メニュー/MENU

お知らせ・マニュアル全教員検索医学部医療科学部保健衛生学部研究推進本部サージカルトレーニングセンター
> 研究推進本部> 産官学連携推進センター 

産学連携推進センター

研究者リスト >> 齋藤 邦明
 

最終確認日時:

編集

齋藤 邦明

 
アバター
研究者氏名齋藤 邦明
 
サイトウクニ アキ
所属藤田医科大学
部署大学院保健学研究科 病態制御解析学
職名教授
学位医学博士
その他の所属京都大学
J-Global ID200901044470222013

プロフィール

サイトカインで誘導される分子を中心に免疫制御因子と疾患に関する研究を展開している。現在、重点的に研究を推進しているテーマは次の通り。
(1)アミノ酸代謝(特にトリプトファン)と免疫に関する研究
(2)先制医療の実現を目指した創薬・診断薬研究
(3)薬効・副作用予測を可能とする診断技術の開発

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 神経科学一般 / 
  • ライフサイエンス / 医療管理学、医療系社会学 / 
  • ライフサイエンス / 病態医化学 / 
  • ライフサイエンス / 栄養学、健康科学 / 
  • その他 / その他 / 病態検査学

経歴

 
2015年
 - 
現在
藤田医科大学 大学院医療科学専攻 教授 理事長特別補佐 
 
2006年
 - 
2015年
京都大学 医学研究科 教授 
 
2004年
 - 
2006年
岐阜大学 医学研究科 准教授 
 
2002年
 - 
2004年
米国国立衛生研究所  上席研究員 
 
1997年
 - 
2002年
岐阜大学 医学部附属病院 講師 
 

委員歴

 
 
 - 
現在
一般社団法人 奥伊勢バイオサイエンスセンター  理事
 
 
 - 
現在
一般社団法人 日本臨床検査教育協議会  副理事長
 
 
 - 
現在
一般社団法人 日本食品安全協会  理事
 
 
 - 
現在
特定非営利活動法人医薬品適正使用推進機構  理事
 
 
 - 
現在
一般社団法人 日本臨床化学会  理事
 

受賞

 
 
一般社団法人 日本臨床検査医学会, 学会賞
齋藤邦明 
 
 
一般社団法人 日本臨床化学会, 学術賞
齋藤邦明 
 

論文

 
 
Ryo Toda   Atsushi Teramoto   Masashi Kondo   Kazuyoshi Imaizumi   Kuniaki Saito   Hiroshi Fujita   
Scientific Reports   12(1)    2022年12月
Abstract

Artificial intelligence (AI) applications in medical imaging continue facing the difficulty in collecting and using large datasets. One method proposed for solving this problem is data augmentation using fictitious images generated by ge...
 
Yang Yang   Akihiro Mouri   Qiaohui Lu   Kazuo Kunisawa   Hisayoshi Kubota   Masaya Hasegawa   Mami Hirakawa   Yuko Mori   Zou Libo   Kuniaki Saito   Toshitaka Nabeshima   
Neurochemical Research      2022年7月
 
Kazuo Kunisawa   Jiajing Shan   Qiaohui Lu   Yang Yang   Aika Kosuge   Hitomi Kurahashi   Kuniaki Saito   Libo Zou   Toshitaka Nabeshima   Akihiro Mouri   
Neurochemical Research      2022年7月
 
北川 順一   岡本 晃直   藤垣 英嗣   入山 智沙子   後藤 尚絵   山本 秀行   徳田 倍将   加藤 俊晴   宮尾 康太郎   笠原 千嗣   美山 貴彦   三原 圭一郎   岡本 昌隆   齋藤 邦明   冨田 章裕   
日本リンパ網内系学会会誌   62 106-106   2022年6月
 
石田 秀和   竹村 正男   佐藤 正夫   山本 康子   藤垣 英嗣   佐々木 智裕   森本 剛史   酒井 昭嘉   伊藤 弘康   斉藤 邦明   
医療検査と自動化   47(3) 226-231   2022年6月
ADVIAシリーズ用に開発されたIL-6測定試薬をCentaur XPTを用いてその有用性について検討した。併行精度(%)2.2〜7.7,室内再現精度(%)2.9〜6.8で精度について問題ないと考えられる。また従来法のELISA法(r=0.966),CLEIA法(r=0.977)との相関は良好であった。健常者(1.35±0.70pg/mL),不明関節炎患者(3.49±6.29pg/mL)と関節リウマチ患者(17.56±31.28pg/mL)の比較において関節リウマチ患者が有意(p<0.00...

