メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター
> 医療科学部> 放射線学科 

医療科学部 放射線学科

研究者リスト >> 杉原 一廣
 

最終確認日時:

編集

杉原 一廣

 
アバター
研究者氏名杉原 一廣
 
スギハラ カズヒロ
通称等の別名https://bantane.fujita-hu.ac.jp/department/obstericians.html
URLhttp://www.fujita-hu.ac.jp/~cfcire/affiliated-office/index.html
所属藤田医科大学
部署研究支援推進センター 創薬・診断薬研究拠点 準備室
職名室長・教授
学位医学博士(慶應義塾大学)
その他の所属大学院 生殖補助医療分野, ばんたね病院 産婦人科, 慶應義塾大学 医学部 産婦人科学教室
J-Global ID200901012107446377

プロフィール

日本産科婦人科学会 産婦人科専門医
日本産科婦人科学会 産婦人科指導医
日本生殖医学会認定 生殖医療専門医
日本婦人科腫瘍学会 婦人科腫瘍専門医
日本婦人科腫瘍学会 婦人科腫瘍指導医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本がん治療認定医機構 暫定教育医
難病指定医(専門医)

研究キーワード

 
ノックアウトマウス ,Rho Family ,細胞生物学 ,診断薬 ,中分子医薬 ,ペプチド創薬 ,トランスレーショナルリサーチ ,子宮内膜症 ,不妊症 ,分子標的治療 ,生殖生理 ,Endocrinology ,Reproductive Biology ,Oncology

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 産婦人科学 / 生殖生理、着床・発生機構、胎盤、創薬・診断薬開発、子宮内膜症、悪性腫瘍、婦人科腫瘍

経歴

 
2020年4月
 - 
現在
藤田医科大学 大学院 生殖補助医療分野 分野教授 
 
2019年3月
 - 
現在
藤田医科大学 ばんたね病院 産婦人科 教授 
 
2018年10月
 - 
現在
藤田医科大学 大学院 保健学研究科 教授 
 
2008年4月
 - 
現在
慶應義塾大学 医学部産婦人科学教室 客員准教授(併任)〜現在 
 
2018年7月
 - 
2018年9月
藤田学園 藤田保健衛生大学 大学院  教授 
 

学歴

 
1995年
 - 
1999年
慶應義塾大学大学院 医学研究科 外科系産婦人科学
 
 
 - 
1992年
信州大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
2012年5月
   
 
日本婦人科腫瘍学会  評議員
 
2011年
   
 
日本胎盤学会  評議員
 
2011年
   
 
日本生殖医学会  評議員
 
2009年
   
 
日本産科婦人科学会関東連合地方部会  代議員
 
2009年
   
 
日本産科婦人科学会  代議員
 

受賞

 
2013年
バイオビジネスアワード
 
2009年
神澤医学賞
 
2008年
上原記念生命科学財団研究助成金授与
 
2008年
高松宮妃癌研究基金助成金授与
 
2004年
松医会賞
 

論文

 
 
Sugihara K.   et al.   
Nature Communications   5(448) 1-92014年7月   [査読有り]
 
Shingo Hatakeyama   Kazuhiro Sugihara   Toshiaki K Shibata   Jun Nakayama   Tomoya O Akama   Naoaki Tamura   Shuk-Man Wong   Andrey A Bobkov   Yutaka Takano   Chikara Ohyama   Minoru Fukuda   Michiko N Fukuda   
Proc. Natl. Acad. Sci. USA (PNAS)   108(49) 19587-922011年12月   [査読有り]
Although numerous carbohydrates play significant roles in mammalian cells, carbohydrate-based drug discovery has not been explored due to the technical difficulty of chemically synthesizing complex carbohydrate structures. Previously, we identifie...
 
Shingo Hatakeyama   Kazuhiro Sugihara   Jun Nakayama   Tomoya O Akama   Shuk-Man Annie Wong   Hiroto Kawashima   Jianing Zhang   David F Smith   Chikara Ohyama   Minoru Fukuda   Michiko N Fukuda   
Proc. Natl. Acad. Sci. USA (PNAS)   106(9) 3095-1002009年3月   [査読有り]
Cell surfaces of epithelial cancer are covered by complex carbohydrates, whose structures function in malignancy and metastasis. However, the mechanism underlying carbohydrate-dependent cancer metastasis has not been defined. Previously, we identi...
 
