メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部総合医科学研究所産学連携推進センター研究支援推進センター

研究者業績検索

 
研究分野絞り込み大分類  中分類 
> 医学部 

医学部

研究者リスト >> 日下守
 

最終更新日時:

編集

日下守

 
アバター
研究者氏名日下守
 
クサカ マモル
所属藤田保健衛生大学
部署医学部 医学科 腎泌尿器外科学
職名教授

研究キーワード

 
心停止下献腎移植 , 虚血再灌流障害 , 臓器保存 , 腎移植

研究分野

 
  • 外科系臨床医学 / 泌尿器科学 / 腎移植

経歴

 
2013年1月
 - 
現在
藤田保健衛生大学  腎泌尿器外科 教授
 
2012年4月
 - 
2012年12月
藤田保健衛生大学  臓器移植再生医学  教授
 
2009年10月
 - 
2012年3月
藤田保健衛生大学  腎泌尿器外科 准教授
 
2002年4月
 - 
2009年9月
藤田保健衛生大学  腎泌尿器外科 講師
 
2001年4月
 - 
2002年3月
大阪医科大学  泌尿器科  助手
 

学歴

 
1993年4月
 - 
1997年3月
大阪医科大学大学院 医学研究科 
 
1995年4月
 - 
1991年3月
大阪医科大学  
 

論文

 
Takuro Miyazaki, Shuntaro Sato, Takashi Kondo, Mamoru Kusaka, Mitsukazu Gotoh, Yoshikatsu Saiki, Minoru Ono, Norihiro Kokudo, Shin Enosawa, Shigeru Satoh, Etsuko Soeda, Hiroyuki Furukawa, Eiji Kobayashi, Takeshi Nagayasu
Surgery Today   1-7   2018年1月
© 2018 Springer Nature Singapore Pte Ltd. Purpose: In Japan, there have been no national surveys on the incidence of de novo malignancy after solid organ transplantation, which is one of the leading causes of death in transplant recipients. Method...
M. Kusaka, M. Okamoto, M. Takenaka, H. Sasaki, N. Fukami, K. Kataoka, T. Ito, T. Kenmochi, K. Hoshinaga, R. Shiroki
Transplantation Proceedings   49 1056-1060   2017年6月
© 2017 Elsevier Inc. Background Kidney transplant recipients are at increased risk of developing cancer in comparison with the general population. To effectively manage post-transplantation malignancies, it is essential to proactively monitor pati...
Shingo Yamamoto, Katsumi Shigemura, Hiroshi Kiyota, Koichiro Wada, Hiroshi Hayami, Mitsuru Yasuda, Satoshi Takahashi, Kiyohito Ishikawa, Ryoichi Hamasuna, Soichi Arakawa, Tetsuro Matsumoto, Yuichiro Kurimura, Jiro Hashimoto, Teruhisa Uehara, Yoshiki Hiyama, Jun Miyazaki, Satoshi Yazawa, Mamoru Kusaka, Takashi Deguchi, Rikiya Taoka, Yoshikazu Togo, Minori Matsumoto, Shin Ya Uehara, Kanao Kobayashi, Takehiko Sho, Masahiro Matsumoto
International Journal of Urology   23 814-824   2016年10月
© 2016 The Japanese Urological Association After publication of the initial version of the Japanese guidelines for urological surgery in 2007, new surgical techniques have been introduced. Furthermore, several important issues, such as criteria fo...
造影超音波を用いた腎臓移植における抗体関連型拒絶反応の評価
會田 直弘, 剣持 敬, 伊藤 泰平, 西川 徹, 河合 昭浩, 佐々木 ひと美, 日下 守, 星長 清隆
MHC: Major Histocompatibility Complex   23(2Suppl.) 89-89   2016年10月
Taihei Ito, Takashi Kenmochi, Shinichiro Ono, Minoru Oshima, Naohiro Aida, Atsushi Suzuki, Midori Hasegawa, Mamoru Kusaka, Kiyotaka Hoshinaga
Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences   23 270-275   2016年5月
© 2016 Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery. Background A total of 26 pancreas transplants from brain dead donors, including 21 simultaneous pancreas and kidney (SPK) transplantation procedures, have been performed at Fujita Healt...
Mamoru Kusaka, Yusuke Kubota, Hitomi Sasaki, Naohiko Fukami, Tamio Fujita, Yuichi Hirose, Hiroshi Takahashi, Takashi Kenmochi, Ryoichi Shiroki, Kiyotaka Hoshinaga
International Journal of Urology   23 319-324   2016年4月
© 2016 The Japanese Urological Association. Objectives: Kidneys procured from the deceased hold great potential for expanding the donor pool. The aims of the present study were to investigate the post-transplant outcomes of renal allografts recove...
