メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター
> 医療科学部> 放射線学科 

医療科学部 放射線学科

研究者リスト >> 南 一幸
 

最終確認日時:2020/09/04 19:15

編集

南 一幸

 
アバター
研究者氏名南 一幸
 
ミナミ カズユキ
所属藤田医科大学
部署医療科学部 放射線学科 診断機器工学領域
職名准教授
学位博士(医学)
J-Global ID200901036417982267

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 放射線科学 / 

論文

 
 
Yuta Matsunaga   Yuya Kondo   Kenichi Kobayashi   Masanao Kobayashi   Kazuyuki Minami   Shoichi Suzuki   Koichi Chida   Yasuki Asada   
Radiation Protection Dosimetry   188(2) 261-2692020年6月   [査読有り]
<title>Abstract</title>
The aim of this study was to investigate differences in volume computed tomography dose index (CTDIvol) and dose-length product (DLP) values according to facility size in Japan. A questionnaire survey was sent to 3000 faci...
 
Minami Kazuyuki   Ishida Toshiyuki   Asada Yasuki   Shirakawa Seiji   Kobayashi Masanao   Suzuki Shoichi   Konishi Tomimasa   Mimura Hidenori   
X-RAY SPECTROMETRY   2019年7月   [査読有り]
 
Masanao Kobayashi   Yasuki Asada   Tomonobu Haba   Yuta Matsunaga   Kosuke Matsubara   Kazuyuki Minami   
Radiation Protection Dosimetry   2019年3月   [査読有り]
 
Matsunaga Y   Chida K   Kondo Y   Kobayashi K   Kobayashi M   Minami K   Suzuki S   Asada Y   
The British journal of radiology   92(1094) 201802902019年2月   [査読有り]
 
Masanao Kobayashi   Yasuki Asada   Kosuke Matsubara   Kazuyuki Minami   Shoichi Suzuki   Yuta Matsunaga   Tomonobu Haba   Ai Kawaguchi   Tomihiko Daioku   Hiroshi Toyama   Ryoichi Kato   
Radiation Protection Dosimetry   1-82017年5月   [査読有り]

MISC

 
 
白川誠士   南 一幸   横山須美   浅田恭生   鈴木昇一   片田和広   
医学と生物学   156(6) 398-4032012年6月   [査読有り]
 
Kazutaka Ejiri   Kazuyuki Minami   Hiroshi Toyama   Gen Kudo   Hidekazu Hattori   Naomi Kobayashi   Masaki Kato   Masanobu Ishiguro   Hirofumi Fujii   Makoto Kuroda   Toshiaki Utsumi   Katsumi Iwase   Kazuhiro Katada   
Open Medical Imaging Journal   6 89-962012年   [査読有り]
Purpose: The incident at the Fukushima Daiichi nuclear power station in 2011 has again raised concerns with the public regarding radiation exposure, especially so in medical workers and patients undergoing treatment involving the use of radiation....
 
白川誠士   南 一幸   横山須美   浅田恭生   鈴木昇一   片田和広   
医学と生物学   155(5) 293-2982011年5月   [査読有り]
 
Kato T   Aoki K   Yokoyama S   Minami K   Yashima H   Taguchi T   Nakamura T   Hirayama H   
KEK Proceedings   75-812010年9月   
 
Syoichi SUZUKI   Kazuyuki MINAMI   Yasuki ASADA   
Medicine and Biology   153(8) 286-2912009年8月   [査読有り]

書籍等出版物

 
 
松村, 明, 阿武, 泉, 磯辺, 智範(担当:分担執筆, 範囲:資料③ 検査と被ばく)
メジカルビュー社      2019年4月   (ISBN:9784758319300)
 
西澤, 邦秀(担当:分担執筆, 範囲:第6章 限度)
名古屋大学出版会      2019年2月   (ISBN:9784815809348)
 
福士, 政広(担当:分担執筆, 範囲:2章 放射線計測の理論)
メジカルビュー社      2018年10月   (ISBN:9784758319188)
 
河村誠治, 三田明弘, 寺平良治, 山本智朗(担当:分担執筆)
近代出版      2016年10月      
 
西澤邦秀(担当:分担執筆)
名古屋大学出版会      2015年4月      

講演・口頭発表等

 
 
ガラズバッジを用いた18F-FDG製剤からの被ばく線量評価
青木克憲   横山須美   南 一幸   湊 貴理   中村 司   
日本核医学会第72回中部地方会   2011年2月   
 
Sr-89投与患者体表面近接での被ばく線量
横山須美   寺西大輔   湊 貴理   南 一幸   太田誠一朗   外山 宏   菊川 薫   片田和広   宇野正樹   加藤正基   石黒雅伸   
日本核医学会第72回中部地方会   2011年2月   
 
Calculation of Direction Dose Equivalent due to the Positron Emitters Using the Monte Carlo Code EGS5
Kato T   Yokoyama S   Ejiri K   Minami K   Yashima H   Taguchi A   Nakamuira T   Hirayama H   
The Third Asian and Oceanic Congress on Radiation Protection Tokyo   2010年5月   
 
18F-FDG注射ルートからのポジトロン漏洩の有無について モンテカルロ法(EGS5)による検討(第2報)
加藤豊大   江尻和隆   南 一幸   横山須美   中村元俊   中村 司   中根正人   外山 宏   塚本広恵   片田和広   
日本核医学会第68回中部地方会   2009年2月   
 
18F-FDG注射ルートからのポジトロン漏洩の有無について 実測による検討(第1報)
加藤豊大   江尻和隆   南 一幸   横山須美   中村元俊   中村 司   中根正人   外山 宏   塚本広恵   片田和広   
日本核医学会第68回中部地方会   2009年2月   

教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)

 
 

作成した教科書、教材、参考書