メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター
教員検索医学部>生理学Ⅰ
 

医学部 生理学Ⅰ

研究者リスト >> 金子葉子
 

最終確認日時:

編集

金子葉子

 
アバター
研究者氏名金子葉子
 
カネコヨウコ
所属藤田医科大学
部署医学部 医学科 生理学Ⅰ
職名准教授
学位博士(医学)(名古屋市立大学)

研究キーワード

 
ミクログリア , 神経変性疾患

研究分野

 
  • 基礎医学 / 生理学一般 / 
  • 神経科学 / 神経生理学・神経科学一般 / 

学歴

 
1991年4月
 - 
1995年3月
名古屋市立大学大学院 医学研究科 
 
1987年4月
 - 
1989年3月
名古屋市立大学大学院 薬学研究科 博士前期課程
 
1983年4月
 - 
1987年3月
東京理科大学 薬学部 薬学科
 

委員歴

 
2013年6月
 - 
現在
日本神経化学会  評議員
 
2013年3月
 - 
現在
日本生理学会  評議員
 

受賞

 
2004年10月
藤田学園 藤田学園医学会奨励賞
 
2003年11月
愛知県医師会 難病研究者表彰
 

論文

 
Identification by nano-LC-MS/MS of NT5DC2 as a protein binding to tyrosine hydroxylase: Down-regulation of NT5DC2 by siRNA increases catecholamine synthesis in PC12D cells.
Nakashima A, Yamaguchi H, Kodani Y, Kaneko YS, Kawata M, Nagasaki H, Nagatsu T, Ota A
Biochem Biophys Res Commun.   516(4) 1060-1065   2019年   [査読有り]
Proteasome-mediated degradation of tyrosine hydrozylase triggered by its phosphorylation: A new question as to the intracellular location at which the degration occurs.
Akira Nakashima, Yu Kodani, Yoko S Kaneko, Hiroshi Nagasaki, Akira Ota
J Neural Transm.   125(1) 9-15   2018年   [査読有り]
Inhibition of deubiquitinating activity of USP14 decreases tyrosine hydroxylase phosphorylated at Ser19 in PC12D cells
Akira Nakashima, Shuhei Ohnuma, Yu Kodani, Yoko S Kaneko, Hiroshi Nagasaki, Toshiharu Nagatsu, Akira Ota
Biochem Biophys Res Commun.   472 598-602   2016年   [査読有り]
Aripiprazole increases NAD(P)H-quinone oxidoreductase-1 and heme oxygenase-1 in PC12 cells.
Yoko S. Kaneko, Takeshi Takayanagi, Hiroshi Nagasaki, Yu Kodani, Akira Nakashima, Keiji Mori, Atsushi Suzuki, Mitsuyasu Itoh, Kazunao Kondo, Toshiharu Nagatsu, Miyuki Ota, Akira Ota
J Neural Transm.   122 757-772   2015年   [査読有り]
Kaneko YS, Ota A, Nakashima A, Nagasaki H, Kodani Y, Mori K, NagatsubT
J Neural Transm   122 187-199   2015年   [査読有り]
Nagasaki H, Nakashima A, Kaneko YS, Kodani Y, Takayanagi T, Itoh M, Kondo K, Nagatsu T, Hamada Y, Ota M, Ota A
J Neural Transm   121(1) 91-103   2014年   [査読有り]
Nakashima A, Ota A, Kaneko YS, Mori K, Nagasaki H, Nagatsu T
J Neural Transm   120(1) 49-54   2013年   [査読有り]
Akira Nakashima, Yoko S. Kaneko, Yu Kodani, Keiji Mori, Hiroshi Nagasaki, Toshiharu Nagatsu, Akira Ota
Adv Pharmacol.   68 3-11   2013年   [査読有り]
Mori K, Kaneko YS, Nakashima A, Nagasaki H, Nagatsu T, Nagatsu I, Ota A
Cellular and Molecular Neurobiology   32(5) 777-785   2012年   [査読有り]
Ota A, Nakashima A, Kaneko YS, Mori K, Nagasaki H, Takayanagi T, Itoh M, Kondo K, Nagatsu T, Ota M
J Neural Transm   119(11) 1327-1342   2012年   [査読有り]
Kaneko YS, Nakashima A, Mori K, Nagatsu T, Nagatsu I, Ota A
Neurodegenerative Diseases   10(1-4) 100-103   2012年   [査読有り][招待有り]
Kaneko YS, Ota A, Nakashima A, Mori K, Nagatsu I, Nagatsu T
Clinical and Experimental Pharmacology and Physiology   39(7) 599-607   2012年   [査読有り]
Nakashima A, Mori K, Kaneko YS, Hayashi N, Nagatsu T and Ota A
Biochem Biophys Res Commun   407 343-347   2011年   [査読有り]
Takami G, Ota M, Nakashima A, Kaneko YS, Mori K, Nagatsu T and Ota A
J Neural Transm   117 1139-1153   2010年   [査読有り]
Mori K, Kaneko YS, Nakashima A, Nagatsu T, Nagatsu I and Ota A
Neurosci Lett   481 126-130   2010年   [査読有り]
Nakashima A, Hayashi N, Kaneko YS, Mori K, Sabban EL, Nagatsu T and Ota A
J Neural Transm   116 1355-1362   2009年   [査読有り]
Kaneko YS, Nakashima A, Mori K, Nagatsu T, Nagatsu I and Ota A
Brain Research   1279 9-20   2009年   [査読有り]
Peripheral lipopolysaccharide administration affects the olfactory dopamine system in mice
Akira Ota, Keiji Mori, Yoko S. Kaneko, Akira Nakashima, Ikuko Nagatsu and Toshiharu Nagatsu
Annals of the New York Academy of Sciences   1148 127-135   2008年   [査読有り]
Effect of peripherally administered lipopolysaccharide (LPS) on GTP cyclohydrolase I, tetrahydrobiopterin and norepinephrine in the locus coeruleus in mice.
Akira Ota, Yoko S. Kaneko, Keiji Mori, Akira Nakashima, Ikuko Nagatsu and Toshiharu Nagatsu
Stress   10(2) 131-136   2007年   [査読有り]
RNAi of 14-3-3η protein increases intracellular stability of tyrosine hydroxylase
Akira Nakashima, Nobuhiro Hayashi, Yoko S. Kaneko, Keiji Mori, Esther L. Sabban, Toshiharu Nagatsu and Akira Ota
Biochem. Biophys. Res. Commun.   363 817-821   2007年   [査読有り]