Tomohito Doke, Waichi Sato, Kazuo Takahashi, Hiroki Hayashi, Sigehisa Koide, Hitomi Sasaki, Mamoru Kusaka, Ryoichi Shiroki, Kiyotaka Hoshinaga, Asami Takeda, Yukio Yuzawa, Midori Hasegawa
Internal Medicine   55 375-380   2016年2月
© 2016 The Japanese Society of Internal Medicine. A 53-year-old woman who had undergone deceased donor kidney transplantation twice, at 35 and 43 years of age, presented with renal impairment. She was infected with hepatitis C virus (HCV). The his...
Ryoichi Shiroki, Naohiko Fukami, Kosuke Fukaya, Mamoru Kusaka, Takahiro Natsume, Takashi Ichihara, Hiroshi Toyama
International Journal of Urology   23 122-131   2016年2月
© 2016 The Japanese Urological Association. Nephron-sparing surgery has been proven to positively impact the postoperative quality of life for the treatment of small renal tumors, possibly leading to functional improvements. Laparoscopic partial n...
M. Tada, M. Hasegawa, H. Sasaki, M. Kusaka, R. Shiroki, K. Hoshinaga, T. Ito, T. Kenmochi, S. Nakai, K. Takahashi, H. Hayashi, S. Koide, Y. Yuzawa
Transplantation Proceedings   48 26-30   2016年1月
© 2016 The Authors. Background The waiting time for deceased-donor kidney-only transplantations in Japan is long. Herein, we assessed the effect of length of dialysis on the outcomes of these patients. Methods We divided patients into 2 groups bas...
Hitomi Sasaki, Masahiro Ito, Masashi Takenaka, Kosuke Fukaya, Naohiko Fukami, Mamoru Kusaka, Kiyotaka Hoshinaga, Ryoichi Shiroki
Japanese Journal of Clinical Urology   69 950-956   2015年1月
Shohei Hayakawa, Ryoichi Shiroki, Naohiko Fukami, Hitomi Sasaki, Mamoru Kusaka, Kiyotaka Hoshinaga
Acta Urologica Japonica   61 275-277   2015年1月
A 42-year-old female visited our hospital with the chief complaint of macrohematuria and left lateroabdominal pain. Computed tomography and retrograde pyelogram showed left hydronephroureter and obstructive uropathy which was 20 mm in diameter in ...
M. Kusaka, M. Sugimoto, N. Fukami, H. Sasaki, M. Takenaka, T. Anraku, T. Ito, T. Kenmochi, R. Shiroki, K. Hoshinaga
Transplantation Proceedings   47 596-599   2015年1月
© 2015 Elsevier Inc. Introduction Three-dimensional (3-D) printing systems allow for the creation of surgical models mimicking real tissue. We developed a kidney graft and pelvic cavity replica as a patient-specific 3-D model using a 3-D printing ...
H. Sasaki, A. Suzuki, M. Kusaka, N. Fukami, R. Shiroki, M. Itoh, H. Takahashi, K. Uenishi, K. Hoshinaga
Transplantation Proceedings   47 367-372   2015年1月
© 2015 Elsevier Inc. All rights reserved. Background Nutritional status affects clinical outcomes in patients with chronic renal failure. Glucose intolerance, dyslipidemia, obesity, hypertension, and a calcium-phosphorus-vitamin D imbalance are th...
Takashi Kenmochi, Takehide Asano, Naotake Akutsu, Taihei Ito, Mamoru Kusaka, Kiyotaka Hoshinaga
Marginal Donors: Current and Future Status   9784431544845 147-161   2014年12月
© 2014 Springer Japan. All rights reserved. The concept of brain death was introduced with the Harvard criteria in 1968 [1]. However, brain dead (DBD) donors were not used for organ transplantation in Japan until the enforcement of the Japanese Or...
Akihiro Kawai, Mamoru Kusaka, Fumihiko Kitagawa, Junichi Ishii, Naohiko Fukami, Takahiro Maruyama, Hitomi Sasaki, Ryoichi Shiroki, Hiroki Kurahashi, Kiyotaka Hoshinaga
Clinical Transplantation   28 749-754   2014年1月