MISC

 
 
石田秀和   石田秀和   竹村正男   佐藤正夫   藤垣英嗣   山本康子   伊藤弘康   齋藤邦明   齋藤邦明   
医療検査と自動化(Web)   47(1)    2022年
 
石田秀和   石田秀和   竹村正男   佐藤正夫   山本康子   藤垣英嗣   佐々木智裕   森本剛史   酒井昭嘉   酒井昭嘉   伊藤弘康   斉藤邦明   斉藤邦明   
医療検査と自動化(Web)   47(3)    2022年
 
藤垣英嗣   竹村正男   齊藤翠   藤田孝   山本康子   齋藤邦明   
医学と薬学   79(6)    2022年
 
藤垣英嗣   竹村正男   大澤道子   藤田孝   水谷謙明   酒井好美   土井洋平   秋山秀彦   畑忠善   斉藤邦明   斉藤邦明   
医学と薬学   78(3)    2021年
 
藤垣英嗣   竹村正男   大澤道子   藤田孝   水谷謙明   酒井好美   松浦秀哲   杉浦縁   三浦康生   土井洋平   秋山秀彦   畑忠善   斉藤邦明   斉藤邦明   
医学と薬学   78(4)    2021年

書籍等出版物

 
 
石黒 伊三雄, 篠原 力雄, 斉藤 邦明
ヌーヴェルヒロカワ   2017年1月10日   (ISBN:9784861740695)   
 
 
舩渡忠男
宇宙堂八木書店   2011年      
 
日本食品安全協会   2010年      
 
芝紀代子
メジカルビュー社   2009年      

講演・口頭発表等

 
 
木村 文香   村上 怜子   藤垣 英嗣   國澤 和生   毛利 彰宏   仲本 賢太郎   山本 康子   鍋島 俊隆   齋藤 邦明   
臨床化学   2019年8月   (一社)日本臨床化学会   
 
石田 秀和   竹村 正男   佐藤 正夫   伊藤 弘康   齋藤 邦明   
日本臨床検査自動化学会会誌   2019年8月   (一社)日本医療検査科学会   
 
魚住 春日   松原 尚輝   寺本 篤司   日木 あゆみ   本元 強   河野 達夫   齋藤 邦明   藤田 広志   
日本医用画像工学会大会予稿集   2019年7月   日本医用画像工学会   
小児には肺炎の高い感染,重症化のリスクが存在するため,直確な診断や治療が早急に求められる.そこで本論文では,小児肺炎などの胸部疾患を対象としたコンピュータ支援診断システムの閉発を目的に,解析領域である肺野の抽出手法を提案する.肺野の抽出にはDeep learningの一種で,物体検出と領域抽出を同時に行うMask R-CNNを用いた.Mask R-CNNの学習にはChestX-ray8データベースより選択した小児200枚,成人800枚の合計1000枚の胸部X線画像を用いた.肺炎と診断された...
 
山田 あゆみ   寺本 篤司   桐山 諭和   塚本 徹哉   今泉 和良   星 雅人   齋藤 邦明   藤田 広志   
日本医用画像工学会大会予稿集   2019年7月   日本医用画像工学会   
 
松下 祥子   高橋 和男   吉村 文   熊本 海生航   伊藤 辰将   坪井 直毅   毛利 彰宏   山本 康子   藤垣 英嗣   中嶋 和紀   釘田 雅則   國澤 和生   鍋島 俊隆   齋藤 邦明   瀬藤 光利   長尾 静子   湯澤 由紀夫   
日本腎臓学会誌   2019年5月   (一社)日本腎臓学会   

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
疾患画像生成モデルに基づく新たな特発性間質性肺炎診断支援技術の開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
寺本 篤司 塚本 徹哉 今泉 和良 齋藤 邦明 
研究期間: 2020年4月 - 2023年3月
 
糖尿病性腎症の代謝変容の解明とその改善を基軸とした発症・進展予防
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
湯澤 由紀夫 長尾 静子 倉橋 浩樹 坪井 直毅 鍋島 俊隆 齋藤 邦明 高橋 和男 
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月
 
うつ病の病態および発症機序に関連したバイオマーカーによる診断法の開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
鍋島 俊隆 山本 康子 毛利 彰宏 國澤 和生 齋藤 邦明 
研究期間: 2017年4月 - 2022年3月
 
周産期の栄養および代謝変容が母体、胎児に及ぼす影響
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 挑戦的研究(萌芽)
齋藤 邦明 山本 康子 藤垣 英嗣 毛利 彰宏 星 雅人 
研究期間: 2018年6月 - 2021年3月
 
悪性リンパ腫における慢性炎症からの発がんの検討
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
鶴見 寿 原 武志 齋藤 邦明 後藤 尚絵 
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月

産業財産権

 
 
松波 英寿   齋藤 邦明   松尾 雄志   竹村 正男   
 
松波 英寿   齋藤 邦明   松尾 雄志   竹村 正男   
 
松波 英寿   齋藤 邦明   松尾 雄志   竹村 正男   
 
齋藤 邦明   松尾 雄志   松波 英寿   竹村 正男