メニュー/MENU

お知らせ・マニュアル全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部研究推進本部サージカルトレーニングセンター

研究者業績検索

 
研究分野絞り込み大分類  小分類 
> 医学部 

医学部

研究者リスト >> 石井 潤一
 

最終更新日時:

編集

石井 潤一

 
アバター
研究者氏名石井 潤一
 
イシイ ジュンイチ
URL
所属藤田医科大学
部署医学部 医学科 ばんたね病院 臨床検査科
職名教授
学位博士(医学)(藤田保健衛生大学)
J-Global ID200901097717801760

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 循環器内科学 / 

論文

 
 
東本祐紀   齊藤翠   野崎真由子   藤田孝   石川隆志   成瀬寛之   石井潤一   
日本臨床検査自動化学会会誌   41(5) 703-707   2016年   
インスリン測定試薬「ノルディア インスリン」(積水メディカル株式会社)が開発されたため、基礎的検討を行った。同時再現性はCV1.9〜3.6%、日差再現性はCV3.5〜4.1%であった。pool血清、インスリン標準品を用いた希釈直線性はそれぞれ104.15μU/mL、205.75μU/mLまで保たれ、最小検出感度は2.12μU/mLであった。他法との相関試験では、回帰式y=0.85x-0.17、相関係数r=0.930であり、良好な結果が得られた。本試薬は汎用自動分析装置への適応が可能であり、...
 
Midori Hasegawa   Junichi Ishii   Fumihiko Kitagawa   Hiroshi Takahashi   Kazuhiro Sugiyama   Masashi Tada   Kyoko Kanayama   Kazuo Takahashi   Hiroki Hayashi   Shigehisa Koide   Shigeru Nakai   Yukio Ozaki   Yukio Yuzawa   
BIOMED RESEARCH INTERNATIONAL   2016 8761475   2016年   [査読有り]
Background. Our aim was to assess plasma neutrophil gelatinase-associated lipocalin (NGAL) as a predictor of cardiovascular (CV) events in patients with chronic kidney disease (CKD) and no history of CV events. Methods. This was a prospective obse...
 
Matsui Shigeru   Ishii Junichi   Okuyama Ryuunosuke   Takahashi Hiroshi   Kawai Hideki   Muramatsu Takashi   Yamada Akira   Motoyama Sadako   Naruse Hiroyuki   Hayashi Mutsuharu   Izawa Hideki   Ozaki Yukio   
CIRCULATION   132    2015年11月   [査読有り]
 
Matsui Shigeru   Ishii Junichi   Takahashi Hiroshi   Okuyama Ryuunosuke   Kawai Hideki   Muramatsu Takashi   Yamada Akira   Motoyama Sadako   Naruse Hiroyuki   Hayashi Mutsuharu   Izawa Hideo   Ozaki Yukio   
CIRCULATION   132    2015年11月   [査読有り]
 
Sadako Motoyama   Hajime Ito   Masayoshi Sarai   Takeshi Kondo   Hideki Kawai   Yasuomi Nagahara   Hiroto Harigaya   Shino Kan   Hirofumi Anno   Hiroshi Takahashi   Hiroyuki Naruse   Junichi Ishii   Harvey Hecht   Leslee J Shaw   Yukio Ozaki   Jagat Narula   
Journal of the American College of Cardiology   66(4) 337-46   2015年7月   [査読有り]
BACKGROUND: Coronary computed tomography angiography (CTA)-verified positive remodeling and low attenuation plaques are considered morphological characteristics of high-risk plaque (HRP) and predict short-term risk of acute coronary syndrome (ACS)...

MISC

 
 
前田 圭介   山田 宏哉   宗綱 栄二   山崎 未来   安藤 嘉崇   水野 元貴   服部 裕次   大橋 鉱二   石川 浩章   石井 潤一   鈴木 康司   
臨床化学   47(Suppl.1) 297-297   2018年7月   
 
井澤 英夫   河野 裕治   上田 清乃   藤原 稚也   加藤 靖周   林 睦晴   石井 潤一   
臨床病理 = The official journal of Japanese Society of Laboratory Medicine : 日本臨床検査医学会誌   65(10) 1087-1091   2017年10月
 
水野 元貴   鈴木 康司   山田 宏哉   宗綱 栄二   山崎 未来   太田 駿瑠   坪井 良樹   近藤 真里   服部 裕次   石川 浩章   市野 直浩   大橋 鉱二   石川 隆志   石井 潤一   
臨床化学   46(Suppl.1) 274-274   2017年9月   
 
田中亜希   安藤嘉崇   藤田孝   石川隆志   石井潤一   
日本臨床検査自動化学会会誌   42(4)    2017年
 
村松 知佳   松浦 秀哲   加藤 友理   倉橋 美千代   村山 元秀   杉浦 縁   石川 隆志   石井 潤一   
医学検査   64(別冊) 602-602   2015年5月   

講演・口頭発表等

 
 
Ito H   Motoyama S   Sarai M   Kawai H   Nagahara Y   Harigaya H   Kan S   Naruse H   Ishii J   Ozaki Y   
78th The Japanese Circulation Sosiety   2014年   
 
Shiino K   Sugimoto K   Yamada A   Inuzuka H   Kato M   Sone M   Takada K   Sugimoto K   Takagi Y   Iwase M   Ozaki Y   
78th The Japanese Circulation Sosiety   2014年   
 
Impact of Mild   Increase in   Serum Creatinine Levels in Patients   Undergoing Emergency Coronary Intervention for Acute Coronary Syndrome (ACS   
78th The Japanese Circulation Sosiety   2014年   
 
Ito H   Motoyama S   Sarai M   Kawai H   Nagahara Y   Takada K   Okumura M   Naruse H   Ishii J   Ozaki Y   
78th The Japanese Circulation Sosiety   2014年   
 
Okuyama R   Ishii J   Suzuki A   Hashimoto T   Hattori K   Kawai H   Okumura M   Naruse H   Motoyama S   Matsui S   Watanabe E   Izawa H   Ito M   Ozaki Y   
78th The Japanese Circulation Sosiety   2014年   

所属学協会

 
 
   
 
2001年4月から 日本脈管学会評議員
 
   
 
2002年10月から 日本心血管画像診断動態学会評議員
 
   
 
2002年10月から 日本心血管内視鏡学会評議員
 
   
 
2006年4月から 日本心血管インタ-ベンション治療学会評議員
 
   
 
2009年4月から 日本臨床検査医学会評議員