Kidneys procured by donation after cardiac death (DCD) may increase the donor pool but are associated with high incidence of delayed graft function (DGF). Urinary liver-type fatty acid-binding protein (L-FABP) level is an early biomarker of renal ...
T. Ito, T. Kenmochi, T. Nishikawa, M. Maruyama, M. Kusaka, H. Sasaki, T. Asano, H. Matsubara, K. Hoshinaga
Transplantation Proceedings   46 1917-1919   2014年1月
Pancreatic graft thrombosis is the primary cause of nonimmunologic graft loss, with an incidence ranging from 5% to 15%. Therefore, developing a screening test to detect graft thrombosis after pancreatic transplantation is important. We created a ...
I. Hiratsuka, A. Suzuki, M. Kondo-Ando, H. Hirai, Y. Maeda, S. Sekiguchi-Ueda, M. Shibata, T. Takayanagi, M. Makino, N. Fukami, T. Itoh, H. Sasaki, M. Kusaka, T. Kenmochi, K. Hoshinaga, M. Itoh
Transplantation Proceedings   46 967-969   2014年1月
Background Despite recent progress of immunosuppressive therapy with newly developed agents, long-term pancreatic graft survival after pancreas transplantation still remains low. Therefore, precise assessment of β-cell function after pancreas tran...
K. Uchida, K. Hoshinaga, Y. Watarai, N. Goto, M. Kusaka, H. Sasaki, M. Hirano
Transplantation Proceedings   46 1314-1318   2014年1月
Background Currently, there are no published data on pharmacokinetics (PK) of everolimus in combination with cyclosporine in Japanese renal transplant patients. We evaluated the PK of everolimus in Japanese de novo renal transplant patients who re...
T. Ito, T. Kenmochi, A. Suzuki, M. Maruyama, M. Kusaka, H. Sasaki, T. Asano, H. Matsubara, K. Hoshinaga
Transplantation Proceedings   46 970-972   2014年1月
Background Under a revision to the law in 2010, the number of pancreas transplantations from brain-dead donors has been increasing in Japan. We started a new Pancreatic Transplant Program at Fujita Health University Hospital in September 2012. Met...
Ryoichi Shiroki, Takahiro Maruyama, Kohsuke Fukaya, Hitoshi Ishise, Masaru Hikichi, Shohei Hayakawa, Masashi Takenaka, Takahito Joudai, Naohiko Fukami, Hitomi Sasaki, Mamoru Kusaka, Kiyotaka Hoshinaga
Japanese Journal of Clinical Urology   67 313-319   2013年4月
特集】前立腺・精嚢
日下守
泌尿器ケア   18(5) 488-494   2013年
特集 腎移植における新しい展開【腎保存と臓器提供推進活動】献腎採取と腎保存
日下守,星長清隆
腎と透析   75(1) 99-102   2013年
Mamoru Kusaka, Fumi Iwamatsu, Yoko Kuroyanagi, Miho Nakaya, Manabu Ichino, Shigeru Marubashi, Hiroaki Nagano, Ryoichi Shiroki, Hiroki Kurahashi, Kiyotaka Hoshinaga
Journal of Urology   187 2261-2267   2012年6月
Purpose: Kidneys procured from donors after cardiac death hold great potential to expand the donor pool. However, they have not yet been fully used, in part due to the high incidence of delayed graft function. Although urine neutrophil gelatinase-...
脳死下献腎移植と心停止下献腎移植の現状と問題点
日下守, 星長清隆
移植   47 21-26   2012年
日下守, 星長清隆
Organ Biology   19 53-58   2012年
第6章腎不全・腎移植:脳死/心停止ドナーの管理と腎摘出法 Ⅲ.心停止ドナーの管理と献腎採取法
日下守
日本泌尿器科学会2012年 卒後・生涯教育テキスト   17(1) 131-135   2012年
Kiyohito Ishikawa, Kiyohito Ishikawa, Takahiro Maruyama, Hitomi Sasaki, Mamoru Kusaka, Ryoichi Shiroki, Kiyotaka Hoshinaga, Tetsuro Matsumoto
Japanese Journal of Chemotherapy   59 605-609   2011年11月
In the urological operative field, antimicrobial prophylaxis seems to be important when performing a transurethral resection in order to prevent perioperative febrile urinary tract infection and urosepsis. In order to draw up the original Japanese...
