メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター

医学部 精神神経科学

研究者リスト >> 齋藤 竹生
 

最終更新日時:

編集

齋藤 竹生

 
アバター
研究者氏名齋藤 竹生
 
 
所属藤田医科大学
部署医学部 医学科 精神神経科学
職名講師
学位医学博士(藤田医科大学)
J-Global ID201501001954870181

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 精神神経科学 / 精神科遺伝学

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
藤田医科大学 精神神経科学 講師 
 
2015年4月
   
 
藤田医科大学 精神神経科学 助教 
 
2011年4月
   
 
藤田医科大学 精神神経科学 助手 
 

学歴

 
2011年4月
 - 
2015年3月
藤田医科大学大学院 医学研究科 
 
2001年4月
 - 
2007年3月
藤田医科大学 医学部 
 

受賞

 
2016年
日本生物学的精神医学会, 2016年日本生物学的精神医学会学術賞
 
 
2016年
日本精神神経学会, 2016年度精神医学奨励賞
 
 
2016年
日本臨床精神神経薬理学会, 2016年ポール・ヤンセン賞
 
 
2016年
日本生物学的精神医学会, 2016年第五回日本生物学的精神医学会 若手研究者育成プログラム奨励賞
 
 
2013年
日本生物学的精神医学会, 2013年度国際学会発表奨励賞
 
 

論文

 
 
Koya Fukunaga   Eiji Hishinuma   Masahiro Hiratsuka   Ken Kato   Takuji Okusaka   Takeo Saito   Masashi Ikeda   Teruhiko Yoshida   Hitoshi Zembutsu   Nakao Iwata   Taisei Mushiroda   
Journal of Human Genetics      2020年8月   [査読有り]
 
Tempei Ikegame   Miki Bundo   Naohiro Okada   Yui Murata   Shinsuke Koike   Hiroko Sugawara   Takeo Saito   Masashi Ikeda   Keiho Owada   Masaki Fukunaga   Fumio Yamashita   Daisuke Koshiyama   Tatsunobu Natsubori   Norichika Iwashiro   Tatsuro Asai   Akane Yoshikawa   Fumichika Nishimura   Yoshiya Kawamura   Jun Ishigooka   Chihiro Kakiuchi   Tsukasa Sasaki   Osamu Abe   Ryota Hashimoto   Nakao Iwata   Hidenori Yamasue   Tadafumi Kato   Kiyoto Kasai   Kazuya Iwamoto   
Schizophrenia Bulletin      2020年6月   [査読有り]
<title>Abstract</title>
Associations between altered DNA methylation of the serotonin transporter (5-HTT)-encoding gene SLC6A4 and early life adversity, mood and anxiety disorders, and amygdala reactivity have been reported. However, few studies ...
 
Saito T   Ikeda M   Mushiroda T   Iwata N   Clozapine Pharmacogenomics Consortium of Japan   
Aust N Z J Psychiatry   54(5) 545-546   2020年5月   [査読有り]
 
Murata Y   Ikegame T   Koike S   Saito T   Ikeda M   Sasaki T   Iwata N   Kasai K   Bundo M   Iwamoto K   
Prog Neuropsychopharmacol Biol Psychiatry   99 109855   2020年1月   [査読有り]
 
Taniguchi S   Ninomiya K   Kushima I   Saito T   Shimasaki A   Sakusabe T   Momozawa Y   Kubo M   Kamatani Y   Ozaki N   Ikeda M   Iwata N   
Psychiatry and clinical neurosciences      2019年8月   [査読有り]

MISC

 
 
池田 匡志   近藤 健治   齋藤 竹生   島崎 愛夕   岩田 仲生   
最新医学   別冊(統合失調症) 49-53   2018年7月   
全ゲノム関連解析(GWAS)や次世代シーケンサー(NGS)は、複雑疾患の遺伝要因を同定するためのツールとして、革命的な結果を創出し続けている。精神疾患の中で、特に成功を収めているのは統合失調症であるが、実際、頻度の高い一塩基多型(SNP)あるいはまれな一塩基変異(SNV)などの多数のリスクが同定され、ほかの精神疾患よりも同定されているリスクの数はずば抜けて多い。本稿では、遺伝子研究の歴史を振り返るとともに、統合失調症における遺伝子解析の結果を概説する。(著者抄録)
 
池田 匡志   齋藤 竹生   岩田 仲生   
分子精神医学   18(3) 164-167   2018年7月   
 
池田 匡志   近藤 健治   齋藤 竹生   島崎 愛夕   岩田 仲生   
最新医学   別冊(統合失調症) 49-53   2018年7月   
全ゲノム関連解析(GWAS)や次世代シーケンサー(NGS)は、複雑疾患の遺伝要因を同定するためのツールとして、革命的な結果を創出し続けている。精神疾患の中で、特に成功を収めているのは統合失調症であるが、実際、頻度の高い一塩基多型(SNP)あるいはまれな一塩基変異(SNV)などの多数のリスクが同定され、ほかの精神疾患よりも同定されているリスクの数はずば抜けて多い。本稿では、遺伝子研究の歴史を振り返るとともに、統合失調症における遺伝子解析の結果を概説する。(著者抄録)
 
池田 匡志   齋藤 竹生   岩田 仲生   
分子精神医学   18(3) 164-167   2018年7月   
 
齋藤 竹生   
精神神経学雑誌   120(5) 416-420   2018年5月   
クロザピンは治療抵抗性統合失調症の治療において有用であるが,一方で重篤な副作用である無顆粒球症を引き起こす.そこでわれわれはクロザピン誘発性無顆粒球症に関連する遺伝的因子の同定を目的とし研究を行った.まず,日本人のクロザピン誘発性無顆粒球症患者と顆粒球減少症患者を合わせた無顆粒球症・顆粒球減少症患者群50人と日本人健常対照者群2,905人について全ゲノムSNP解析を行った.その結果,有意水準を下回るP値を示すSNPが4つ同定され,すべてが6番染色体のHLA領域に位置していた(rs18006...

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
クロザピン誘発性無顆粒球症の発症機序解明と発症予測バイオマーカーの探索
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究
齋藤竹生 
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月
 
個別化医療実現に向けたラモトリギン誘発性皮膚障害と治療反応性の薬理ゲノム学研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究(B)
齋藤竹生 
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月