メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター
教員検索総合医科学研究所>難病治療学
 

総合医科学研究所 難病治療学

研究者リスト >> 上田 洋司
 

最終確認日時:

編集

上田 洋司

 
アバター
研究者氏名上田 洋司
 
 
URLhttp://kaken.nii.ac.jp/ja/r/40416649
所属藤田医科大学
部署総合医科学研究所 難病治療学
職名講師
学位理学博士(九州大学)
科研費研究者番号40416649
J-Global ID201101022480531310

プロフィール

2001年 九州大学大学院医学系研究科修了、理学博士。2001~2005年 三菱化学生命科学研究所・記憶形成精神疾患研究グループ・特別研究員。 2005~2009年 三菱化学生命科学研究所・分子加齢医学研究グループ・副主任研究員。2009年4~現在 藤田保健衛生大学・助教。2019年10月 藤田医科大学・講師。

研究キーワード

 
翻訳後修飾 ,UBL3 ,Exosome ,Extracellular Vesicles ,memory ,E3 Ubiquitin ligase ,Ubiquitin ,Follistatin ,Activin

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 腫瘍生物学 / 
  • ライフサイエンス / 神経科学一般 / 
  • ライフサイエンス / 神経科学一般 / 

経歴

 
2019年10月
 - 
現在
藤田医科大学総合医科学研究所・難病治療学研究部門  講師 
 
2009年
 - 
2019年9月
藤田医科大学総合医科学研究所・難病治療学研究部門  助教 
 
2006年
 - 
2009年
三菱化学生命科学研究所  副主任研究員 
 
2001年
 - 
2006年
三菱化学生命科学研究所  特別研究員 
 

受賞

 
2018年3月
藤田医科大学, 平成29年度総合医科学研究所成果発表会ポスター賞,新規翻訳後修飾因子UBL3によるエクソソームへのタンパク質輸送機構
上田洋司 
 
2016年9月
日本RNAi研究会, 2016年度日本RNAi研究会ポスター賞,Ubiquitin-like protein UBL3 influences protein sorting to exosomes
上田洋司 
 

論文

 
 
L. K. Parajuli   N. Ageta-Ishihara   H. Ageta   Y. Fukazawa   M. Kinoshita   
SEPTINS   136 285-294   2016年   [査読有り]
The minimal functional units of the mammalian septin system are diverse heterooligomers of SEPT1 1-14 subunits, which are most abundantly and differentially expressed in post mitotic neurons and glia. The subunit compositions of such heterooligome...
 
Daiki Ikeda   Hiroshi Ageta   Kunihiro Tsuchida   Harumoto Yamada   
Biomarkers : biochemical indicators of exposure, response, and susceptibility to chemicals      2013年8月   [査読有り]
 
Hiroshi Ageta   Kunihiro Tsuchida   
ACTIVINS AND INHIBINS   85 185-206   2011年   [査読有り]
Activins, which are members of the TGF-beta superfamily, were initially isolated from gonads and served as modulators of follicle-stimulating hormone secretion. Activins regulate various biological functions, including induction of the dorsal meso...
 
Hiroshi Ageta   Shiro Ikegami   Masami Miura   Masao Masuda   Rika Migishima   Toshiaki Hino   Noriko Takashima   Akiko Murayama   Hiromu Sugino   Mitsutoshi Setou   Satoshi Kida   Minesuke Yokoyama   Yoshihisa Hasegawa   Kunihiro Tsuchida   Toshihiko Aosaki   Kaoru Inokuchi   
LEARNING & MEMORY   17(4) 176-185   2010年4月   [査読有り]
A recent study has revealed that fear memory may be vulnerable following retrieval, and is then reconsolidated in a protein synthesis-dependent manner. However, little is known about the molecular mechanisms of these processes. Activin beta A, a m...
 
Takashi Kitamura   Yoshito Saitoh   Noriko Takashima   Akiko Murayama   Yosuke Niibori   Hiroshi Ageta   Mariko Sekiguchi   Hiroyuki Sugiyama   Kaoru Inokuchi   
CELL   139(4) 814-827   2009年11月   [査読有り]
Acquired memory initially depends on the hippocampus (HPC) for the process of cortical permanent memory formation. The mechanisms through which memory becomes progressively independent from the HPC remain unknown. In the HPC, adult neurogenesis ha...

書籍等出版物

 
 
上田洋司, 土田邦博
生化学みにれびゅー      2019年8月      
 
Kunihiro Tsuchida, Keisuke Hitachi, Masashi Nakatani, Akiyoshi Uezumi, Hiroshi Ageta
Nova Science publishers      2016年      
 
土田邦博, 上住聡芳, 中谷直史, 上田洋司, 常陸圭介
整形・災害外科      2015年2月      
 
Ikuko Yao, Hiroshi Ageta, Mitsutoshi Setou
NOVA Publishers      2009年3月   (ISBN:9781607416944)   
 
Mitsutoshi Setou, Hiroshi Ageta, Naoko Inoue, Hisaharu Kudo, Tetsuo Kokaji, Nobuhiro Zaima, Yuki Sugiura, Takahiro Hayasaka, Masaru Furuta, Naofumi Hosokawa, Daisuke Horigome, Ikuko Yao, Hyunjeong Yang
Springer publisher Japan      2008年11月   (ISBN:9784431100324)   

講演・口頭発表等

 
 
新規翻訳後修飾UBL3化による、エクソソームへのタンパク質の輸送
上田洋司   
医療分野の躍進を担うエクソソーム最前線2019   2019年7月8日   
 
A novel UBL3 modification influences protein sorting to small extracellular vesicles
Hiroshi Ageta   Natsumi Ageta-Ishihara   Keisuke Hitachi   Takanori Onouchi   Hisateru Yamaguchi   Yusuke Yoshioka   Nobuyoshi Kosaka   Tomihiko Ide   Makoto Kinoshita   Takahiro Ochiya   Mitsutoshi Setou   Kunihiro Tsuchida   
ISEV2019 Symposium session EV Biogenesis II   2019年4月25日   
 
新規翻訳後修飾因子であるユビキチン様タンパクUbiquitin-like 3 (UBL3)によるエクソソームへのタンパク質輸送機構
上田洋司   
第2回ユビキチン研究会   2019年1月16日   
 
新規翻訳後修飾因子UBL3によるエクソソームへのタンパク質輸送機構
上田洋司   
ConBio2017 ワークショップ 細胞外小胞顆粒は我々に何を語るか?〜細胞間コミュニケーションが織りなす生命現象の解明へ〜   2017年12月7日   
 
新規翻訳後修飾因子UBL3は、エクソソームへのタンパク輸送を制御する
上田洋司   華表友暁   畠中謙   吉岡祐亮   小坂展慶   常陸圭介   落谷孝広   瀬藤光利   土田邦博   
第8会日本RNAi研究会・第3回日本細胞小胞学会   2016年9月1日   

所属学協会

 
 
   
 
北米神経科学学会
 
   
 
日本分子生物学会
 
   
 
日本神経科学学会
 
   
 
国際細胞外小胞学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2019年9月 - 2024年3月
 
研究期間: 2019年4月 - 2021年3月
 
研究期間: 2019年4月 - 2021年3月
 
研究期間: 2019年5月 - 2020年4月
 
新規翻訳後修飾UBL3化に着目した、エクソソーム輸送が関与する疾患に有効な薬剤の探索
公益財団法人市原国際奨学財団: 平成30年度研究助成
上田洋司 
研究期間: 2019年4月 - 2020年3月

社会貢献活動

 
 
【出演,助言・指導,企画,運営参加・支援,実演】
  2019年11月16日