Kiyohito Ishikawa, Takahiro Maruyama, Mamoru Kusaka, Ryoichi Shiroki, Kiyotaka Hoshinaga
Acta Urologica Japonica   57 539-543   2011年10月
Holmium laser enucleation of the prostate (HoLEP) has been established as a procedure for the treatment of patients with benign prostate hyperplasia, instead of transurethral resection of prostate (TURP). To determine the appropriate antimicrobial...
白木良一, 丸山高広, 日下守,和志田重人, 引地克, 森川高光,平野泰広, 深見直彦, 佐々木ひと美, 石川清仁, 星長清隆
日本泌尿器科学会雑誌   102 679-685   2011年1月
(Objectives): For the management of patients with small renal tumor, laparoscopic partial nephrectomy (LPN) provides similar oncological control as radical nephrectomy (RN) and is superior to RN with respect to preserving renal function and preven...
小児泌尿器科周術期における抗菌薬予防投与の現状について-ガイドライン作成から検証へ-
石川清仁, 佐々木ひと美,丸山高広, 日下守,白木良一, 星長清隆, 松本哲朗
日本小児泌尿器科学会雑誌   20 41-44   2011年
腎移植におけるバイオマーカー -急性拒絶反応と献腎移植機能回復に対するバイオマーカーについて
日下守, 星長清隆
腎と透析   70(2) 183-188   2011年
心停止ドナーからの献腎摘出法
日下守, 星長清隆
腎移植・血管外科   23(2) 70-75   2011年
改正臓器移植法施行後の当院における変化:提供病院においてDAPを推進する移植医の立場から
日下守, 星長清隆
移植   46 485-489   2011年
Mamoru Kusaka, Yoko Kuroyanagi, Manabu Ichino, Hitomi Sasaki, Takahiro Maruyama, Kunihiro Hayakawa, Ryoichi Shiroki, Atsushi Sugitani, Hiroki Kurahashi, Kiyotaka Hoshinaga
Cell Transplantation   19 723-729   2010年11月
Donors after cardiac death (DCD) have recently become an important source of renal transplants to alleviate the shortage of renal grafts in kidney transplantation (KTx), although DCD kidneys often have complications associated with a delayed graft...
Manabu Ichino, Mamoru Kusaka, Yoko Kuroyanagi, Yoko Kuroyanagi, Terumi Mori, Masashi Morooka, Hitomi Sasaki, Ryoichi Shiroki, Seiichirou Shishido, Hiroki Kurahashi, Kiyotaka Hoshinaga
Journal of Urology   183 2001-2007   2010年5月
Purpose: Renal scarring is a serious complication that often occurs with chronic pyelonephritis in the presence of vesicoureteral reflux. In a previous study we established a rat model of renal scarring in which we found the up-regulation of neutr...
献腎移植におけるグラフトバイオマーカー
日下 守, 星長清隆
今日の移植   23(2) 149-156   2010年
Manabu Ichino, Yoko Kuroyanagi, Yoko Kuroyanagi, Mamoru Kusaka, Terumi Mori, Kiyohito Ishikawa, Ryoichi Shiroki, Hiroki Kurahashi, Kiyotaka Hoshinaga
Journal of Urology   181 2326-2331   2009年5月
Purpose: Recurrent upper urinary tract infection is a common complication of vesicoureteral reflux that often leads to irreversible renal scarring. In our previous study of a rat model of renal bacterial infection we performed global gene expressi...
Mamoru Kusaka, Yoko Kuroyanagi, Terumi Mori, Kayuri Nagaoka, Hitomi Sasaki, Takahiro Maruyama, Kunihiro Hayakawa, Ryoichi Shiroki, Hiroki Kurahashi, Kiyotaka Hoshinaga
Cell Transplantation   18 647-656   2009年1月
Because of the worldwide shortage of renal grafts, kidney transplantation (KTx) from donors after cardiac death (DCD) is an alternative way to obtain KTx from brain-dead donors. Although the prognosis of DCD KTx is gradually improving, the graft o...
Manabu Ichino, Manabu Ichino, Terumi Mori, Terumi Mori, Mamoru Kusaka, Mamoru Kusaka, Yoko Kuroyanagi, Kiyohito Ishikawa, Ryoichi Shiroki, Hiroe Kowa, Hiroe Kowa, Hiroki Kurahashi, Hiroki Kurahashi, Kiyotaka Hoshinaga, Kiyotaka Hoshinaga
Pediatric Nephrology   23 1059-1071   2008年7月
