber composition of the afferent of aortic baroreflex correlates with the reflex indices: A space experiment of neonatal rats
山﨑将生、清水 強、和気秀文、三宅将生、外3名
第81回日本生理学会大会   2004年6月   
宇宙で育ったラットの大動脈神経性圧受容器反射と求心路の神経線維構成との関係
山﨑将生、清水 強、和気秀文、三宅将生、外3名
コ・メディカル形態機能学研究会第2回学術集会   2004年3月   
大動脈神経性圧反射における血圧変動と求心性神経の組織学的特徴との関係
山﨑将生、清水 強
コ・メディカル形態機能学研究会第1回学術集会   2003年3月   
基礎医学におけるPBL テユートリアル教育
山﨑将生,清水 強
第35回日本医学教育学会大会   2003年3月   
Effects of 16 days Space Flight on the Fiber Composition of Afferent of the Aortic Baroreflex in the Adult Rat
山﨑将生、清水 強、和気秀文、片平清昭、外3名
第79回日本生理学会大会   2002年3月   
微小重力環境がラット大動脈神経性圧反射機構の発達に及ぼす影響
山崎将生、清水強、和気秀文、勝田新一郎、三宅将生、大石浩隆、外6名
第47回日本宇宙航空環境医学会総会   2001年11月   
成熟ラットの大動脈圧受容器反射の求心路における神経線維構成に対する宇宙飛行の影響
山﨑将生、清水 強、勝田新一郎、宮本裕加子、三宅将生、和気秀文、大石浩隆、永山忠徳、片平清昭、和合治幸、大河内利康、松本茂二、長岡俊治、向井千秋
宇宙生物科学会第15回大会   2001年9月   
The Aortic Baroreflex under Conditions of Microgravity [招待有り]
Yamasaki M , Shimizu T
第78回日本生理学会大会   2001年3月   
圧反射における求心路の組織学的特徴
山﨑将生
日本宇宙航空環境医学会 第6回東北宇宙生命科学シンポジウム「NASAニューロラブ計画に参加して」:日本宇宙生物科学会サテライトシンポジウム   2000年10月   
Postflight development of the aortic nerve in the rat that grew in space
Yamasaki M, Shimizu T, Waki H, agayama T,Katsuda S, Katahira K, Kaneko M, Matsumoto S, Nagaoka S
第77回日本生理学会大会   2000年3月   
宇宙の微小重力環境が大動脈神経圧受容器反射機能と求心路の発達に及ぼす影響 [招待有り]
山﨑将生, 清水 強, 和気秀文, 永山忠徳, 勝田新一郎
第9回日本病態生理学会総会   2000年1月   
スペースシャトルを利用した宇宙実験”ニューロラブ計画”に参加して
山﨑将生
日本宇宙航空環境医学会第4回東北宇宙生命科学シンポジウム   1999年10月   
宇宙で育ったラットの左大動脈神経線維の太さの度数分布 [招待有り]
Yamasaki M,Shimizu T,Miyake M,Waki H
日本宇宙生物科学会第13回大会   1999年9月   
The effect of microgravity on postnatal development of the aortic baroreflex system [招待有り]
山﨑将生
NASA Final Meeting on the Results of Neurolab Mission , Washington, DC., USA   1999年4月   
Histological analysis of the afferent nerve of the aortic baroreflex in rats raised in space : The first report
Yamasaki M,Shimizu T,Miyake M,Waki H, O-ishi H,Katsuda S, Nagayama T, Katahira K,Miyamoto Y,Kaneko M,Matsumoto S, Nagaoka S,Mukai C
第76回日本生理学会大会   1999年3月   
宇宙で育ったラットの大動脈神経の組織学的検索:髄鞘形成(ニューロラブ計画速報) [招待有り]
山﨑将生,清水 強,三宅将生,宮本裕加子,和気秀文,勝田新一郎,大石浩隆,永山忠徳,片平清昭,和合治幸,大河内利康,金子みち代,松本茂二,向井千秋,長岡俊治,泉 友則,柳川孝二,植村 勝
