メニュー/MENU

お知らせ・マニュアル全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部研究推進本部サージカルトレーニングセンター
> 医学部> 基礎> 解剖学Ⅱ 

医学部 解剖学Ⅱ

研究者リスト >> 深澤 元晶
 

最終確認日時:2017/07/12 12:00

編集

深澤 元晶

 
アバター
研究者氏名深澤 元晶
 
フカサワ モトアキ
URL
所属藤田医科大学
部署医学部 医学科 解剖学II
職名講師
学位博士(医学)(藤田保健衛生大学)
J-Global ID200901036698676640

研究キーワード

 
脂肪酸代謝 ,精子発生 ,アンドロロジー ,脂肪酸化謝 ,栄養代謝 ,細胞・組織 ,東洋医学 ,ドーパミン ,報酬効果 ,施灸の脳科学 ,糖尿病 ,分子生物学 ,パーキンソン病 ,,施灸 ,臓器特異性 ,脂肪酸β酸化系 ,ドパミン分泌 ,fatty acid metabolism ,spermatogenesis

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 精神神経科学 / 神経伝達物質
  • ライフサイエンス / 内科学一般 / 鍼灸
  • ライフサイエンス / 泌尿器科学 / 精巣
  • ライフサイエンス / 解剖学 / 精巣

経歴

 
2010年
 - 
2014年
藤田保健衛生大学 医学部 助教 
 
 
   
 
藤田保健衛生大学 医学部 医学科 解剖学II  助教 
 

学歴

 
 
 - 
2010年
藤田医科大学  
 
 
 - 
2009年
藤田保健衛生大学  細胞生物学
 
 
 - 
2002年
信州大学  
 

委員歴

 
2017年4月
   
 
日本臨床分子形態学会  評議員
 

論文

 
 
Shohei Harada   Kazuki Takano   Motoaki Fukasawa   Seiji Shirakawa   Masayuki Yamada   
Magnetic resonance imaging   94 89-97   2022年9月
PURPOSE: As we are exposed to stress on a daily basis, it is important to detect and treat stress during the subclinical period. However, methods to quantify and confirm stress are currently unavailable, and the detection of subclinical stressors ...
 
Kohei Johkura   Nobuteru Usuda   Yoshihiro Tanaka   Motoaki Fukasawa   Kazuyoshi Murata   Toru Noda   Nobuhiko Ohno   
Microscopy (Oxford, England)   71(5) 262-270   2022年5月
The Golgi apparatus, which plays a role in various biosynthetic pathways, is usually identified in electron microscopy by the morphological criteria of lamellae. A 3-dimensional analyses with SBF-SEM, a volume-SEM proficient in obtaining large vol...
 
Masao Maeda   Nobuteru Usuda   Masahiro Kokubo   Sumito Shirane   Motoaki Fukasawa   Kuniaki Nagayama   
Microscopy Today   28(4) 54-59   2020年7月
<title>Abstract:</title><fig position="anchor"><graphic xmlns:xlink="http://www.w3.org/1999/xlink" mime-subtype="png" mimetype="image" position="float" xlink:href="S155192952000108X_figAb.png" /></fig>
 
Kentaro Wada   Koji Osuka   Yasuo Watanabe   Nobuteru Usuda   Motoaki Fukasawa   Yoshio Araki   Sho Okamoto   Toshihiko Wakabayashi   
Nitric oxide : biology and chemistry   81 67-74   2018年12月   [査読有り]
INTRODUCTION: We previously demonstrated that cyclic AMP-dependent protein kinase (PKA) phosphorylates neuronal nitric oxide synthase (nNOS) at Ser1412 in the hippocampal dentate gyrus after forebrain ischemia; this phosphorylation event activates...
 
Wada K   Osuka K   Watanabe Y   Usuda N   Fukasawa M   Araki Y   Okamoto S   Wakabayashi T   
S1089-8603(17) 30163-30165   2017年   [査読有り]

MISC

 
 
深澤元晶   吉村文   長尾静子   高橋和男   
日本解剖学会総会・全国学術集会講演プログラム・抄録集   125th    2020年
 
深澤元晶   長尾静子   臼田信光   
日本解剖学会総会・全国学術集会講演プログラム・抄録集   123rd 184   2018年   
 
臼田 信光   大野 伸彦   森山 陽介   深澤 元晶   村田 和義   野田 亨   
日本組織細胞化学会総会・学術集会講演プログラム・予稿集   58回 58-58   2017年9月   
 
深澤元晶   長尾静子   森山陽介   臼田信光   
日本解剖学会総会・全国学術集会講演プログラム・抄録集   122nd 124   2017年   
 
深澤元晶   須崎大地   中井さち子   臼田信光   
第1回東洋医学研究についての解剖学者の集い      2016年3月   

講演・口頭発表等

 
 
深澤元晶   臼田信光   永津郁子   中原大一郎   厚沢季美江   森山陽介   
第119回日本解剖学会全国学術集会   2014年3月27日   
 
深澤元晶   
島根大学臨床遺伝セミナー   2014年3月6日   
 
森山陽介   臼田信光   厚沢季美江   宮崎直幸   村田和義   深澤元晶   
第 73 回日本解剖学会中部支部学術集会   2013年10月5日   
 
深澤元晶   臼田信光   森山陽介   永津郁子   中原大一郎   厚沢季美江   
第 73 回日本解剖学会中部支部学術集会   2013年10月5日   
 
深澤元晶   永津郁子   中原大一郎   臼田信光   
第54回日本組織細胞化学会総会・学術集会   2013年9月27日   

担当経験のある科目(授業)

 
2018年4月
 - 
現在
Human Biology (藤田医科大学)
 
   
 
読書ゼミナール (藤田保健衛生大学医学部)
 
   
 
組織学 (藤田保健衛生大学医学部)

所属学協会

 
 
   
 
日本組織細胞化学会
 
   
 
北米神経科学会
 
   
 
全日本鍼灸学会
 
   
 
The Histochemical Society
 
   
 
日本分子生物学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
糖尿病性腎症に付随する認知障害におけるトリプトファン代謝の役割の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
深澤 元晶 長尾 静子 山田 雅之 高橋 和男 
研究期間: 2020年4月 - 2023年3月
 
膠原繊維を考慮した皮下組織の3次元力学構造の解明と高感度柔軟触覚センサへの応用
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 挑戦的研究(萌芽)
田中 由浩 臼田 信光 大竹 義人 深澤 元晶 福本 学 
研究期間: 2017年6月 - 2019年3月
 
脂肪酸β酸化系の臓器特異性に関する基盤構築
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
臼田 信光 深澤 元晶 森山 陽介 厚沢 季美江 橋本 隆 山口 清次 深尾 敏幸 田中 雅嗣 下村 敦司 
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月
 
施灸の脳内神経伝達物質分泌作用の網羅的解析
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
深澤 元晶 
研究期間: 2014年 - 2015年
 
施灸によるパーキンソン病治療法の探索的研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究
厚沢 季美江 臼田 信光 深澤 元晶 森山 陽介 
研究期間: 2013年4月 - 2014年3月

教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)

 
 

作成した教科書、教材、参考書

 
 

その他教育活動上特記すべき事項