Renal scarring is a serious complication of chronic pyelonephritis that occurs due to vesicoureteral reflux. In our study, we performed global expression profiling of the kidney during renal scarring formation in a rat pyelonephritis model. An ino...
Shinobu Kato, Mamoru Kusaka, Ryoichi Shiroki, Masanobu Izumitani, Haruyoshi Asano, Takahiro Ooki, Masanori Yanaoka, Kiyotaka Hoshinaga
Acta Urologica Japonica   54 173-177   2008年3月
We examined the effectiveness of supplemental administration of flavoxate hydrochloride in patients with benign prostatic hyperplasia (BPH) whose nocturia was not adequately relieved by an α1-adrenoceptor blocker. Fifty-two patients who had two or...
Satoshi Arima, Ryoichi Shiroki, Shintaro Mori, Takahiro Maruyama, Hitomi Sasaki, Mamoru Kusaka, Shinsaburo Miyakawa, Kunihiro Hayakawa, Kiyotaka Hoshinaga
Japanese Journal of Urology   99 660-665   2008年1月
Zoledronic acid is reported to significantly reduce skeletal morbidity and prolong time to bone lesion progression in patients with bone metastases from various malignant tumors including renal cell carcinoma. Due to renal uptake and elimination o...
Mamoru Kusaka, Mamoru Kusaka, Yoko Kuroyanagi, Terumi Mori, Kayuri Nagaoka, Hitomi Sasaki, Takahiro Maruyama, Kunihiro Hayakawa, Ryoichi Shiroki, Hiroki Kurahashi, Kiyotaka Hoshinaga
Cell Transplantation   17 129-134   2008年1月
Because of a worldwide shortage of renal grafts, kidneys procured from donors after cardiac death (DCD) have recently become an important source of renal transplants. However, DCD kidneys often have complications with delayed graft function (DGF) ...
夜間頻尿を有するα1アドレナリン受容体遮断薬投与中の前立腺肥大症患者に対する塩酸フラボキサートの有用性の検討
加藤忍, 日下守, 白木良一, 星長清隆,泉谷正伸, 浅野晴好, 大木隆弘, 柳岡正範
泌尿器科紀要   54 173-177   2008年
Ryoichi Shiroki, Hitomi Sasaki, Mamoru Kusaka, Takahiro Ohki, Kunihiro Hayakawa, Kiyotaka Hoshinaga
Acta Urologica Japonica   53 429-433   2007年6月
Stress urinary incontinence (SUI) is a major urologie health problem and the number of patients with SUI will rise dramatically as the population of elderly people continues to increase in Japan. This condition causes unnecessary and detrimental p...
Y. Kubota, K. Hayakawa, H. Sasaki, M. Kusaka, T. Maruyama, R. Shiroki, K. Hoshinaga
American Journal of Transplantation   7 1177-1180   2007年5月
The objective is to investigate the outcome of transplantation using kidney grafts from donors after cardiac death (DCDs) with a total ischemia time (TIT) longer than 24 h. All 373 kidneys were procured from DCDs. They were procured using the in-s...
Mamoru Kusaka, Mamoru Kusaka, Mamoru Kusaka, Yoko Kuroyanagi, Yoko Kuroyanagi, Hiroe Kowa, Hiroe Kowa, Kayuri Nagaoka, Kayuri Nagaoka, Terumi Mori, Terumi Mori, Kouji Yamada, Ryoichi Shiroki, Hiroki Kurahashi, Hiroki Kurahashi, Kiyotaka Hoshinaga, Kiyotaka Hoshinaga
Transplantation   83 62-70   2007年1月
BACKGROUND. It has been well documented that two factors, brain death (BD) and ischemia/reperfusion (I/R) injury, have distinct but overlapping adverse influences on the clinical outcome of renal transplantation. METHOD. We previously established ...
女性腹圧性尿失禁に対する未来治療
白木良一, 佐々木ひと美, 日下守, 早川邦弘,星長清隆, 大木隆弘
泌尿器科紀要   53 429-443   2007年
第4章「腎不全・腎移植」生体腎移植におけるドナーの選択、腎摘出法ならびに術前術後の管理法 Ⅲ.生体腎移植における術前術後の管理法(レシピエントを中心に)
日下守
日本泌尿器科学会2007年 卒後・生涯教育テキスト   12(2) 71-77   2007年
第10章「腎不全・腎移植」腎移植と感染症 Ⅲ.移植と感染症
日下守
日本泌尿器科学会2007年 卒後・生涯教育テキスト   12(1) 209-215   2007年

