メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター
> 医学部> 内科学> 腎臓内科学 

医学部 腎臓内科学

研究者リスト >> 林 宏樹
 

最終確認日時:

編集

林 宏樹

 
アバター
研究者氏名林 宏樹
 
ハヤシ ヒロキ
所属藤田医科大学
部署医学部 腎臓内科学
職名准教授
学位医学博士(名古屋大学)
J-Global ID201501010768591581

論文

 
 
Hiroki Hayashi   Waichi Sato   Tomoki Kosugi   Kunihiro Nishimura   Daisuke Sugiyama   Naoko Asano   Shinya Ikematsu   Kimihiro Komori   Kimitoshi Nishiwaki   Kenji Kadomatsu   Seiichi Matsuo   Shoichi Maruyama   Yukio Yuzawa   
CLINICAL AND EXPERIMENTAL NEPHROLOGY   21(4) 597-6072017年8月   [査読有り]
Background The mortality and morbidity associated with acute kidney injury (AKI) remains high, despite advances in interventions. A multifunctional heparin-binding growth factor, midkine (MK), is involved in the pathogenesis of ischemic kidney inj...
 
Midori Hasegawa   Kyoko Hattori   Satoshi Sugiyama   Hiroaki Asada   Hiroshi Yamashita   Kazuo Takahashi   Hiroki Hayashi   Shigehisa Koide   Waichi Sato   Yukio Yuzawa   
MODERN RHEUMATOLOGY   26(1) 110-1142016年1月   [査読有り]
Objectives. This study investigated the clinical course of myeloperoxidase-antineutrophil cytoplasm autoantibody (MPO-ANCA)-associated vasculitis after starting dialysis.Methods. A retrospective review was conducted of the clinical charts of dialy...
 
Tomohito Doke   Waichi Sato   Kazuo Takahashi   Hiroki Hayashi   Sigehisa Koide   Hitomi Sasaki   Mamoru Kusaka   Ryoichi Shiroki   Kiyotaka Hoshinaga   Asami Takeda   Yukio Yuzawa   Midori Hasegawa   
INTERNAL MEDICINE   55(4) 375-3802016年   [査読有り]
A 53-year-old woman who had undergone deceased donor kidney transplantation twice, at 35 and 43 years of age, presented with renal impairment. She was infected with hepatitis C virus (HCV). The histology of the graft kidney revealed post-transplan...
 
Midori Hasegawa   Junichi Ishii   Fumihiko Kitagawa   Hiroshi Takahashi   Kazuhiro Sugiyama   Masashi Tada   Kyoko Kanayama   Kazuo Takahashi   Hiroki Hayashi   Shigehisa Koide   Shigeru Nakai   Yukio Ozaki   Yukio Yuzawa   
BIOMED RESEARCH INTERNATIONAL   2016 87614752016年   [査読有り]
Background. Our aim was to assess plasma neutrophil gelatinase-associated lipocalin (NGAL) as a predictor of cardiovascular (CV) events in patients with chronic kidney disease (CKD) and no history of CV events. Methods. This was a prospective obse...
 
Tomohiro Mizuno   Takahiro Hayashi   Yuka Shimabukuro   Maho Murase   Hiroki Hayashi   Kazuhiro Ishikawa   Kazuo Takahashi   Yukio Yuzawa   Shigeki Yamada   Tadashi Nagamatsu   
ONCOLOGY   90(6) 313-3202016年   [査読有り]
Background and Aims: Cisplatin-induced nephrotoxicity primarily occurs in the proximal tubules, and tubular injuries reduce glomerular filtration rates. Lower blood pressure causes renal hypoperfusion, which promotes ischemic acute kidney injury (...

MISC

 
 
湯沢 由紀夫   長谷川 みどり   林 宏樹   
日本急性血液浄化学会雑誌   4(2) 107-1142013年12月   
急性腎傷害(AKI)の発生頻度は年々増加しており、とくにICU領域で発症したAKIの生命予後は不良である。血液浄化療法の導入が必ずしもAKIの予後改善に寄与するとは限らない。これは腎臓で生じた傷害が腎局所にとどまらず、心臓・肺・脳・消化管・肝臓といった腎臓以外のさまざまな遠隔主要臓器に連続して、かつ同時に傷害が発生し、多臓器不全に進行する危険が高いことが、AKIの生命予後不良の原因の1つと考えられている。このため、AKIの治療にあたっては、腎保護・腎機能代替療法の適応を考慮するだけでなく、...
 
