グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 学部・大学院  > 大学院  > 保健学研究科 保健学専攻<修士課程>

保健学研究科 保健学専攻<修士課程>

保健学研究科は、臨床検査学系、看護学系、医用放射線科学系、リハビリテーション学系、臨床工学系、医療経営情報学系の各学問領域の有機的な融合から成り立っています。建学の理念である「獨創一理」を踏まえ、保健学に関する学術の理論および応用を習得かつ研究することによって、その深奥を究め、国民の健康増進と文化の発展に寄与することを目的としています。幅広い課題探求能力、専門的実践力、豊かな人間性を併せ持った各領域のスペシャリストとして、国内外で期待される高度専門職業人や研究者、教育者を育成します。


看護学領域に「臓器移植コーディネート分野」を新設

臓器移植に関わる「レシピエント移植コーディネーター」「ドナー移植コーディネーター」
の養成を行います。

医療経営情報学領域に「医療通訳分野」を新設

医学・医療・言語・国際文化の知識を総合的に兼ね備えた
「医療通訳高度医療専門職」の養成を行います。

大学院保健学研究科 入学案内はこちらから


教育目標・3ポリシー

教育研究上の目的

 保健学研究科 保健学専攻(修士課程)は、本学の建学の理念である「獨創一理」を踏まえ、保健学に関する学術の理論及び応用を教授研究することによって、その深奥をきわめ、国民の健康増進と文化の発展に寄与するとともに、保健学の各領域における高度専門職業人、組織リーダー及び研究者・教育者を育成することを目的とする。

教育目標

 保健学研究科 保健学専攻(修士課程)は臨床検査学領域、看護学領域、医用放射線科学領域、リハビリテーション学領域、臨床工学領域及び医療経営情報学領域の幅広い分野で活躍できる医療関連の人材を養成することを目標とする。
 専門職の細分化が進む実地医療の現状に鑑み、本専攻の6領域は保健学分野の中心として、将来の専門職において相互理解と連携が必須であり、共通科目を設けて医療や保健のあり方を学び、保健学の1専攻のなかで視野の広い教育を行う。人間の生命を尊重する倫理観と心豊かな幅広い人間性を培い、医療・医学の知識・技術の修得をもとに、医療従事者として統合した医療を提供できる、次の1)~3)の資質をもったスペシャリストの養成をめざす。
1)各人のめざす専門職種に最も関連の深い医療・医学分野の現状と今後の展望を把握できる課題探求能力の
  高い人材。
2)実践科学としての「医療」と密接に関連した分野の学習を通して、医療の本質について具体的に理解でき
  る実体験豊富で応用能力の高い人材。
3)研究者・教育者として、あるいは高度の専門職業人として医療・医学関連領域における学術研究の進展に
  対応できる論理的思考と豊かな基礎学力を持ち、自ら成長できる人材。

アドミッション・ポリシー(入学者受入れ方針)

保健学研究科 保健学専攻(修士課程)において次のような人材を求めます。
1)臨床検査学、看護学、医用放射線科学、リハビリテーション学、臨床工学、医療経営情報学等を基盤とし
  て、さらに保健学諸分野に深い関心と情熱を持って自ら学び問題を探求する者。
2)自分の研究テーマを深く理解し、新たな発見や真理に向かって努力を怠らない者。
3)医療現場において、保健学の各領域における高度専門職業人や組織リーダーとしてチーム医療の担い手とな
  る「良き医療人」をめざす者。教育者や研究者として、保健学各領域の発展のための社会貢献をめざす者。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

 保健学研究科 保健学専攻(修士課程)は、これら専門医療領域のうち、臨床検査学、看護学、医用放射線科学、リハビリテーション学、臨床工学および医療経営情報学の6領域から構成されています。各領域の1年次には、主に特論講義や論文講読(演習)などを通して、各専門領域における最新の知識や理論、技術等を学ばせながら、内包する問題点や課題を提示し、課題探求能力や解決能力および学術研究の進展に対応できる論理的思考能力を養うことに主眼を置きます。これらの学修を礎として、2年次は主に特別研究に取り組ませ、自ら試行錯誤、切磋琢磨しながら修士論文研究または課題研究としてまとめていく能力を養わせます。一方、医師と共に現代のチーム医療を担う専門医療スタッフ間の相互理解と連携の必然性を鑑み、積極的に他領域の専門知識を理解するため、選択受講が可能な共通科目を設けています。さらに、全領域の院生が領域横断的に視野を広げて最新のトピックスを学ぶため、各領域で活躍中の専門家を学外から招いて講演会を開催しており、これを「保健学セミナー」として必修単位としています。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

 保健学研究科 保健学専攻(修士課程)に2年以上在籍し、各領域で定められた教育プログラム(特論、演習及び特別研究を併せて30単位以上、急性期・周術期分野では55単位以上)を履修、修得することが必要です。さらに、担当教員の指導の元で修士論文(または課題研究論文)を提出し、論文発表会を開催し、3人の審査委員による論文審査及び最終試験に合格した者には、修士(保健学、看護学領域では看護学)の学位が授与されます。
 本大学院保健学研究科は、学問分野としては自然科学から社会科学にまたがる幅広い領域から構成されています。各領域において研究に対する手法と評価に対する判断の相違もあり得ますが、研究課題に対して自らどのような考察と努力がなされたか(課題探求能力)、課題や研究手法に新規性(独創性)があるか、先行研究を深く理解し研究方法が適切かつ科学的であるか(専門的実践力)、論旨の展開に一貫性があるか(論理的思考能力)、などの点を学位審査の基準として重視します。