書籍等出版物

 
スタディメント泌尿器科学 第1版
金芳堂   2009年   

講演・口頭発表等

 
手術加療を施行した上部尿路上皮癌の臨床的検討
伊藤 正浩, 深見 直彦, 友澤 周平, 吉澤 篤彦, 河合 昭浩, 引地 克, 竹中 政史, 彦坂 和信, 深谷 孝介, 佐々木 ひと美, 日下 守, 石川 清仁, 白木 良一
泌尿器科紀要   2017年7月   
当院における重複腎盂尿管15例の検討
市野 学, 佐々木 ひと美, 引地 克, 竹中 政史, 深谷 孝介, 深見 直彦, 日下 守, 石川 清仁, 白木 良一
泌尿器科紀要   2017年7月   
脳死下膵腎同時移植前後の膀胱機能の検討
河合 昭浩, 佐々木 ひと美, 竹中 政史, 深見 直彦, 日下 守, 白木 良一, 會田 直弘, 伊藤 泰平, 剣持 敬
泌尿器科紀要   2017年7月   
当院における前立腺癌密封小線源療法後の治療成績
友澤 周平, 引地 克, 吉澤 篤彦, 河合 昭浩, 伊藤 正浩, 彦坂 和信, 竹中 政史, 深谷 孝介, 深見 直彦, 佐々木 ひと美, 石川 清仁, 日下 守, 白木 良一
泌尿器科紀要   2017年7月   
結節性硬化症に合併した腎病変に対する治療経験
佐々木 ひと美, 彦坂 和信, 竹中 政史, 引地 克, 深谷 孝介, 深見 直彦, 日下 守, 石川 清仁, 星長 清隆, 白木 良一, FUJITA TSC TEAM
日本泌尿器科学会総会   2017年4月   
女性の浸潤性膀胱癌に対するロボット支援下腔内代用膀胱造設術
深見 直彦, 深谷 孝介, 友澤 周平, 吉澤 篤彦, 河合 昭浩, 伊藤 正浩, 彦坂 和信, 引地 克, 竹中 政史, 佐々木 ひと美, 日下 守, 石川 清仁, 白木 良一
日本泌尿器科学会総会   2017年4月   
3Dプリンティングモデルを応用したロボット支援腎部分切除術シミュレーションの初期経験
日下 守, 友澤 周平, 竹中 政史, 佐々木 ひと美, 吉澤 篤彦, 彦坂 和信, 糠谷 拓尚, 引地 克, 伊藤 正浩, 深谷 孝介, 深見 直彦, 白木 良一
日本泌尿器科学会総会   2017年4月   
ロボット支援手術における術中ナビゲーション(ICG、CEUSそしてCLEの応用)
日下 守, 深見 直彦, 深谷 孝介, 竹中 政史, 引地 克, 佐々木 ひと美, 白木 良一
日本泌尿器科学会総会   2017年4月   
同一腎内に発生した腎癌、腎血管筋脂肪腫に対して一期的にロボット支援下腎部分切除(RAPN)を施行した1例
引地 克, 竹中 政史, 深谷 孝介, 深見 直彦, 日下 守, 白木 良一
日本内視鏡外科学会雑誌   2016年12月   
核施設の術式、困難例やトラブルシューティング等
日下守
The 5th Tokai Robotic Urology Symposium   2014年   
【シンポジウム】腎移植後の合併症と対策 心血管系疾患(CVD)
日下守,星長清隆
第63回日本泌尿器科学会中部総会   2013年   
腎移植における血清High-mobility Group Box-1(HMGB-1)の経時変化
日下守,竹中政史,深見直彦,佐々木ひと美,伊藤泰平,剣持敬,白木良一,星長清隆
第40回日本臓器保存生物医学会学術集会   2013年   
当科における腎移植後、悪性腫瘍スクリーニング検査の現状と成績
日下守,城代貴仁,竹中政史,引地克,糠谷拓尚,早川将平,深谷孝介,石瀬仁司,深見直彦,佐々木ひと美,石川清仁,日下守,白木良一,星長清隆
第51回日本癌治療学会学術集会   2013年   
腎移植における心不全マーカーの有用性
日下守,深見直彦,竹中政史,伊藤泰平,佐々木ひと美,白木良一,剣持敬,星長清隆
第49回日本移植学会総会   2013年   
腎移植における心不全マーカー高感度トロポニンTとNT-proBNPの有用性
日下守,深見直彦,竹中政史,丸山高広,佐々木ひと美,白木良一,星長清隆
第101回日本泌尿器科学会総会   2013年   
各施設での術式、困難例やトラブルシューティング等
日下守
The 4th Tokai Robotic Urology Symposium   2013年   
過去10年間に当院で提供した心停止ドナーからの献腎移植成績
日下守,窪田裕輔,佐々木ひと美,丸山高広,深見直彦,竹中政史,白木良一,星長清隆
第46回日本臨床腎移植学会   2013年   
心停止下献腎移植における心不全マーカー高感度トロポニンTとNT-proBNPの有用性