Misc

 
小谷侑, 須賀英隆, 山本直樹, 金子葉子, 河田美穂, 中島昭, 長崎弘
日本生理学雑誌(Web)   81(1) WEB ONLY   2019年2月
長崎弘, 小谷侑, 河田美穂, 金子葉子
バゾプレシン研究会プログラム・講演抄録   29th 13   2018年12月
小谷侑, 須賀英隆, 金子葉子, 中島昭, 長崎弘
日本神経内分泌学会学術集会プログラム・抄録集   45th 50   2018年
長崎弘, 小谷侑, 須賀英隆, 金子葉子
バゾプレシン研究会プログラム・講演抄録   28th 12   2017年12月
金子葉子, 大熊真人, 小谷侑, 須賀英隆, 中島昭, 宮地栄一, 長崎弘
日本神経内分泌学会学術集会プログラム・抄録集   44th 43   2017年
小谷侑, 須賀英隆, 山本直樹, 金子葉子, 中島昭, 長崎弘
再生医療   15 287   2016年2月
長崎弘, 小谷侑, 山本直樹, 金子葉子, 中島昭, 中島昭, 須賀英隆
日本神経内分泌学会学術集会プログラム・抄録集   43rd 69   2016年
長崎弘, 須藤湧太, 小谷侑, 須賀英隆, 山本直樹, 金子葉子, 中島昭, 太田明
日本内分泌学会雑誌   91(1) 299   2015年4月
須藤湧太, 長崎弘, 小谷侑, 山本直樹, 須賀英隆, 金子葉子, 中島昭, 太田明
日本内分泌学会雑誌   91(1) 258   2015年4月
高柳武志, 太田深雪, 高見悟郎, 長崎弘, 中島昭, 金子葉子, 小谷侑, 鈴木敦詞, 太田明, 伊藤光泰
日本内分泌学会雑誌   91(1) 383   2015年4月
太田深雪, 高見悟郎, 金子葉子, 長崎弘, 小谷侑, 中島昭, 森啓至, 太田明
日本神経精神薬理学会プログラム・抄録集   45th 196   2015年
金子葉子, 中島昭, 長崎弘, 小谷侑, 太田明
日本生理学雑誌   77(3 (Web)) WEB ONLY   2015年
長崎弘, 小谷侑, 須賀英隆, 山本直樹, 金子葉子, 中島昭, 太田明
日本生理学雑誌   77(3 (Web)) WEB ONLY   2015年
長崎弘, 小谷侑, 須賀英隆, 山本直樹, 金子葉子, 中島昭, 太田明
バゾプレシン研究会プログラム・講演抄録   25th 11   2014年12月
長崎弘, 小谷侑, 須賀英隆, 金子葉子, 中島昭, 太田明
日本内分泌学会雑誌   90(1) 264   2014年4月
高柳武志, 長崎弘, 中島昭, 金子葉子, 小谷侑, 近藤一直, 永津俊治, 濱田洋司, 太田深雪, 太田明, 伊藤光泰
日本内分泌学会雑誌   90(1) 305   2014年4月
長崎弘, 小谷侑, 金子葉子, 中島昭, 須賀英隆, 太田明
日本生理学雑誌   76(2) 109-110   2014年3月
金子葉子, 中島昭, 長崎弘, 小谷侑, 永津俊治, 太田明
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   37th WEB ONLY 1P-0704   2014年
太田深雪, 高見悟郎, 長崎弘, 中島昭, 金子葉子, 小谷侑, 太田明
日本生物学的精神医学会誌   518   2014年
長崎弘, 小谷侑, 金子葉子, 中島昭, 太田明
日本生物学的精神医学会誌   286   2014年