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。
パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。


社会人大学院生を積極的に受け入れています

長期履修学生制度について

職業を有している等の諸事情により、大学院の教育課程を標準修業年限(2年)で履修することが困難な場合、標準修業年限を超えて3年または4年で修学することを認める制度です。学費は、標準修業年限分の授業料を長期履修期間で除した額が年額となります。
社会人でも働きながら大学院へ通うことができ、保健学の各領域における高度な知識や技術、研究能力、臨床能力を修得できます。

昼夜開講制について

社会に開かれた大学院教育の実現と社会人に対する再教育への要望から、本研究科では医療科学の各領域における高度な知識や技術・研究能力・臨床能力を修得する機会を与えることを目的として、昼夜開講制を採用しています。
夜間や特定の時間または時期に授業・研究指導の時間を設け、現に地域医療に携わっている社会人が大学院の授業・研究指導を受けやすくするための制度です。
社会人による入学者を対象に、従来までの第1~5限の他に、第6限(18:00~19:30)、第7限(19:40~21:10)に授業をおこなうとともに、必要により土曜日、夏季休業期間の集中授業を設定することで便宜を図っています。

領域・分野

専攻領域専攻分野
臨床検査学領域臨床検査学領域は、臨床検査学科で学んだカリキュラムの内容をより専門的に発展させた7つの研究分野で構成されています。近年の臨床検査教育の主流は4年制大学ですが、大学病院を中心とした医療機関では大学院修士課程修了者の人材希望が着実に増えつつあります。自分で考え、行動できるリサーチマインドを持った臨床検査技師が求められているからです。臨床検査学領域では、進歩が著しい医療技術の発展に積極的に貢献する人材を育成します。
形態・細胞機能解析学分野/臨床生理・画像情報解析学分野/基礎病態・病態制御解析学分野/臨床病態解析学分野/予防医療情報解析学分野/疾患モデル科学分野/遺伝カウンセリング分野
看護学領域看護学領域には、「特定行為にかかる看護師の研修制度」に応じたカリキュラムを体系的に修得できる急性期・周術期分野をはじめ、看護の対象に対する高度な看護実践能力の修得と研究をおこなう分野(成人・老年看護学分野、精神保健看護学分野、小児看護学分野、母性看護学分野、地域看護学分野)、看護職の能力育成と管理に関する研究をおこなう分野(看護教育学分野、看護管理学分野)があります。
看護教育学分野/成人・老年看護学分野/急性期・周術期分野/地域看護学分野/看護管理学分野/精神保健看護学分野/小児看護学分野/母性看護学分野/看護教育学分野/臓器移植コーディネート分野
医用放射線科学領域医用放射線科学領域には、①さまざまな生体機能の計測やその画像検出法を探求する生体計測工学分野、②画像診断や代謝機能画像解析を探求する医用画像情報学分野、③放射線の防護と安全管理を探求する放射線安全管理学分野、④医用放射線の物理特性を探求する医学物理学分野の4分野が開設されています。本課程では、研究方法論やリサーチマインドの基礎を修得し、疾患の画像診断から治療に至るまで幅広く利用される放射線技術科学の進歩発展に寄与する高度な研究を遂行して、修士号の取得をめざします。
生体計測工学分野/医用画像情報学分野/放射線安全管理学分野/医学物理学分野
リハビリテーション学領域リハビリテーション学領域は、臨床中心の教育理念を追求しています。そのために選ばれた以下の5つの分野から構成され、理学や作業、摂食・嚥下のほかに、基礎医学(機能形態学)と教育の分野を含むのが本学の特色の一つです。
テーマとして常に臨床に役立つ研究を追求することを大きな特色とし、分野間や臨床現場との垣根をなくし、一体となって修了後の臨床や研究につながる研究指導をおこなっています。
運動システム科学分野/摂食・嚥下治療学分野/作業療法科学分野/リハビリテーション機能形態学分野/リハビリテーション教育科学分野
臨床工学領域臨床工学領域は、臨床工学の学部教育を基盤に、より高度な専門知識と最先端技術を身に付けた高度専門職業人の養成や、先進的な医療における診断や治療のための機器・技術の開発できる人材を育成します。この領域では、3つの分野(生体物質構造機能学分野、医用工学分野、人工臓器治療支援学分野)からなり、医療系や工学系分野の卒業者を対象に、現代医療の高度化と多様化に対応し、学際的な領域にも対応可能な幅広い人間性と総合的な視野を持つ医療人、研究者、教育者として羽ばたくことが出来ます。
生体物質構造機能学分野/医用工学分野/人工臓器治療支援学分野
医療経営情報学領域医療を取り巻く環境はIT技術の進化と高齢化社会の到来により大きく変化し、医療マネジメントの重要性がますます高まっています。本領域は、この社会要請に応えるべく医療分野の経済・経営・情報システムの高度な専門知識をもった人材を育成します。研究テーマとしては、医療費分析、人的資源管理、インターフェース設計、治療のためのデータ共有化などがあります。医療マネジメント能力や情報分析能力を高めたい意欲ある方を待っています。
医療マネジメント学分野/医療情報学分野/医療通訳分野

大学院生からのメッセージをご紹介します。