日下守,北川文彦, 石井潤一, 深見直彦, 丸山高広, 佐々木ひと美, 石川清仁, 白木良一, 星長清隆
第39回日本臓器保存生物医学会学術集会   2012年   
【シンポジウム】提供病院における移植医の立場から
日下守,星長清隆
第48回日本移植学会総会   2012年   
当院における献腎移植成績と臨床研究
日下守
第47回東海腎不全研究会   2012年   
【シンポジウム】当院における献腎採取術の成績と現状
日下守,星長清隆
第45回日本臨床腎移植学会   2012年   
卒後生涯教育プログラム 脳死/心停止ドナーの管理と腎摘出法 Ⅲ.心停止ドナーの管理と献腎採取法
日下守
第100回日本泌尿器科学会総会   2012年   
藤田保健衛生大学における小線源挿入治療500例の経験
日下守
第2回Prostate Cancer Frontier Seminar   2012年   
ホルミウムレーザー前立腺核出術(HoLEP)の周術期抗菌薬予防投与の現状とアンケート調査の結果について
石川清仁,丸山高広, 日下守,白木良一, 星長清隆
泌尿器科紀要   2011年   
献腎移植におけるドナー評価・管理の現状と課題
日下守,星長清隆
第38回日本臓器保存生物医学会学術集会   2011年   
改正脳死法案施行後の当院における変化 提供病院においてDAPを推進する移植医の立場から
日下守,佐々木ひと美,杉谷篤,加藤庸子,星長清隆
第47回日本移植学会総会   2011年   
腎移植における移植腎機能回復のバイオマーカー“Bench to Bedside”
日下守,星長清隆
第99回日本泌尿器科学会総会   2011年   
検討課題 当院における心停止ドナーからの献腎摘出と移植腎予後
日下守
第3回大阪医科大学・藤田保健衛生大学 泌尿器勉強会   2011年   
当院における心停止ドナーからの献腎摘出と移植腎予後
日下守,窪田裕輔,深見直彦,丸山高広,佐々木ひと美,早川邦弘,白木良一,杉谷篤,藤田民夫,星長清隆
第44回日本臨床腎移植学会   2011年   
当科における新規臓器灌流保存液ET-Kyoto 液の腎移植における使用経験
日下守,河合昭浩,深見直彦,丸山高広,佐々木ひと美,早川邦弘,白木良一,星長清隆
京都臓器保存セミナー   2011年   
高リスク限局性前立腺癌に対する治療
日下守
第11回ASGPC研究会   2011年   
献腎移植における血清NGAL値の経時変化と機能回復の指標としての有用性に関する検討
日下守,深見直彦,丸山高広,佐々木ひと美,早川邦弘,白木良一,星長清隆
第99回日本泌尿器科学会総会   2011年   
[ワークショップ]腎移植 特に献腎移植における血管合併症とその治療
日下守
第20回日本腎不全外科研究会   2011年   
新規臓器灌流保存液ET-Kyoto液の腎移植における使用経験
日下守,佐々木ひと美,丸山高広,白木良一,星長清隆,板東徹,伊達洋至,和田洋巳
第47回日本移植学会総会   2011年   
心停止ドナーからの献腎移植における血清TIMP-1値の移植後変化と移植腎機能回復の指標としての有用性に関する検討
日下守,丸山高広,佐々木ひと美,永野哲朗,石川清仁,早川邦弘,白木良一,星長清隆
第98回日本泌尿器科学会総会   2010年   
献腎移植における血清NGAL値の経時変化とグラフトバイオマーカー(機能回復)として有用性に関する検討
日下守,深見直彦,丸山高広,佐々木ひと美,早川邦,白木良一,杉谷篤,星長清隆
第46回日本移植学会総会   2010年   
献腎移植における血清NGAL値の経時変化と機能回復の指標回復としての有用性に関する検討
日下守,深見直彦,丸山高広,佐々木ひと美,早川邦弘,白木良一,杉谷篤,星長清隆
第37回日本臓器保存生物医学会学術集会   2010年   
当科におけるデュタステリドの使用経験について
日下守
アボルブ学術講演会   2010年   
心停止ドナー献腎移植におけるExpanded Criteria Donor からの移植成績と臓器提供の適応と限界‐藤田保健衛生大学の経験をもとに‐
日下守,早川邦弘,佐々木ひと美,丸山高広,永野哲郎,白木良一,杉谷篤,星長清隆
第45回日本移植学会   2009年   
心停止ドナーからの献腎移植における血清NGAL値の変化とグラフトバイオマーカーとしての有用性に関する検討
日下守,丸山高広,佐々木ひと美,永野哲郎,早川邦弘,白木良一,星長清隆
第97回日本泌尿器科学会総会   2009年   

