メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター
> 研究支援推進本部> 精神・神経病態解明センター準備室 

精神・神経病態解明センター準備室

研究者リスト >> 張 心健
 

張 心健

 
アバター
研究者氏名張 心健
 
 
URL
所属藤田医科大学
部署研究支援推進本部
職名助教
J-Global ID202001006654275593

研究キーワード

 
ドーパミン ,シグナル伝達

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 神経科学一般 / 

経歴

 
2020年4月
 - 
現在
藤田医科大学  助教 
 
2019年4月
 - 
2020年3月
名古屋大学大学院医学系研究科  研究員 
 
2017年4月
 - 
2019年3月
独立行政法人日本学術振興会  特別研究員 
 

学歴

 
2014年4月
 - 
2019年3月
名古屋大学 大学院医学系研究科 総合医学
 
2012年4月
 - 
2014年3月
名古屋大学 大学院医学系研究科 医科学
 

受賞

 
2016年4月
日本神経化学会 若手海外派遣奨励賞
 
2016年3月
アジア太平洋神経化学会 トラベルアワード
 
2012年6月
小林国際奨学財団 特別研究奨励金
 

論文

 
 
You-Hsin Lin   Yukie Yamahashi   Keisuke Kuroda   Md. Omar Faruk   Xinjian Zhang   Kiyofumi Yamada   Akihiro Yamanaka   Taku Nagai   Kozo Kaibuchi   
Neurochemistry International   143 104935-1049352021年2月
 
Xinjian Zhang   Taku Nagai   Rijwan Uddin Ahammad   Keisuke Kuroda   Shinichi Nakamuta   Takashi Nakano   Naoto Yukinawa   Yasuhiro Funahashi   Yukie Yamahashi   Mutsuki Amano   Junichiro Yoshimoto   Kiyofumi Yamada   Kozo Kaibuchi   
NEUROCHEMISTRY INTERNATIONAL   122 8-182019年1月   [査読有り]
Medium spiny neurons (MSNs) expressing dopamine D1 receptor (D1R) or D2 receptor (D2R) are major components of the striatum. Stimulation of D1R activates protein kinase A (PKA) through G(olf) to increase neuronal activity, while D2R stimulation in...
 
Xinjian Zhang   Keisuke Kuroda   Hiroyuki Takenaka   Kaishu Oda   Reon Kondo   Tomoki Nishioka   Shinichi Nakamuta   Taku Nagai   Kozo Kaibuchi   
JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   130(3) S194-S1942016年3月   [査読有り]
 
Taku Nagai   Shinichi Nakamuta   Keisuke Kuroda   Sakura Nakauchi   Tomoki Nishioka   Tetsuya Takano   Xinjian Zhang   Daisuke Tsuboi   Yasuhiro Funahashi   Takashi Nakano   Junichiro Yoshimoto   Kenta Kobayashi   Motokazu Uchigashima   Masahiko Watanabe   Masami Miura   Akinori Nishi   Kazuto Kobayashi   Kiyofumi Yamada   Mutsuki Amano   Kozo Kaibuchi   
NEURON   89(3) 550-5652016年2月   [査読有り]
Dopamine (DA) type 1 receptor (D1R) signaling in the striatum presumably regulates neuronal excitability and reward-related behaviors through PKA. However, whether and how D1Rs and PKA regulate neuronal excitability and behavior remain largely unk...
 
Mutsuki Amano   Tomonari Hamaguchi   Md. Hasanuzzaman Shohag   Kei Kozawa   Katsuhiro Kato   Xinjian Zhang   Yoshimitsu Yura   Yoshiharu Matsuura   Chikako Kataoka   Tomoki Nishioka   Kozo Kaibuchi   
JOURNAL OF CELL BIOLOGY   209(6) 895-9122015年6月   [査読有り]
Protein kinases play pivotal roles in numerous cellular functions; however, the specific substrates of each protein kinase have not been fully elucidated. We have developed a novel method called kinase-interacting substrate screening (KISS). Using...

所属学協会

 
 
   
 
米国神経科学会
 
   
 
日本薬理学会
 
   
 
日本神経化学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
RhoA Rho-kinaseシグナルの個体脳神経回路における作用機構の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 研究活動スタート支援
張 心健 
研究期間: 2019年8月 - 2021年3月
 
ゲノム編集技術を用いた細胞内RhoAシグナル解析と個体脳機能解析の融合研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 特別研究員奨励費
張 心健 
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月