メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター
教員検索総合医科学研究所>難病治療学
 

総合医科学研究所 難病治療学

研究者リスト >> 永岡 唯宏
 

最終確認日時:2020/09/18 11:31

編集

永岡 唯宏

 
アバター
研究者氏名永岡 唯宏
 
ナガオカ タダヒロ
URLhttps://www.linkedin.com/in/tadahiro-nagaoka-6b129532/
所属藤田医科大学
部署総合医科学研究所
職名助教
学位博士(工学)(岡山大学)
科研費研究者番号70634864
ORCID ID0000-0002-9391-0243
J-Global ID200901003678735202

プロフィール

脊椎動物の発生過程で神経管形成に重要な役割を果たす平面内細胞極性因子の生化学的な解析により、神経管形成機構と神経管形成異常で起こる難病「二分脊椎症」の病態解明を目指しています。中でも、蛋白質間相互作用や蛋白質修飾、特にユビキチン化に興味を持っています。

研究キーワード

 
Ubiquitin ,神経管閉鎖 ,カドヘリン ,平面内細胞極性

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 分子生物学 / 
  • ライフサイエンス / 解剖学 / 
  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / バイオ機能応用、バイオプロセス工学 / 
  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / バイオ機能応用、バイオプロセス工学 / 

経歴

 
2017年5月
 - 
現在
藤田医科大学   
 
2015年5月
 - 
2017年4月
生理学研究所 細胞構造研究部門 特別協力研究員 
 
2012年3月
 - 
2015年4月
新潟大学 大学院医歯学総合研究科 分子ニューロイメージング 研究員 
 
2007年4月
 - 
2012年2月
米国立衛生研究所 国立癌研究所 腫瘍増殖因子部門 Visiting Fellow 
 

学歴

 
2004年4月
 - 
2007年3月
岡山大学 大学院自然科学研究科 生体機能科学専攻
 
2002年4月
 - 
2004年3月
岡山大学 大学院自然科学研究科 物質生命工学専攻
 
1998年4月
 - 
2002年3月
岡山大学 工学部 生物機能工学科
 
1995年4月
 - 
1998年3月
群馬県立太田高等学校  
 

論文

 
 
Shun Uemura   Tadahiro Nagaoka   Minesuke Yokoyama   Michihiro Igarashi   Masashi Kishi   
NEUROSCIENCE RESEARCH   80 91-94   2014年3月   [査読有り]
Because genetic manipulation occasionally disrupts the expression of the neighboring genes, the chromosomal locus where the transgene has been integrated should be identified in the use of transgenic organisms. By using a new blend of thermostable...
 
Tadahiro Nagaoka   Riuko Ohashi   Ayumu Inutsuka   Seiko Sakai   Nobuyoshi Fujisawa   Minesuke Yokoyama   Yina H. Huang   Michihiro Igarashi   Masashi Kishi   
CELL REPORTS   6(5) 916-927   2014年3月   [査読有り]
Although regulators of the Wnt/planar cell polarity (PCP) pathway are widely expressed in vertebrate nervous systems, their roles at synapses are unknown. Here, we show that Vangl2 is a postsynaptic factor crucial for synaptogenesis and that it co...
 
Nagaoka T   Karasawa H   Turbyville T   Rangel MC   Castro NP   Gonzales M   Baker A   Seno M   Lockett S   Greer YE   Rubin JS   Salomon DS   Bianco C   
Cellular signalling   25(1) 178-189   2013年1月   [査読有り]
Cripto-1 is implicated in multiple cellular events, including cell proliferation, motility and angiogenesis, through the activation of an intricate network of signaling pathways. A crosstalk between Cripto-1 and the canonical Wnt/β-catenin signali...
 
Maria C. Rangel   Hideaki Karasawa   Nadia P. Castro   Tadahiro Nagaoka   David S. Salomon   Caterina Bianco   
AMERICAN JOURNAL OF PATHOLOGY   180(6) 2188-2200   2012年6月   [査読有り]
Epithelial-to-mesenchymal transition (EMT) is a critical multistep process that converts epithelial cells to more motile and invasive mesenchymal cells, contributing to body patterning and morphogenesis during embryonic development. In addition, b...
 