担当経験のある科目

 
  • 泌尿器科 (大阪医科大学, 藤田保健衛生大学)

所属学協会

 
日本ロボット外科学会 , 日本女性骨盤底医学会 , 日本排尿機能学会 , 日本泌尿器内視鏡学会 , 日本内視鏡外科学会 , 日本癌治療学会 , 日本移植学会 , 日本臨床腎移植学会 , 日本泌尿器科学会 , 米国移植学会 , 国際移植学会 ,  2011.9~ 日本移植学会評議員 ,  2010.11~ 日本臓器保存再生医学会評議員

競争的資金等の研究課題

 
生体腎移植ドナーの安全性確保のための,新しい分腎機能評価法の確立
文部科学省: 基盤研究(C)
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 剣持敬
マージナルグラフトに対する移植前臓器保護・機能回復戦略に関する前臨床研究
文部科学省: 基盤研究(B)
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 日下守
腎移植時合併症の新規「早期診断・鑑別診断」バイオマーカーの開発
文部科学省: 基盤研究(C)
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月    代表者: 湯澤 由紀夫
献腎移植における移植腎予後と心機能を評価するバイオマーカーの確立
文部科学省: 基盤研究(C)
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 日下守
心停止下高齢ドナーからの献腎移植適応に関する研究
文部科学省: 基盤研究(C)
研究期間: 2008年4月 - 2012年3月    代表者: 早川邦弘
献腎移植におけるグラフトバイオマーカーの開発
文部科学省: 基盤研究(C)
研究期間: 2007年4月 - 2008年3月    代表者: 日下守
アンチセンスによる腎移植慢性拒絶反応に対する進行阻止の試み
文部科学省: 基盤研究(B)
研究期間: 2003年4月 - 2006年3月    代表者: 星長清隆
ヒト化SCIDマウスによるヒト同種移植の慢性拒絶反応における血管病変に関する研究
文部科学省: 基盤研究(C)
研究期間: 2002年4月 - 2005年3月    代表者: 白木良一
非自己認識分子のクローニングと、同分子抗体による移植後免疫学的寛容の誘導
文部科学省: 若手研究(B)
研究期間: 2002年4月 - 2004年3月    代表者: 日下守
脳死状態が移植臓器に与える影響について-脳死ラットを用いた移植腎に関する研究
文部科学省: 奨励研究(A)
研究期間: 1999年4月 - 2000年3月    代表者: 日下守

社会貢献活動

 
財団法人愛知腎臓財団 腎移植普及推進委員
【寄稿, その他】  2008年4月1日 - 現在
愛知県弁護士会紛争解決センター 専門委員
【その他】  2016年4月1日 - 2019年3月31日
独立行政法人日本学術振興会 科学研究費委員会審査委員
【その他】  2015年12月1日 - 2018年11月30日
臓器移植対策の推進に対する功績により 厚生労働大臣から感謝状
【その他】  2016年10月23日