グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ >  研究体制

研究体制



学内外組織との連携によるビッグデータ解析

Plan

学外組織と連携し、ビックデータ解析・生体試料収集によるデータベース化により、目的に応じたバイオソースを抽出・解析できるシステムの整備を行います。


画像・代謝ネットワーク オミックス解析システムの構築

Do

学長のリーダーシップの下、各グループが遺伝子・分子から脳高次機能までを多階層での解析を行うことで、画像・代謝ネットワークオミックス解析システムの構築を目指します。


自己点検・評価

Check

内部評価体制として研究マネジメント委員会による自己点検・評価を行う。
外部評価体制として知見を有する複数名の学外者又は研究成果の波及先となる複数の企業から厳正な評価を受けます。


New治療法(New診断薬+New治療薬)New機能性食品の開発

Action

解析システムにより得られたターゲット分子を中心に、産学・国際連携による、精神神経疾患の診断薬・創薬・フィトケミカルの開発を行います。