日本宇宙生物科学会第12回大会   1998年9月   
微小重力の大動脈神経性圧反射の生後発達に及ぼす影響 ─ニューロラブ計画宇宙実験に向けての準備状況─ [招待有り]
山﨑将生,永山忠徳,和気秀文,勝田新一郎,大石浩隆,宮本裕加子,片平清昭,金子みち代,三宅将生,長岡俊治,向井千秋,泉 龍太郎
第43回日本宇宙航空環境医学会総会   1997年11月   
宇宙実験の準備 −NASA Neurolab (NL) 計画のリハーサル−
山﨑将生,清水 強,永山忠徳,和気秀文,勝田新一郎,大石浩隆,宮本裕加子,和合治幸,大河内利康,三宅将生,片平清昭,金子みち代,植村 勝,長岡俊治
第30回東北生理談話会   1997年10月   
Changes of the common carotid arterial flow in the anesthetized rat during parabolic flight
Yamasaki M, Sshimizu T, Waki H, Nagayama T, Katsuda S, Katahira K, Kaneko M, Nagaoka S, Mukai C
第74回日本生理学会大会   1997年3月   
Parabolic Flightにおける麻酔下ラットの総頸動脈流量測定の試み
山﨑将生,清水 強,永山忠徳,和気秀文,勝田新一郎,和合治幸,大河内利康,宮本裕加子,片平清昭,金子みち代,鳥田恵子,山縣真樹,新家佳代子,金沢雅人, 根本 都,三原華子,大越 聡,鈴木尊裕,田村みずほ,佐藤睦美,丹野正敏,長岡俊治,向井千秋,植村 勝
日本宇宙生物科学会第10回大会   1996年9月   
Postnatal change of the number of myelinated fibers in the rat aortic nerve
Yamasaki M, Shimizu T, Kanno Ta,Nagayama T, Waki H, Tan-no M, Katahira K, Mukai C, Nagaoka S, Sato H
第73回日本生理学会大会   1996年3月   
ラット大動脈神経線維の軸索径は2相性である.The Pattern of the Frequency Distribution of Axon Diameters in the Rat Aortic Nerve is Bimodal
山﨑将生、清水 強、菅野隆浩、永山忠徳
神経の成長・再生・移植研究会、 第10回学術集会   1995年12月   
Postnatal Development of the Rat Aortic Nerve
Yamasaki M, Matsumoto S, Shimizu T
第71回日本生理学会大会   1995年4月   
Head-down tilt状態で育ったウサギの大動脈神経性圧受容器反射の求心路の構造と機能
山﨑将生,清水 強
40回日本宇宙航空環境医学会総会   1994年11月   
Changes in the carotid blood flow at the initial stage during head-down tilt in the rabbit. [招待有り]
山﨑将生
(2nd International Congress of Pathophysiol., Kyoto,  Japan,1994   1994年11月   
ラットの大動脈神経性圧受容器反射の求心路は生後も発達しているだろうか
山﨑将生、清水 強、松本茂二、永山忠徳、菅野隆浩、丹野正敏、大須賀文彦、塚田泰彦、中野路子、林 康博、松本茂二、永山忠徳、菅野隆浩、丹野正敏
第27回東北生理談話会   1994年10月   
Head-down tilt状態で育ったウサギの腓骨神経ヒラメ筋枝の有髄線維直径の変化について
山﨑将生,清水 強,森田昌宏,松本茂二,永山忠徳,菅野隆浩,丹野正敏
第8回日本宇宙生物科学会大会   1994年9月   
大動脈圧受容器反射の求心性神経の再生―大動脈神経の中枢側切断端を総頸動脈血管壁へ置換した場合―
山﨑将生、清水 強、永山忠徳、森田昌宏
神経の成長・再生・移植研究会、第9回学術集会   1994年6月   
Aortic Nerve Activity in Young Rabbits Raised in a Head-down Tilt Position
Yamasaki M, Matsumoto S, Shimizu T
第70回日本生理学会大会   1994年3月   
心臓リズムの外来性調節に関係する大動脈神経圧受容器反射の求心路の発達
山﨑将生、清水 強、松本茂二、永山忠徳、菅野隆浩
第2回循環基礎フォーラム   1994年1月   
