メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター
教員検索医学部>生理学Ⅰ
 

医学部 生理学Ⅰ

研究者リスト >> 金子 葉子
 

最終確認日時:

編集

金子 葉子

 
アバター
研究者氏名金子 葉子
 
カネコ ヨウコ
所属岐阜医療科学大学
部署薬学部薬学科
職名教授
学位博士(医学)(名古屋市立大学)
J-Global ID200901039575807285

研究キーワード

 
ミクログリア ,神経変性疾患

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 医療薬学 / 
  • ライフサイエンス / 生理学 / 
  • ライフサイエンス / 神経科学一般 / 
  • ライフサイエンス / 神経科学一般 / 

経歴

 

学歴

 
1991年4月
 - 
1995年3月
名古屋市立大学大学院 医学研究科 
 
1987年4月
 - 
1989年3月
名古屋市立大学大学院 薬学研究科 博士前期課程
 
1983年4月
 - 
1987年3月
東京理科大学 薬学部 薬学科
 

委員歴

 
2013年6月
 - 
現在
日本神経化学会  評議員
 
2013年3月
 - 
現在
日本生理学会  評議員
 

受賞

 
2004年10月
藤田学園, 藤田学園医学会奨励賞
 
 
2003年11月
愛知県医師会, 難病研究者表彰
 
 

論文

 
 
Nakashima A   Yamaguchi H   Kodani Y   Kaneko YS   Kawata M   Nagasaki H   Nagatsu T   Ota A   
Biochem Biophys Res Commun.   516(4) 1060-1065   2019年   [査読有り]
 
Akira Nakashima   Yu Kodani   Yoko S Kaneko   Hiroshi Nagasaki   Akira Ota   
J Neural Transm.   125(1) 9-15   2018年   [査読有り]
 
Akira Nakashima   Syuhei Ohnuma   Yu Kodani   Yoko S. Kaneko   Hiroshi Nagasaki   Toshiharu Nagatsu   Akira Ota   
BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   472(4) 598-602   2016年4月   [査読有り]
Tyrosine hydroxylase (TH) is the rate-limiting enzyme in catecholamine biosynthesis, and its stability is a fundamental factor to maintain the level of the catecholamines in cells. However, the intracellular stability determined by the degradation...
 
Yoko S. Kaneko   Takeshi Takayanagi   Hiroshi Nagasaki   Yu Kodani   Akira Nakashima   Keiji Mori   Atsushi Suzuki   Mitsuyasu Itoh   Kazunao Kondo   Toshiharu Nagatsu   Miyuki Ota   Akira Ota   
JOURNAL OF NEURAL TRANSMISSION   122(6) 757-772   2015年6月   [査読有り]
We previously showed that aripiprazole increases intracellular NADPH and glucose-6-phosphate dehydrogenase mRNA in PC12 cells. Aripiprazole presumably activates a system that concurrently detoxifies reactive oxygen species and replenishes NADPH. N...
 
Yoko S. Kaneko   Akira Ota   Akira Nakashima   Hiroshi Nagasaki   Yu Kodani   Keiji Mori   Toshiharu Nagatsu   
JOURNAL OF NEURAL TRANSMISSION   122(2) 187-199   2015年2月   [査読有り]
We previously reported that an optimal dose of lipopolysaccharide (LPS) markedly extends the lifespan of murine primary-cultured microglia by suppressing cell death pathways. In this study, we investigated the effects of LPS pretreatment on UV lig...

MISC

 
 
小谷侑   須賀英隆   山本直樹   金子葉子   河田美穂   中島昭   長崎弘   
日本生理学雑誌(Web)   81(1) WEB ONLY   2019年2月   
 
長崎弘   小谷侑   河田美穂   金子葉子   
バゾプレシン研究会プログラム・講演抄録   29th 13   2018年12月   
 
小谷侑   須賀英隆   金子葉子   中島昭   長崎弘   
日本神経内分泌学会学術集会プログラム・抄録集   45th 50   2018年   
 
長崎弘   小谷侑   須賀英隆   金子葉子   
バゾプレシン研究会プログラム・講演抄録   28th 12   2017年12月   
 
中島 昭   近藤 一直   宮地 栄一   飯塚 成志   池本 和久   石原 悟   大熊 真人   金子 葉子   河合 房夫   小谷 侑   菅沼 由唯   長崎 弘   原田 信広   吉田 友昭   稲垣 秀人   土田 邦博   山口 央輝   
医学教育   48(5) 323-325   2017年10月   

書籍等出版物

 

講演・口頭発表等

 
 
Neurochemical differentiation of hypothalamic MCH neurons derived from mouse embryonic stem cells.
Yu Kodani   Hidetaka Suga   Yoko S. Kaneko   Miho Kawata   Akira Nakashima   Hiroshi Nagasaki   
9th FAOPS CONGRESS   2019年3月30日   
 
Grafted hypothalamic neurons from mouse ES cells survived in hypothalamus or pituitary.
Miho Kawata   Yu Kodani   Hidetaka Suga   Yoko Kaneko   Akira Nakashima   Hiroshi Nagasaki   
9th FAOPS CONGRES   2019年3月30日   
 
マウスES細胞由来―視床下部細胞の高純度培養法の確立
小谷侑   須賀英隆   山本直樹   金子葉子   河田美穂   中島昭   長崎弘   
第65回 中部日本生理学会   2018年11月16日   
 
マウス胚性幹細胞由来-視床下部組織におけるMCHニューロンの特徴づけ
小谷侑   須賀英隆   金子葉子   中島昭   長崎弘   
第45回 日本神経内分泌学会   2018年10月27日   
 
マウスES細胞由来-視床下部組織におけるMCHニューロンの組織学的および神経化学的特徴
小谷侑   須賀英隆   金子葉子   中島昭   長崎弘   
第41回 日本神経科学会   2018年7月26日   

担当経験のある科目(授業)

 

所属学協会

 
 
   
 
日本生理学会
 
   
 
日本神経化学会
 
   
 
日本神経内分泌学会
 
   
 
日本神経科学学会

Works(作品等)

 

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月
 
研究期間: 2002年4月 - 2004年3月

産業財産権

 

学術貢献活動

 

社会貢献活動

 
 
【助言・指導,情報提供】
  () 2017年4月 - 現在

メディア報道

 

その他

 

その他教育活動上特記すべき事項