メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター
> 医学部> 内科学> 循環器内科学 

医学部 循環器内科学

研究者リスト >> 原田 将英
 

最終確認日時:

編集

原田 将英

 
アバター
研究者氏名原田 将英
 
ハラダ マサヒデ
所属藤田医科大学
部署医学部 医学科 循環器内科学
職名准教授
J-Global ID200901026008784300

プロフィール

専門:臨床不整脈・心臓電気生理学 基礎電気生理学 カテーテルアブレーション ペースメーカー/ICD/CRTD
日本内科学会 総合内科専門医
日本循環器学会 専門医
日本不整脈心電学会 専門医(評議員)
日本心血管インターベンション治療学会 認定医
欧州心臓病学会 特別正会員(FESC)

研究キーワード

 
ICD/CRTD ,ペースメーカー ,カテーテルアブレーション ,マイクロRNA ,線維芽細胞 ,心房リモデリング ,心房細動 ,心臓電気生理学 ,不整脈

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 循環器内科学 / 不整脈

経歴

 
2018年3月
 - 
現在
藤田医科大学 循環器内科 准教授 
 
2014年10月
 - 
2018年3月
藤田医科大学 循環器内科 講師 
 
2012年7月
 - 
2014年9月
浜松医療センター 循環器内科 医長 
 
2009年4月
 - 
2012年5月
モントリオール心臓施設研究所 電気生理分野 博士研究員 
 
2008年1月
 - 
2009年3月
名古屋大学 環境医学研究所 心血管分野 助教 
 

学歴

 
2003年4月
 - 
2007年3月
名古屋大学大学院 医学系研究科 
 
1992年4月
 - 
1998年3月
名古屋大学 医学部 医学科
 

論文

 
 
Harada M   Motoike Y   Nomura Y   Nishimura A   Koshikawa M   Murayama K   Ohno Y   Watanabe E   Ozaki Y   Izawa H   
2020年8月   [査読有り]
 
Harada M   
Circulation Journal   84(8) 1227-12292020年7月   [査読有り][招待有り]
 
Masayuki Koshikawa   Masahide Harada   Shunsuke Noyama   Ken Kiyono   Yuji Motoike   Yoshihiro Nomura   Asuka Nishimura   Hideo Izawa   Eiichi Watanabe   Yukio Ozaki   
BMC cardiovascular disorders   20(1) 2282020年5月   [査読有り]
BACKGROUND: Inflammation and skeletal muscle wasting often coexist in elderly populations, but few studies have examined their relationship in elderly heart failure (HF) patients. This study examined the relationship between inflammation and incre...
 
Harada M   Motoike Y   Nomura Y   Nishimura A   Koshikawa M   Murayama K   Ohno Y   Watanabe E   Izawa H   Ozaki Y   
Journal of Arrhythmia   36(3) 417-4242020年3月   [査読有り]
 
Hiroyuki Naruse   Junnichi Ishii   Hiroshi Takahashi   Fumihiko Kitagawa   Hideto Nishimura   Hideki Kawai   Takashi Muramatsu   Masahide Harada   Akira Yamada   Wakaya Fujiwara   Mutsuharu Hayashi   Sadako Motoyama   Masayoshi Sarai   Eiichi Watanabe   Hideo Izawa   Yukio Ozaki   
Journal of clinical medicine   9(2) pii:E4822020年2月   [査読有り]
We prospectively investigated the prognostic value of urinary liver-type fatty-acid-binding protein (L-FABP) levels on hospital admission, both independently and in combination with serum creatinine-defined acute kidney injury (AKI), to predict lo...

MISC

 
 
Ryunosuke Okuyama   Junnichi Ishii   Hiroshi Takahashi   Hidek Kawai   Takashi Takashi   Masahide Harada   Akira Yamada   Sadako Motoyama   Shigeru Matsui   Hiroyuki Naruse   Mutsuharu Hayashi   Masayoshi Sarai   Midori Hasegawa   Eiichi Watanabe   Atsushi Suzuki   Hideo Hideo   Yukio Yuzawa   Yukio Ozaki   
CIRCULATION   134 2016年11月   
 
