メニュー/MENU

お知らせ・マニュアル全教員検索医学部医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター研究統括監理部
> 総合医科学研究所> 分子遺伝学 

総合医科学研究所 分子遺伝学

研究者リスト >> 稲垣 秀人
 

最終確認日時:

編集

稲垣 秀人

 
アバター
研究者氏名稲垣 秀人
 
 イナガキヒデヒト
URLhttp://hp.fujita-hu.ac.jp/ICMS/
所属藤田医科大学
部署総合医科学研究所 分子遺伝学研究部門
職名講師
学位理学博士(名古屋大学大学院)
科研費研究者番号70308849
J-Global ID200901090324953857

プロフィール

染色体異常症の発生機序の解明

研究キーワード

 
DNA高次構造 ,DNA二重鎖切断 ,DNAの高次構造 ,発生・分化 ,相同組み換え ,染色体転座 ,核酸 ,遺伝子導入 ,パリンドローム ,染色体 ,ゲノム

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 医化学 / 
  • ライフサイエンス / 分子生物学 / 
  • ライフサイエンス / 腫瘍生物学 / 
  • ライフサイエンス / 神経科学一般 / 
  • ライフサイエンス / 神経科学一般 / 

経歴

 
2018年10月
 - 
現在
藤田医科大学 総合医科学研究所・分子遺伝学研究部門 講師 
 
2015年2月
 - 
2018年10月
藤田保健衛生大学 総合医科学研究所分子遺伝学 講師 
 
2007年4月
 - 
2015年1月
藤田保健衛生大学 総合医科学研究所分子遺伝学 助教 
 
2003年4月
 - 
2007年3月
藤田保健衛生大学 総合医科学研究所分子遺伝学  助手 
 
1998年4月
 - 
2003年3月
藤田保健衛生大学 総合医科学研究所 分子遺伝学部門II (神経化学)  助手 
 

論文

 
 
Rie Kawamura   Hidehito Inagaki   Midori Yamada   Fumihiko Suzuki   Yuki Naru   Hiroki Kurahashi   
Molecular cytogenetics   14(1) 34-34   2021年7月
BACKGROUND: Constitutional telomeric associations are very rare events and the mechanism underlying their development is not well understood. CASE PRESENTATION: We here describe a female case of Turner syndrome with a 45,X,add(22)(p11.2)[25]/45,X[...
 
Keisuke Hitachi   Masashi Nakatani   Yuri Kiyofuji   Hidehito Inagaki   Hiroki Kurahashi   Kunihiro Tsuchida   
International journal of molecular sciences   22(5)    2021年3月
The loss of skeletal muscle mass (muscle atrophy or wasting) caused by aging, diseases, and injury decreases quality of life, survival rates, and healthy life expectancy in humans. Although long non-coding RNAs (lncRNAs) have been implicated in sk...
 
Miki Kawai   Takema Kato   Makiko Tsutsumi   Yasuko Shinkai   Hidehito Inagaki   Hiroki Kurahashi   
Molecular genetics & genomic medicine   8(12) e1531   2020年12月
BACKGROUND: Incontinentia pigmenti (IP) is a rare X-linked disorder affecting the skin and other ectodermal tissues that is caused by mutation of the IKBKG/NEMO gene. Previous studies have reported that the overall mutation detection rate in IP is...
 
Makiko Tsutsumi   Hiroki Miura   Hidehito Inagaki   Yasuko Shinkai   Asuka Kato   Takema Kato   Susumu Hamada-Tsutsumi   Makito Tanaka   Kazuko Kudo   Tetsushi Yoshikawa   Hiroki Kurahashi   
BMC cancer   20(1) 1162-1162   2020年11月
BACKGROUND: Aggressive systemic mastocytosis (ASM) is a rare malignant disease characterized by disordered mast cell accumulation in various organs. We here describe a female ASM patient with a previous history of ovarian dysgerminoma. METHODS: Mo...
 
Kentaro Tsukamoto   Naoaki Shinzawa   Akito Kawai   Masahiro Suzuki   Hiroyasu Kidoya   Nobuyuki Takakura   Hisateru Yamaguchi   Toshiki Kameyama   Hidehito Inagaki   Hiroki Kurahashi   Yasuhiko Horiguchi   Yohei Doi   
Nature communications   11(1) 3571-3571   2020年7月   [査読有り]
Pathogenic bacteria of the genus Bartonella can induce vasoproliferative lesions during infection. The underlying mechanisms are unclear, but involve secretion of an unidentified mitogenic factor. Here, we use functional transposon-mutant screenin...

MISC

 
 
稲垣 秀人   倉橋 浩樹   
医学のあゆみ   250(5) 331-335   2014年8月   
ゲノム構造解析の主体は顕微鏡下での観察によるG分染法やFISH解析からマイクロアレイ解析に移行し、微細なコピー数変動が高感度に検出できるようになった。マイクロアレイ解析は、新しいゲノム疾患の同定や、構造異常の発生メカニズムの解明に貢献したが、その一方で、ゲノムコピー数の量的解析という性質上、均衡型の構造異常が検出できず、用途が限定される。次世代シーケンス(NGS)技術は定量と定性が同時に可能であるという利点があり、マイクロアレイを凌駕する可能性を秘めている。近年、染色体破砕現象のような構造...
 
H. Kurahashi   M. Tsutsumi   R. Fujiwara   H. Nishizawa   H. Kogo   H. Inagaki   T. Ohye   T. Fujii   
HUMAN REPRODUCTION   29 108-108   2014年7月   
 
池田 真理子   森貞 直哉   井元 万里子   安井 直子   久我 敦   古和 久明   稲垣 秀人   倉橋 浩樹   竹島 泰弘   戸田 達史   飯島 一誠   
日本小児科学会雑誌   118(6号) 966-966   2014年6月   [査読有り]
 
Yukio Nakamura   Shingo Kikugawa   Hidehito Inagaki   Tatsuya Kobayashi   Hiroki Kurahashi   Hiroyuki Kato   
JOURNAL OF BONE AND MINERAL RESEARCH   29 S248-S248   2014年2月   
 
大江瑞恵   吉川哲史   井平勝   東本祐紀   稲垣秀人   倉橋浩樹   
日本小児遺伝学会学術集会プログラム・抄録集   36th 32   2013年4月   

所属学協会

 
 
   
 
The Japan Society of Human Genetics
 
   
 
The Molecular Biology Society of Japan
 
   
 
日本人類遺伝学会
 
   
 
日本分子生物学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
モデル細胞系を用いた染色体構造異常の発生機構の解明およびその制御
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
稲垣 秀人 
研究期間: 2021年4月 - 2024年3月
 
体細胞モザイクがもたらす病態のモデル細胞系の構築
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
稲垣秀人 
研究期間: 2015年 - 2017年
 
ヒト均衡型相互転座を作り出す染色体切断端の近接機構の解明
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
稲垣 秀人 
研究期間: 2012年 - 2014年
 
メダカ減数分裂細胞を用いたヒト染色体転座誘導機構の解明とその応用
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(若手研究(B))
稲垣秀人 
研究期間: 2008年 - 2009年
 
十字架型DNAを利用した安全な遺伝子治療ベクターの開発
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(若手研究(B))
稲垣秀人 
研究期間: 2004年 - 2006年

学歴

 
1993年4月
 - 
1998年3月
名古屋大学大学院 理学研究科 生物学専攻
 
1989年4月
 - 
1993年3月
名古屋大学 理学部 生物学科
 

その他

 
 
特になし