メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部医療科学部総合医科学研究所産学連携推進センター研究支援推進センター

研究者業績検索

 
研究分野絞り込み大分類  中分類 
> 総合医科学研究所 

総合医科学研究所

研究者リスト >> 亀山俊樹
 

最終確認日時:2018/07/17 11:38

編集

亀山俊樹

 
アバター
研究者氏名亀山俊樹
URLhttp://www.fujita-hu.ac.jp/~tkame
所属藤田保健衛生大学
部署総合医科学研究所 遺伝子発現機構学研究部門
職名助教
学位博士(理学)(名古屋大学)
科研費研究者番号60298544
ORCID ID0000-0002-7348-7572

プロフィール

癌における異常スプライシングを研究しています

研究キーワード

 
神経回路形成 , RNA-seq , スプライシング , , 神経前駆細胞 , 分化 , 過剰発現実験 , 転写制御因子 , 胚性腫瘍細胞 , Zinc Finger , 増殖 , 神経分化 , NZF , 共焦点顕微鏡 , GFP , 神経幹細胞

研究分野

 
  • 腫瘍学 / 腫瘍生物学 / 
  • 生物科学 / 細胞生物学 / 
  • 生物科学 / 分子生物学 / スプライシング機構
  • 生物科学 / 発生生物学 / 
  • 神経科学 / 神経解剖学・神経病理学 / 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
中京学院大学 看護学部 非常勤講師(兼務)
 
2007年
 - 
現在
藤田保健衛生大学 総合医科学研究所遺伝子発現機構学研究部門 助教
 
2002年4月
 - 
2006年3月
椙山女学園大学 生活科学部 非常勤講師
 
1999年
 - 
2007年
藤田保健衛生大学 総合医科学研究所応用細胞学研究部門 助手
 

論文

 
Abe A, Yamamoto Y, Katsumi A, Okamoto A, Tokuda M, Inaguma Y, Yamamoto K, Yanada M, Kanie T, Tomita A, Akatsuka Y, Okamoto M, Kameyama T, Mayeda A, Emi N
International journal of hematology      2017年12月   [査読有り]
Izumo N, Ishibashi Y, Ono Y, Toho M, Sumino A, Kameyama T, Morikawa T, Shiba Y, Watanabe Y and Manabe T.
Global Drugs and Therapeutics.   2(5) 1-5   2017年9月   [査読有り]
Suzuki H, Aoki Y, Kameyama T, Saito T, Masuda S, Tanihata J, Nagata T, Mayeda A, Takeda S, Tsukahara T
International journal of molecular sciences   17(10)    2016年10月   [査読有り]
Yukiko Ishibashi, Nobuo Izumo, Keiko Iwata, Tomomi Morikawa, Toshiki Kameyama, Yasuo Watanabe, Takayuki Manabe, Hideo Matsuzaki
Journal of Brain Science   46 5-19   2016年6月   [査読有り]
Abe A, Mizuta S, Okamoto A, Yamamoto Y, Kameyama T, Mayeda A, Emi N
International journal of laboratory hematology   38 e15-e18   2016年1月   [査読有り]

Misc

 
がん細胞で異常なタンパク質が作られるしくみを「mRNA再スプライシング」現象から探る
亀山俊樹、前田明
ファルマシア   51(1) 22-26   2015年1月   [依頼有り]
癌の発生と進行に関わるmRNA前駆体スプライシングの破綻
亀山俊樹、前田明
実験医学   28(10) 1597-1605   2010年6月
亀山 俊樹
生物工学会誌 : seibutsu-kogaku kaishi   86(8)    2008年8月

書籍等出版物

 
分子細胞生物学辞典第2版
亀山俊樹 (担当:分担執筆)
2009年1月   

講演・口頭発表等

 
がん抑制因子RBM4aはがん細胞特異的成熟mRNA再スプライシングを抑制する: mRNA品質保証の鍵となる因子か?
○亀山俊樹、福村和宏、井上邦夫、廣瀬哲郎、前田明
2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017)   2017年12月6日   
A Repressor Candidate of Cancer Specific mRNA Re-splicing: A Key factor for splicing fidelity or mRNA quality control?
○亀山俊樹、福村和宏、井上邦夫、廣瀬哲朗、前田明
RNA2017:第22回国際RNA学会年会   2017年5月30日   
A Repressor Candidate of Cancer Specific mRNA Re-splicing: A Key factor for splicing fidelity or mRNA quality control?
○亀山俊樹、福村和宏、井上邦夫、廣瀬哲朗、前田明
International Symposium on the Hallmarks of Cancer: Focus on RNA   2017年5月28日   
がん細胞における成熟mRNA再スプライシング [招待有り]
亀山俊樹
招待セミナー、ハーバード大学医学部   2015年2月5日   
がん細胞における成熟mRNA再スプライシングの発見から想定される正常細胞でのmRNA品質管理機構 [招待有り]
亀山俊樹
第35回日本分子生物学会年会ワークショップ「RNA病解明への挑戦」   2012年12月13日   

担当経験のある科目

 
  • 病理病態学 (中京学院大学看護学部)
  • 栄養生化学 (中京学院大学看護学部)
  • 細胞生物学 (椙山女学園大学)
  • 生命科学 (椙山女学園大学)

所属学協会

 
日本癌学会 , 日本RNA学会 , 日本分子生物学会 , 日本発生生物学会 , 日本神経科学会 , Society for Neuroscience

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費助成事業(基盤研究(C))
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 亀山俊樹
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2014年4月 - 2018年3月    代表者: 松下 文雄
公益財団法人愛知県がん研究振興会: 第41回(平成28年度)がんその他の悪性新生物研究助成
研究期間: 2016年8月 - 2017年3月    代表者: 亀山俊樹
成熟mRNA再スプライシングに由来する癌細胞特異的異常転写産物の網羅的探索と制御機構の解析
公益財団法人愛知県がん研究振興会: 第40回(平成27年度)がんその他の悪性新生物研究助成金
研究期間: 2015年8月 - 2016年3月    代表者: 亀山俊樹
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 亀山 俊樹

学歴

 
1992年4月
 - 
1997年3月
名古屋大学大学院 理学研究科 生物学専攻
 
1988年4月
 - 
1992年3月
東北大学 理学部 生物学科
 

その他

 
教育内容・方法の工夫
なし
教育方法・教育実践に関する発表、講演等
なし
その他教育活動上特記すべき事項
なし