メニュー/MENU

お知らせ・マニュアル全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター研究統括監理部
> 医学部> 基礎> ウィルス・寄生虫学 

医学部 ウイルス・寄生虫学

研究者リスト >> 村田 貴之
 

最終確認日時:2021/09/14 11:09

編集

村田 貴之

 
アバター
研究者氏名村田 貴之
 
ムラタ タカユキ
所属藤田医科大学
部署医学部 ウイルス・寄生虫学
職名教授
学位博士(医学)(名古屋大学)
その他の所属名古屋大学大学院医学系研究科 Graduate School of Medicine
J-Global ID200901055677433687

研究キーワード

 
EBウイルス ,B型肝炎ウイルス ,新型コロナウイルス ,遺伝子機能解析 ,エピジェネティックス ,転写 ,RNAメチル化 ,ウイルス複製 ,がん化 ,感染様式 ,再活性化 ,溶解感染 ,潜伏感染

研究分野

 
  • ライフサイエンス / ウイルス学 / 
  • ライフサイエンス / 腫瘍生物学 / 

経歴

 
2017年9月
 - 
現在
藤田医科大学医学部 ウイルス・寄生虫学 教授 
 
2013年5月
 - 
2017年9月
名古屋大学大学院医学系研究科 准教授   
 
2007年7月
 - 
2013年4月
愛知県がんセンター研究所 研究員   
 
2006年4月
 - 
2007年6月
マギル大学 博士研究員   
 
2002年4月
 - 
2006年3月
京都大学ウイルス研究所 博士研究員   
 

学歴

 
1999年4月
 - 
2002年3月
名古屋大学 医学系研究科 病理学専攻ウイルス学
 
1992年4月
 - 
1998年3月
東京大学 農学部 獣医学科
 

受賞

 
2013年11月
日本ウイルス学会, 日本ウイルス学会杉浦奨励賞
 
2013年10月
日本癌学会, 日本癌学会奨励賞
 

論文

 
 
Masahiro Suzuki   Takumi Imai   Aki Sakurai   Satoshi Komoto   Tomihiko Ide   Chang Kweng Lim   Ayumi Shintani   Yohei Doi   Takayuki Murata   
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   27(9) 1350-1356   2021年9月
INTRODUCTION: Several clinical studies have reported the efficacy of favipiravir in reducing viral load and shortening the duration of symptoms. However, the viability of SARS-CoV-2 in the context of favipiravir therapy and the potential for resis...
 
Ratana Tacharoenmuang   Ratigorn Guntapong   Sompong Upachai   Phakapun Singchai   Saori Fukuda   Tomihiko Ide   Riona Hatazawa   Karun Sutthiwarakom   Santip Kongjorn   Napa Onvimala   Tipsuda Luechakham   Kriangsak Ruchusatsawast   Yoshiki Kawamura   Busarawan Sriwanthana   Kazushi Motomura   Masashi Tatsumi   Naokazu Takeda   Tetsushi Yoshikawa   Takayuki Murata   Ballang Uppapong   Koki Taniguchi   Satoshi Komoto   
Virus genes      2021年6月
The exact evolutionary patterns of human G4P[6] rotavirus strains remain to be elucidated. Such strains possess unique and strain-specific genotype constellations, raising the question of whether G4P[6] strains are primarily transmitted via indepe...
 
Takayuki Murata   Aki Sakurai   Masahiro Suzuki   Satoshi Komoto   Tomihiko Ide   Takuma Ishihara   Yohei Doi   
mSphere   6(3)    2021年5月
Information regarding the infectivity of severe acute respiratory syndrome coronavirus 2 (SARS-CoV-2) in asymptomatic carriers is scarce. In order to determine the duration of infectivity and its correlation with reverse transcription-PCR (RT-PCR)...
 
Yusuke Yanagi   Yusuke Okuno   Yohei Narita   H M Abdullah Al Masud   Takahiro Watanabe   Yoshitaka Sato   Teru Kanda   Hiroshi Kimura   Takayuki Murata   
Virology   557 44-54   2021年5月
Epstein-Barr virus (EBV) is a causative agent of infectious mononucleosis and several types of malignancy. RNAseq of peripheral blood primary B cell samples infected with wild-type EBV revealed that expression of programmed cell death ligand-1 (PD...
 
Takayuki Murata   
Microorganisms   9(4)    2021年4月
The immune system has evolved as a complex and efficient means of coping with extrinsic materials, such as pathogens and toxins, as well as intrinsic abnormalities, such as cancers. Although rapid and timely activation of the immune system is obvi...

講演・口頭発表等

 
 
新型コロナウイルス基礎研究
村田貴之   
環境バイオテクノロジー学会   2021年9月3日   
 
Epstein-Barr virus: Replication and pathogenesis
村田貴之   木村宏   
第63回日本ウイルス学会学術集会 日沼頼夫メモリアルシンポジウム   2015年11月   
 
EBウイルスの感染様式とがん
村田貴之   
平成26年度北海道大学遺伝子制御研究所研究集会「感染、免疫、炎症、発癌」   2014年7月3日   北海道大学遺伝子制御研究所   

所属学協会

 
 
   
 
American Society for Microbiology
 
   
 
日本ウイルス学会
 
   
 
日本癌学会
 
   
 
藤田学園医学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
EBV感染・がん化機構解明のための多分野連携研究
日本医療研究開発機構: 新興・再興感染症研究基盤創生事業(多分野融合研究領域)
研究期間: 2020年6月 - 2023年3月
 
EBVテグメントタンパク質による不完全溶解感染の制御
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
村田 貴之 
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月
 
レポーターHBVを駆使したHBV複製解析および創薬研究
日本医療研究開発機構: 感染症実用化研究事業(肝炎等克服実用化研究事業)
下遠野 邦忠 
研究期間: 2017年4月 - 2022年3月
 
新規臨床データと革新的技術の融合で読み解くEBウイルス再活性化
日本医療研究開発機構: 感染症研究革新イニシアティブ(J-PRIDE)
村田 貴之 
研究期間: 2017年8月 - 2020年3月
 
EBV未解明遺伝子の同定と機能解析
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月