Tadahiro Nagaoka   Hideaki Karasawa   Nadia Pereira Castro   Maria Cristina Rangel   David S. Salomon   Caterina Bianco   
GROWTH FACTORS   30(1) 13-21   2012年2月   [査読有り]
Over the past few decades, our understanding of the embryonic gene Cripto-1 has considerably advanced through biochemical, cell biology, and animal studies. Cripto-1 performs key functions during embryonic development, while it dramatically disapp...

MISC

 
 
永岡唯宏   上村駿   田渕克彦   犬束歩   酒井清子   藤澤信義   横山峯介   重本隆一   五十嵐道弘   岸将史   
日本解剖学会総会・全国学術集会講演プログラム・抄録集   118th 85   2013年   
 
T. Nagaoka   H. Tada   H. Yamada   M. Seno   
MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL   17    2006年   
 
Y Tuo   K Hirayama   T Nagaoka   H Tada   H Yamada   M Seno   
MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL   15 324A-325A   2004年11月   

講演・口頭発表等

 
 
Cdh2とVangl2の遺伝学的相互作用は神経管閉鎖を制御する
永岡 唯宏   勝野 達也   岸 将史   土田 邦博   
第42回 日本分子生物学会年会   2019年12月6日   
 
Function of interaction between Vangl2 and N-cadherin in synapse and neural tube
Tadahiro Nagaoka   Mikio Furuse   Kunihiro Tsuchida   Masashi Kishi   
Cold Spring Harbor Asia Conference-Latest Advances in Development & Function of Neuronal Circuits   2018年9月26日   
 
平面内細胞極性因子とNカドヘリンの相互作用が組織形成に果たす役割の解析
永岡 唯宏   岸 将史   
第49回日本臨床分子形態学会総会・学術集会   2017年9月15日   
 
Role of planar cell polarity protein Vangl2 in synapse formation.
NAGAOKA Tadahiro   KISHI Masashi   
2015 Cell Biology ASCB Annual Meeting   2015年12月   
 
細胞極性とシナプスの形成機構 - その共通する分子メカニズム
永岡唯宏   上村駿   田渕克彦   犬束歩   酒井清子   藤沢信義   横山峯介   重本隆一   五十嵐道弘   岸将史   
第118回日本解剖学会総会・全国学術集会   2013年3月29日   

担当経験のある科目(授業)

 
2018年4月
 - 
現在
卒業研究 (藤田医科大学 医療科学部)
2020年5月
   
 
生命科学特論I (藤田医科大学 大学院医学研究科修士課程)
2004年4月
 - 
2005年10月
生物学 (岡山労災看護専門学校)

所属学協会

 
 
   
 
The American Society for Cell Biology
 
   
 
日本分子生物学会
 
   
 
日本生物工学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
平面内細胞極性因子のユビキチン化が神経管閉鎖に及ぼす影響の解析
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
永岡 唯宏 
研究期間: 2020年4月 - 2023年3月
 
N-カドヘリン/Vangl2相互作用の神経管閉鎖に於ける役割の解析
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究(B)
永岡 唯宏 
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月
 
シナプス形成に於けるN-カドヘリン内在化機構の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究(B)
永岡 唯宏 
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月
 
N-cadherin/Vangl2複合体によるシナプス制御機構の解析
武田科学振興財団: 医学系研究奨励
永岡 唯宏 
研究期間: 2014年11月 - 2017年3月
 
癌進展に於けるカドヘリンスイッチングを標的とした創薬基盤の開拓
持田記念医学薬学振興財団: 研究助成金
永岡 唯宏 
研究期間: 2015年10月 - 2016年12月

社会貢献活動

 
 
【運営参加・支援】
藤田医科大学 総合医科学研究所  2019年4月20日
 
【運営参加・支援】
藤田保健衛生大学 総合医科学研究所  2018年4月21日

教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)

 
 
 
 

その他教育活動上特記すべき事項