メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター
教員検索医学部>衛生学
 

医学部 衛生学

研究者リスト >> 山田 宏哉
 

最終確認日時:2019/07/24 17:06

編集

山田 宏哉

 
アバター
研究者氏名山田 宏哉
所属藤田医科大学
部署医学部 医学科 衛生学
職名講師
学位博士(保健学)

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 栄養学、健康科学 / 
  • ライフサイエンス / 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない / 
  • ライフサイエンス / 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む / 
  • ライフサイエンス / 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない / 
  • ライフサイエンス / 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む / 
  • ライフサイエンス / 医療管理学、医療系社会学 / 
  • ライフサイエンス / 代謝、内分泌学 / 
  • ライフサイエンス / 病態医化学 / 
  • その他 / その他 / 病態検査学

受賞

 
2010年
大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻 優秀論文賞
 
 
日本臨床検査医学会 若手研究奨励賞
 
 
第56日本甲状腺学会 コスミック・研究創成賞優秀賞
 
 
予防医学研究海外研修奨学助成金:甕哲司賞
 
 
第53回日本甲状腺学会 若手奨励賞
 

論文

 
Yasutake Tomata, Yoshinori Suzuki, Miyuki Kawado, Hiroya Yamada, Yoshitaka Murakami, Makiko Naka Mieno, Yosuke Shibata, Toshiyuki Ojima, Shuji Hashimoto, Ichiro Tsuji
SOCIAL SCIENCE & MEDICINE   147 296-299   2015年12月   [査読有り]
It has been unclear whether the prevalence of disability is higher in an area affected by natural disaster than in other areas even if more than one year has passed since the disaster. The aim of this ecological study was to examine whether the ra...
小川 真児, 雪竹 潤, 日比谷 信, 山崎 未来, 上原 史也, 豊崎 正人, 山本 賢, 山田 宏哉, 伊藤 康宏
体外循環技術   42(2) 119-123   2015年6月   [査読有り]
人工心肺などの体外循環により、活性化した免疫細胞である白血球が炎症性サイトカインを分泌し、炎症カスケードを増幅していく。この機構を実験的に調べるため、ヒトリンパ系株化細胞U937を用いて増殖効果と、循環液中のサイトカイン(Interleukin1-β、Tumor Necrosis Factor-α:TNAα)および細胞中のmRNA発現を測定し、その影響を検討した。これは体外循環の影響を単一細胞で調べ、臨床検討の一助とすることを目的にしている。この研究の結果、細胞を循環させることで細胞の増殖...
Hiroya Yamada, Koji Ohashi, Koji Suzuki, Eiji Munetsuna, Yoshitaka Ando, Mirai Yamazaki, Hiroaki Ishikawa, Naohiro Ichino, Ryouji Teradaira, Shuji Hashimoto
CLINICA CHIMICA ACTA   446 267-271   2015年6月   [査読有り]
Background: Circulating microRNAs (miRs) may be promising biomarkers for several diseases. We previously found that miR-122 can function as a biomarker for non-alcoholic fatty liver disease (NAFLD). However, little is known regarding the time cour...
川戸美由紀, 三重野牧子, 村上義孝, 山田宏哉, 橋本修二
厚生の指標   62(3) 39-43   2015年3月
Ohashi K, Ando Y, Munetsuna E, Yamada H, Yamazaki M, Nagura A, Taromaru N, Ishikawa H, Suzuki K, Teradaira R
Nutrition research (New York, N.Y.)   35(3) 259-264   2015年3月   [査読有り]

書籍等出版物

 
山田宏哉 (担当:共著, 範囲:Epigenetics and fructose metabolism: a new mechanism of fructose effects.)
Elsevier   2019年   
山田宏哉 (担当:共著, 範囲:High-Fructose Consumption and the Epigenetics of DNA Methylation)
Springer   2018年   

講演・口頭発表等

 
Watarai R, Suzuki K, Ichino N, Osakabe K, Sugimoto K, Kusuhara Y, Yamada H, Hamajima T, Hamajima N, Inoue T
13th Asia-Pacific Federation for Clinical Biochemistry and Laboratory Medicine Congress   2013年   
Ishikawa H, Sawada A, Ando Y, Taromaru N, Yamada H, Suzuki K, Ohashi K, Teradaira R
13th Asia-Pacific Federation for Clinical Biochemistry and Laboratory Medicine Congress   2013年   
Ando Y, Yamada H, Ohashi K, Sawada A, Nagura A, Ishikawa H, Suzuki K, Teradaira R
13th Asia-Pacific Federation for Clinical Biochemistry and Laboratory Medicine Congress;   2013年   
Yamada H, Suzuki K, Ichino N, Ando Y, Sawada A, Osakabe K, Sugimoto K, Ohashi K, Teradaira R, Inoue T, Hamajima N, Hashimoto S
13th Asia-Pacific Federation for Clinical Biochemistry and Laboratory Medicine Congress   2013年   
Ohashi K, Yamada H, Suzuki K, Ichino N, Osakabe K, Sugimoto K, Ando Y, Sawada A, Ishikawa H, Teradaira R, Hamajima N
13th Asia-Pacific Federation for Clinical Biochemistry and Laboratory Medicine Congress   2013年   

教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)

 
 
 

作成した教科書、教材、参考書