Head-down tilt状態で育ったウサギの腓骨神経ヒラメ筋枝の神経線維構成はかわるだろうか
山﨑将生、清水 強、森田昌宏、松本茂二、永山忠徳、菅野隆浩、丹野正敏
日本宇宙生物科学会第7回大会   1993年9月   
Development of the Aortic Nerve in the Rabbit Raised in a Head-down Tilt Position
Yamasaki M, Shimizu T
第70回日本生理学会大会   1993年4月   
長期連続観察により得られた乳幼児期における心拍数の生後変化の様相
山﨑将生、清水 強
第29回日本臨床生理学会総会   1992年10月   
模擬微小重力環境下における発育期のウサギの飼育と成長
山﨑将生、清水 強、菅野隆浩、永山忠徳、松本茂二、丹野正敏
第6回日本宇宙生物科学会大会   1992年9月   
Postnatal Development of Afferent Nerves of Arotic Baroreflex Arch in the Rabbit Raised under Simulated Microgravity.
山﨑将生
40th International Congress of Aviation and Space Med., Takanawa Prince H., Tokyo.   1992年7月   
Postnatal Development of Afferent Nerves of Arotic Baroreflex Arch in the Rabbit Raised under Simulated Microgravity. (oral)
山﨑将生
40th International Congress of Aviation and Space Med., Takanawa Prince H., Tokyo.   1992年7月   
Development of Myelinated and Unmyelinated Afferent Fibers of the Aortic Baroreflex Arch in Newborn and Fetal Rabbits
Yamasaki M, Matsumoto S, Shimizu T
第69回日本生理学会大会   1992年4月   
ウサギ胎仔の大動脈神経における有髄線維の成長
山﨑将生、清水 強
経組織の成長・再生・移植研究会 第6回学術集会   1991年12月   
コレステロール負荷家兎における脳阻血性昇圧徐脈の反応性低下とそれに対するエラスターゼ投与の影響
山﨑将生、清水 強、菅野隆浩、永山忠徳、松本茂二
第28回日本臨床生理学会総会   1991年10月   
ウサギにおけるHead-down tilt (HDT)に伴う総頚動脈血流量の内頚動脈と外頚動脈への分配に関する検討
﨑将生、清水 強、菅野隆浩、永山忠徳、松本茂二
日本宇宙生物科学会第5回大会   1991年9月   
Myelination of Afferent Fibers of the Aortic Baroreflex Arch in Fetal Rabbit
Yamasaki M, Shimizu T
第68回日本生理学会大会   1991年4月   
ウサギの胎生期における大動脈神経線維の成長
山﨑将生,清水 強
神経組織の成長・再生・移植研究会第5回学術集会   1990年12月   
Head-down tilt (HDT)に伴うウサギの総頸動脈および腹大動脈末端部血流量の変化
山﨑将生,清水 強,菅野隆浩,永山忠徳,松本茂二
日本宇宙生物科学第4回大会   1990年10月   
乳児期における心拍数の生後変化
山﨑将生,永山忠徳,菅野隆浩,松本茂二,清水 強
第27回日本臨床生理学会総会   1990年10月   
Myelination of afferent fibers of the aortic baroreflex arch in newborn and fetal rabbits
Yamasaki M, Matsumoto S, Shimizu T
第66回日本生理学会大会   1990年4月   

所属学協会

 
藤田医学会 , 福島医学会 , コ・メディカル形態機能学会 , 日本宇宙航空環境医学会 , 日本宇宙生物科学会 , 日本病態生理学会 , 日本臨床生理学会 , 日本家政学会 , 日本教育学会 , 日本医学教育学会 , 日本生理学会

教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)

 
 
 
 
 

作成した教科書、教材、参考書

 
 
 
 

教育方法・教育実践に関する発表、講演等

 
 

その他教育活動上特記すべき事項