Kazuhiro Sugihara   Daijiro Sugiyama   James Byrne   Don P Wolf   Kevin P Lowitz   Yoichi Kobayashi   Maryam Kabir-Salmani   Daita Nadano   Daisuke Aoki   Shiro Nozawa   Jun Nakayama   Tomas Mustelin   Erkki Ruoslahti   Naoto Yamaguchi   Michiko N Fukuda   
Proc. Natl. Acad. Sci. USA (PNAS)   104(10) 3799-8042007年3月   [査読有り]
During human embryo implantation, trophectoderm mediates adhesion of the blastocyst to the uterine epithelium. The rapid growth of the embryo and invasion of the maternal tissue suggest adhesion-induced activation of the embryonal cells. We show h...
 
Tomoya O Akama   Hiroaki Nakagawa   Kazuhiro Sugihara   Sonoko Narisawa   Chikara Ohyama   Shin-Ichiro Nishimura   Deborah A O'Brien   Kelley W Moremen   Jose Luis Millan   Michiko N Fukuda   
Science   295(5552) 124-72002年1月   [査読有り]
Spermatogenesis is a precisely regulated process in which the germ cells closely interact with Sertoli cells. The molecular basis of this cell-cell adhesion is unknown. Here, we demonstrate that targeted disruption of Man2a2, a gene encoding alpha...

MISC

 
 
Naomi Furuta   Yaguchi Chizuko   Itoh Hiroaki   Sugihara Kazuhiro   Kanayama Naohiro   
PLACENTA   36(10) A12-A122015年10月   
 
Megumi Ueda   Chizuko Yaguchi   Naomi Huruta   Kazuhiro Sugihara   Hiroaki Itoh   Naohiro Kanayama   
PLACENTA   36(10) A7-A82015年10月   
 
 
Toshiaki Shibata   Kazuhiro Sugihara   Tomoya Akama   Chu-Wei Kuo   Kay-Hooi Khoo   Naohiro Kanayama   Michiko N. Fukuda   
REPRODUCTIVE SCIENCES   22 128A-128A2015年3月   
 
Misa Suzuki-Anekoji   Jiunn-Chern Yeh   Masatomo Kawakubo   Motohiro Nonaka   Toshiaki K. Shibata   Kazuhiro Sugihara   Jun Nakayama   Minoru Fukuda   Michiko N. Fukuda   
GLYCOBIOLOGY   24(11) 1104-11052014年11月   

書籍等出版物

 
 
 
 
 
上原記念生命科学財団研究報告集      2010年      
 
産婦人科治療(永井書店)      2010年      

講演・口頭発表等

 
 
トロフィニンに着目した子宮内膜の機能調節とトランスレーショナルリサーチ
杉原 一廣   
第62回日本産科婦人科学会学術講演会:シンポジウム   
 
糖鎖をmimicするペプチドIF7を用いた新規DDS型悪性腫瘍治療薬
杉原 一廣   
第69回日本癌学会学術総会:シンポジウム   
 
血管親和性ペプチドIF7の開発とビジネスモデル:ペプチド医薬の技術突破は本物か?
杉原 一廣   
バイオファイナンスギルド第11期第8回セミナー:招請講演   
 
腫瘍血管表面特異マーカーアネキシン1を標的するIF7を用いた抗腫瘍薬
杉原 一廣   
バイオビジネスアワードJAPAN:受賞講演   
 
ペプチド創薬:子宮内膜症
杉原 一廣   
第5回 Japan Endometriosis Forum:特別講演   

所属学協会

 
 
   
 
日本胎盤学会
 
   
 
日本臨床腫瘍学会
 
   
 
日本周産期・新生児医学会
 
   
 
日本産婦人科医会
 
   
 
日本婦人科腫瘍学会

Works(作品等)

 
 
中日新聞   
2015年   その他
「子宮内膜症治療薬」が我が国主導の創薬支援(AMED)に採択
 
腹膜子宮内膜症の治療法となる可能性のあるアポトーシス誘導性ペプチドの開発   
2014年   その他
http://www.natureasia.com/ja-jp/ncomms/abstracts/55462
 
日経バイオテク   読売新聞   中日新聞   静岡新聞   共同通信   
2011年11月   その他
「がんで増生する新生血管を標的とするペプチド配列を見出しました」
 
中日新聞   
2009年   その他
「癌転移の分子機構」
中日新聞1面トップ記事

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2019年4月 - 2023年3月
 
婦人科癌の血清診断法の開発研究
挑戦的萌芽研究: 
杉原一廣 
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月
 
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月
 
 
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月