メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター
教員検索総合医科学研究所>難病治療学
 

総合医科学研究所 難病治療学

研究者リスト >> 中谷 直史
 

最終確認日時:

編集

中谷 直史

 
アバター
研究者氏名中谷 直史
 
 
URLhttp://info.fujita-hu.ac.jp/~nanbyou/nanbyou/Top.html
所属星城大学
部署リハビリテーション学部
職名准教授
学位博士(医学)(徳島大学)
科研費研究者番号00421264
J-Global ID201101039624920953

プロフィール

骨格筋、脂肪組織の形成と維持に興味を持ち、Myostatin、Activin、Follistatinに注目し研究を進めています。

研究キーワード

 
遺伝子 ,細胞 ,脂肪分化 ,ミトコンドリア ,マイオスタチン ,脂肪酸代謝 ,骨格筋内脂肪蓄積 ,メタボリック症候群

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 生理学 / 
  • ライフサイエンス / 医療薬学 / 
  • ライフサイエンス / 生理学 / 
  • ライフサイエンス / 医化学 / 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
藤田医科大学 医療科学部 臨床工学科  兼任講師 
 
2007年4月
 - 
2019年3月
藤田医科大学 総合医科学研究所 難病治療学  助教 
 

論文

 
 
Keisuke Hitachi   Masashi Nakatani   Shiori Funasaki   Ikumi Hijikata   Mizuki Maekawa   Masahiko Honda   Kunihiro Tsuchida   
International journal of molecular sciences   21(5)    2020年2月   [査読有り]
Skeletal muscle is a highly plastic organ that is necessary for homeostasis and health of the human body. The size of skeletal muscle changes in response to intrinsic and extrinsic stimuli. Although protein-coding RNAs including myostatin, NF-κβ, ...
 
Taiki Kusano   Masashi Nakatani   Naoki Ishiguro   Kinji Ohno   Naoki Yamamoto   Mitsuhiro Morita   Harumoto Yamada   Akiyoshi Uezumi   Kunihiro Tsuchida   
Journal of orthopaedic research : official publication of the Orthopaedic Research Society      2020年2月   [査読有り]
Heterotopic ossification (HO) is a pathological condition in which ectopic bone forms within soft tissues such as skeletal muscle. Human platelet-derived growth factor receptor α positive (PDGFRα+) cells, which were proved to be the original cells...
 
Keisuke Hitachi   Masashi Nakatani   Kunihiro Tsuchida   
Non-coding RNA   5(2)    2019年4月   [査読有り]
Skeletal muscle is a highly plastic tissue and decreased skeletal muscle mass (muscle atrophy) results in deteriorated motor function and perturbed body homeostasis. Myogenin promoter-associated long non-coding RNA (lncRNA) Myoparr promotes skelet...
 
Ikemoto‐Uezumi M   Uezumi A   Zhang L   Zhou H   Hashimoto N   Okamura K   Matsui Y   Tsukazaki K   Hosoyama T   Nakatani M   Morita M   Yamada H   Tsuchida K   Fukada SI   
J. Cachexia, Sarcopenia and Muscle   2(1) e00081   2019年4月   [査読有り]
 
Keisuke Hitachi   Masashi Nakatani   Akihiko Takasaki   Yuya Ouchi   Akiyoshi Uezumi   Hiroshi Ageta   Hidehito Inagaki   Hiroki Kurahashi   Kunihiro Tsuchida   
EMBO reports   20(3)    2019年3月   [査読有り]
Promoter-associated long non-coding RNAs (lncRNAs) regulate the expression of adjacent genes; however, precise roles of these lncRNAs in skeletal muscle remain largely unknown. Here, we characterize a promoter-associated lncRNA, Myoparr, in myogen...

MISC

 
 
上住聡芳   上住円   深田宗一朗   中谷直史   土田邦博   
日本老年医学会雑誌   54 14   2017年5月   
 
常陸圭介   中谷直史   上住聡芳   土田邦博   
The Lipid   27 23-28   2016年   
 
土田邦博   上住聡芳   中谷直史   上田洋司   常陸圭介   
整形・災害外科   58(2) 155-161   2015年2月   
 
上住聡芳   中谷直史   常陸圭介   土田邦博   
基礎老化学会誌   34(4) 5-11   2010年11月   

講演・口頭発表等

 
 
骨格筋分泌因子の探索
中谷直史   
第33回日本肥満学会   2012年10月   
 
Follistatin改変体を用いたマイオスタチン阻害効果の応用
中谷直史   
第136回分泌セミナー   2011年12月   
 
骨格筋が他臓器へ及ぼす影響 〜筋肥大マウスを用いた解析〜
中谷直史   
第32回日本肥満学会   2011年9月   
 
筋形成とエネルギー代謝 〜マイオスタチンを標的とした肥満抑制効果〜
中谷直史   
第31回日本肥満学会   2010年   
 
マイオスタチン阻害による抗肥満作用
中谷直史   
第23回日本糖尿病・肥満動物学会   2009年10月   

所属学協会

 
 
   
 
日本肥満学会
 
   
 
日本分子生物学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
ヒト骨格筋細胞を用いた筋萎縮予防法の開発
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
中谷直史 
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月
 
骨格筋を起点とした分泌因子による組織間クロストークの解明
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
中谷直史 
研究期間: 2012年 - 2014年
 
骨格筋と骨組織の相互作用による骨密度の調節機構
公益財団法人 中冨健康科学振興財団: 研究助成金
中谷直史 
研究期間: 2011年 - 2011年
 
マイオスタチンによる筋線維安定化制御メカニズムの解明
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
中谷直史 
研究期間: 2010年 - 2011年
 
マイオスタチン抑制による強力な脂肪細胞の肥大化防止作用とメタボリック症候群の治療
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
土田邦博 上住聡芳 中谷直史 
研究期間: 2006年 - 2007年

社会貢献活動

 
 
【助言・指導,実演】
藤田保健衛生大学  2017年4月21日

その他

 
 
    
その他教育活動上特記すべき事項
なし
 
 
    
教育方法・教育実践に関する発表、講演等
なし
 
 
    
教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)
なし