湯澤 由紀夫   長谷川 みどり   林 宏樹   秋山 真一   平山 明由   
腎臓   36(2) 117-1232013年11月   
 
湯澤 由紀夫   林 宏樹   
Medical Science Diges   39(10) 471-4742013年9月   
急性腎障害(AKI)の発生頻度は年々増加しており、特にICU領域では5%〜20%の患者にAKIが発症しており、その生命予後は不良である。血液浄化療法の導入が必ずしもAKIの予後改善に寄与するとは限らず、心臓・肺・脳・肝臓といった様々な遠隔主要臓器の障害が連続して、かつ同時に発生することが、生命予後不良の原因の一つと考えられている。AKIによる遠隔臓器障害発症の共通機序として、炎症性メディエーターの関与が特に重要である。腎で虚血障害をはじめとする様々な障害の結果、全身性炎症反応症候群(SIR...
 
湯澤 由紀夫   長谷川 みどり   林 宏樹   
臨床病理レビュー   (149) 31-382013年3月   
近年、腎に特異的なバイオマーカー群が数多く報告され、より早期からのAKIの診断が可能となり、臨床応用が期待されている。AKIのバイオマーカーに求められる特性は、腎臓に特異的であり、AKIのサブタイプ(腎前性・腎性・腎後性)の鑑別が可能であり、AKIの傷害の部位とその程度が予測でき、早期診断が可能であることである。臨床的には、(1)いわゆるATNに相当する狭義のAKIを他の腎疾患と区別する鑑別診断能、(2)Cr上昇に先行して診断を可能にする早期診断能、(3)生命予後あるいは腎予後を見極める予...
 
Akira Onishi   Daisuke Sugiyama   Go Tsuji   Takashi Nakazawa   Yoshinori Kogata   Kosaku Tsuda   Ikuko Naka   Keisuke Nishimura   Kenta Misaki   Chiyo Kurimoto   Hiroki Hayashi   Goichi Kageyama   Jun Saegusa   Takeshi Sugimoto   Seiji Kawano   Shunichi Kumagai   Akio Morinobu   
Modern rheumatology   23(1) 89-962013年1月   
OBJECTIVES: Recent studies have shown that mycophenolate mofetil (MMF) is similar to intravenous cyclophosphamide (IVC) for the treatment of lupus nephritis (LN), but that treatment response may vary according to location and race/ethnicity. Moreo...

書籍等出版物

 
 
富野康日己, 柏原直樹, 成田一衛
   2012年      
 
菊池春人, 油野友二, 宿谷賢一, 八木靖二, 芝 紀代子, 富野康日己
株式会社宇宙堂八木書店      2012年      
 
   2012年      
 
今井圓裕
診断と治療社      2012年      
 
富野康日己, 柏原直樹, 成田一衛
中外医学社      2011年      

講演・口頭発表等

 
 
メサンギウム増殖性腎炎における組織トランスグルタミナーゼの役割の解明
加藤 彰浩   水野 智博   高橋 和男   尾之内 高慶   吉田 祐理   辰川 英樹   林 宏樹   小出 滋久   長谷川 みどり   水野 正司   北村 博司   人見 清隆   湯澤 由紀夫   
日本腎臓学会誌   2016年5月   
 
質量分析によるIgA1ヒンジ部糖鎖異常部位の定量及び同定
高橋 和男   加藤 彰浩   比企 能之   吉田 祐理   水野 智博   山口 央輝   林 宏樹   小出 滋久   長谷川 みどり   Renfrow Matthew B   Novak Jan   湯澤 由紀夫   
日本腎臓学会誌   2016年5月   
 
生体腎移植ドナーの分腎機能評価法としてのダイナミック造影CT
岩崎 仁   高橋 和男   林 宏樹   小出 滋久   長谷川 みどり   伊藤 泰平   剣持 敬   佐々木 ひと美   日下 守   白木 良一   夏目 貴弘   市原 隆   外山 宏   湯澤 由紀夫   
日本腎臓学会誌   2016年5月   
 
共通パスを用いたADPKDに対する段階的トルバプタン(TLV)導入
小林 由典   林 宏樹   多田 将士   山本 幸一郎   高橋 和男   小出 滋久   長谷川 みどり   湯澤 由紀夫   
日本腎臓学会誌   2016年5月   
 
ADPKDに対する早期治療介入に向けての課題
林 宏樹   小林 由典   多田 将士   高橋 和男   小出 滋久   長谷川 みどり   湯澤 由紀夫   
日本腎臓学会誌   2016年5月   

教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)

 
 
 
 

作成した教科書、教材、参考書

 
 
 

その他教育活動上特記すべき事項