メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター
> 医学部> 寄付講座> ロボット技術活用地域リハビリ医学 

ロボット技術活用地域リハビリ医学

研究者リスト >> 大高 洋平
 

大高 洋平

 
アバター
研究者氏名大高 洋平
 
オオタカ ヨウヘイ
URL
所属藤田医科大学
部署医学部 医学科
職名教授
学位博士(医学)(慶應義塾大学)
ORCID ID0000-0002-6797-2782
J-Global ID200901082744312196

研究キーワード

 
脳卒中 ,ロボティクス ,転倒予防 ,リハビリテーション

研究分野

 
  • ライフサイエンス / リハビリテーション科学 / 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
藤田医科大学医学部 リハビリテーション医学I講座 主任教授 
 
 
   
 
慶應義塾大学 医学部 医学部  助手 
 

論文

 
 
Masahiko Mukaino   Tsuyoshi Tatemoto   Nobuhiro Kumazawa   Shigeo Tanabe   Masaki Katoh   Eiichi Saitoh   Yohei Otaka   
JMIR rehabilitation and assistive technologies   7(2) e249602020年12月
BACKGROUND: Isolation due to a COVID-19 infection can limit activities and cause physical and mental decline, especially in older adults and people with disabilities. However, due to limited contact, adequate rehabilitation is difficult to provide...
 
Kazuaki Oyake   Yasuto Baba   Yuki Suda   Jun Murayama   Ayumi Mochida   Kunitsugu Kondo   Yohei Otaka   Komito Momose   
Annals of physical and rehabilitation medicine   101465-1014652020年12月
BACKGROUND: Oxygen uptake (V˙O2) kinetics at the onset of exercise is slower in patients with stroke than in healthy adults. However, little is known about the cardiorespiratory mechanisms underlying the impaired V˙O2 kinetics. OBJECTIVES: This st...
 
Takuma Ii   Satoshi Hirano   Shigeo Tanabe   Eiichi Saitoh   Junya Yamada   Masahiko Mukaino   Makoto Watanabe   Shigeru Sonoda   Yohei Otaka   
Journal of stroke and cerebrovascular diseases : the official journal of National Stroke Association   29(12) 105377-1053772020年12月
OBJECTIVE: Although studies on the efficacy of the rehabilitation robot are increasing, there are few reports using the robot for gait training in the actual clinical setting. This study aimed to investigate the effectiveness of gait training usin...
 
Shunya Ohyagi   Tsuyoshi Tatemoto   Seigo Inoue   Sho Sugita   Kaoru Honaga   Yohei Otaka   
International journal of rehabilitation research. Internationale Zeitschrift fur Rehabilitationsforschung. Revue internationale de recherches de readaptation   43(4) 383-3852020年12月   [査読有り]
We present the case of a 42-year-old man with subacute stroke who developed remarkable fear of falling and eventually recovered with an approach based on cognitive behavioral therapy (CBT). The CBT-based approach was implemented after the patient ...
 
Kazuaki Oyake   Yohei Otaka   Daisuke Matsuura   Kaoru Honaga   Naoki Mori   Kunitsugu Kondo   
Archives of physical medicine and rehabilitation   2020年11月
OBJECTIVE: To determine whether poststroke fatigue at admission is associated with the degree of independence in activities of daily living in patients with stroke at discharge from subacute rehabilitation wards. DESIGN: Retrospective cohort study...

MISC

 
 
河野 裕治   水谷 公司   船戸 優佑   吉木 優   井澤 英夫   大高 洋平   
Journal of Clinical Rehabilitation   29(8) 762-7692020年7月   
 
長尾 恭史   小林 靖   大高 洋平   齊藤 輝海   大林 修文   大隅 縁里子   水谷 佳子   伊藤 洋平   田積 匡平   西嶋 久美子   森 俊明   
総合リハビリテーション   48(6) 567-5722020年6月   
<文献概要>【背景】入院の原疾患が脳卒中以外による急性期重度摂食嚥下障害患者に対する,完全側臥位の導入による帰結の変化について検証した.【対象】入院前Eating Status Scale(ESS)4以上であったが,入院後Dysphagia Severity scale(DSS)2以下の嚥下障害を認め嚥下内視鏡を実施した,原疾患が脳卒中以外の58名.【方法】評価姿勢として,完全側臥位を選択肢の1つとして導入した2016年4〜9月の37名(男性28名,平均年齢81.3±12.9歳)を側臥位導...
 
河野 裕治   山田 亮   大高 洋平   才藤 栄一   井澤 英夫   
Heart View   24(5) 454-4582020年5月   
<文献概要>Point 1 高齢心不全のサルコペニアは,加齢による一次性と病態進行によるカヘキシアを起因とした二次性が混在している。2 カヘキシアを併存する場合はカロリー摂取を優先し,運動強度も低強度に留めることが勧められる。3 サルコペニア単独の場合はたんぱく質の摂取と積極的な運動療法が勧められる。
 
河野 裕治   矢箆原 隆造   水谷 公司   大高 洋平   
理学療法   37(5) 455-4612020年5月   
1.虚血性心疾患患者に対する栄養管理は動脈硬化のリスク因子是正のために行われるため、まず動脈硬化のリスク因子を同定し、次に各リスク因子の是正を目的とした介入を行う必要がある。2.心不全患者に対する栄養管理は、心不全の病態管理を目的とした塩分管理と、心不全により引き起こされる栄養障害(低栄養)に対する管理が中心となる。3.理学療法士は直接栄養介入を行うことはないが、病態や栄養状態に応じた適切な理学療法を提供することにより、病態の進行予防や健康関連QOLの改善に寄与する。(著者抄録)
 
大高 洋平   
クリニシアン   67(4) 469-4742020年4月   

産業財産権

 
 
安田 恒   北 佳保里   大高 洋平   近藤 国嗣   大須 理英子   
 
武田 湖太郎   北 佳保里   大高 洋平   牛場 潤一   大須 理英子   
 
武田 湖太郎   大高 洋平   大須 理英子   西井 淳   末長 宏康   橋爪 善光   
 
大須 理英子   大高 洋平   藤原 俊之   太田 加寿子   
 
安田 恒   北 佳保里   大高 洋平   近藤 国嗣   大須 理英子