講演・口頭発表等

 
Grafted hypothalamic neurons from mouse ES cells survived in hypothalamus or pituitary.
Miho Kawata, Yu Kodani, Hidetaka Suga, Yoko Kaneko, Akira Nakashima, Hiroshi Nagasaki
9th FAOPS CONGRES   2019年3月30日   
Neurochemical differentiation of hypothalamic MCH neurons derived from mouse embryonic stem cells.
Yu Kodani, Hidetaka Suga, Yoko S. Kaneko, Miho Kawata, Akira Nakashima, Hiroshi Nagasaki
9th FAOPS CONGRESS   2019年3月30日   
マウスES細胞由来―視床下部細胞の高純度培養法の確立
小谷侑、須賀英隆、山本直樹、金子葉子、河田美穂、中島昭、長崎弘
第65回 中部日本生理学会   2018年11月16日   
マウス胚性幹細胞由来-視床下部組織におけるMCHニューロンの特徴づけ
小谷侑、須賀英隆、金子葉子、中島昭、長崎弘
第45回 日本神経内分泌学会   2018年10月27日   
マウスES細胞由来視床下部神経の同種および異種移植
長崎弘、小谷侑、須賀英隆、金子葉子
第41回 日本神経科学会   2018年7月26日   
マウスES細胞由来-視床下部組織におけるMCHニューロンの組織学的および神経化学的特徴
小谷侑、須賀英隆、金子葉子、中島昭、長崎弘
第41回 日本神経科学会   2018年7月26日   
ES細胞培養系を用いた視床下部神経新生の再現
小谷侑、金子葉子、中島昭、長崎弘
第95回 日本生理学会   2018年3月28日   
マウス胚性幹細胞由来バゾプレシン神経の解析
金子葉子、大熊真人、小谷侑、須賀英隆、中島昭、宮地栄一、長崎弘
第95回 日本生理学会   2018年3月28日   
マウスES細胞由来視床下部神経の同種移植
長崎弘、小谷侑、須賀英隆、金子葉子
第28回 バゾプレシン研究会   2018年1月6日   
マウス胚性幹細胞由来AVP神経の電気生理学的特性
金子葉子、大熊真人、小谷侑、須賀英隆、中島昭、宮地栄一、長崎弘
第44回 日本神経内分泌学会   2017年10月21日   

所属学協会

 
日本神経内分泌学会 , 日本神経科学学会 , 日本神経化学会 , 日本生理学会

競争的資金等の研究課題

 
食物中の中性脂肪を感知し恒常性を維持する機構の解明―生活習慣病改善方法の探索
文部科学省: 科学研究費 基盤(C)
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月    代表者: 金子葉子
中枢神経系におけるカテコールアミンの生合成に及ぼすリポ多糖の影響
文部科学省: 科学研究費 若手(B)
研究期間: 2002年4月 - 2004年3月    代表者: 金子葉子

社会貢献活動

 
スポーツファーマシスト
【助言・指導, 情報提供】  2017年4月 - 現在

その他教育活動上特記すべき事項