Masahide Harada   Xiao-Y Qi   Artak Tadevosyan   Niels Voigt   Matthias Karck   Markus Kamler   Itsuo Kodama   Toyoaki Murohara   Dobromir Dobrev   Stanley Nattel   
CIRCULATION   130 2014年11月   
 
Masahide Harada   Artak Tadevosyan   Toyoaki Murohara   Itsuo Kodama   Stanley Nattel   
CIRCULATION   126(21) 2012年11月   
 
Hai Huang   Xiao-Yan Qi   Chia-Tung Wu   Masahide Harada   Stanley Nattel   
CIRCULATION   126(21) 2012年11月   
 
Masahide Harada   Toyoaki Murohara   Itsuo Kodama   Stanley Nattel   
CIRCULATION   126(21) 2012年11月   

書籍等出版物

 
 
原田 将英, 渡邉 英一(担当:分担執筆, 範囲:遠隔モニタリングの概念)
医学書院      2020年7月   
 
原田 将英, 渡邉 英一(担当:分担執筆, 範囲:リード・マネジメントにおける遠隔モニタリングの役割)
医学書院      2020年6月   
 
原田将英, 渡邉英一(担当:分担執筆, 範囲:侵襲的検査をどう診るか?)
メジカルビュー社      2019年      
 
原田将英, 渡邉英一(担当:分担執筆, 範囲:高Ca血症 低Ca血症)
南山堂      2019年      
 
原田 将英(担当:分担執筆, 範囲:心房細動と心房リモデリングー病態機序とマイクロRNAの関与ー)
   2018年11月   

講演・口頭発表等

 
 
Different Impacts of Right And Left Atrial Epicardial Adipose Tissue on Inflammatory Response And Atrial Remodeling in Atrial Fibrillation
武田淳   原田将英   藤原麻美   本池雄二   野村佳広   西村明日香   越川真行   渡邉英一   尾崎行男   
The 84th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society   2019年3月   
 
Next Generation Sequencing Reveals Intra-cardiac/Extra-cardiac Circulating MicroRNA Transcriptomes in Atrial Fibrillation
原田将英   奥崎大介   武田淳   本池雄二   越川真行   渡邉英一   尾崎行男   
AHA Scientific Session 2018   2018年11月   
 
Left Pulmonary Vein-dependent Electrophysiological Heterogeneity Underlies Localized Reentry and Atrial Fibrillation Provoked by Single Extra Stimulation: Implications of Anatomical Characteristics in Electrophysiology
原田将英   本池雄二   藤原麻美   武田淳   市川智英   越川真行   渡邉英一   尾崎行男   
Heart Rhythm 2018   2018年5月   
 
Age- and Obesity-related Epicardial Adipose Tissue Accumulation Remodels Autonomic Balance and Increases Inflammation in Paroxysmal Atrial Fibrillation Patients
市川智英   原田将英   武田淳   牧野太郎   越川真行   渡邉英一   尾崎行男   
Heart Rhythm 2017   2017年5月   
 
Intracardiac and extracardiac expression of pro-fibrotic microRNAs in atrial fibrillation -Implication for cardiac specific biomarkers for atrial remodeling-
原田将英   松尾千里   本池雄二   牧野太郎   越川真行   市川智英   川合真由美   渡邉英一   尾崎行男   
ESC Congress 2016   2016年8月   

所属学協会

 
 
   
 
欧州心臓病学会
 
   
 
日本リハビリテーション医学会
 
   
 
日本心血管インターベンション治療学会
 
   
 
日本不整脈心電学会
 
   
 
日本心臓病学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
心臓脂肪組織のセクレトーム解析による心房細動の病態の解明とバイオマーカーの探索
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
原田 将英 
研究期間: 2020年4月 - 2023年3月
 
血清マイクロRNAプロファイリングによる新たな心房細動の臨床病態評価法の確立
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
原田 将英 奥崎 大介 尾崎 行男 渡邉 英一 越川 真行 
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月
 
血清マイクロ RNAを用いた心房細動の病態と慢性化における新たな評価方法の確立
公益財団法人 鈴木謙三記念医科学応用研究財団: 平成27年度 調査研究助成
原田将英 
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月
 
心外膜脂肪組織のセクレトーム解析による心房細動の病態解明と新規バイオマーカーの探索
公益財団法人 日東学術振興財団 第37回(2020年度)研究助成: